こんにちは。モモノマイです。


私はtwitterで家電相談を受け付けているのですが、よく相談されるのが『コードレス掃除機について』です。

コードレス掃除機は、手軽にパパッと掃除ができるので、ほしいと思っている方が多いようですね。


以前はコードレス掃除機って充電時間がめちゃくちゃ長いのに、すぐに電池が切れて使い勝手が悪かったり、吸引力もあまりなくて、そこまで売れていませんでした。

でも、ダイソンが吸引力の強いコードレス掃除機を出してから、他の会社も吸引力が強いものを出し始めて、とても売れるようになりました。


コードレス掃除機は、年々バッテリーが良くなってきて、充電時間が短く稼働時間が長くなりましたし、吸引力が高いものもずいぶん増えました。

コンセントに繋いで使うタイプの物に比べると、どうしても吸引力は弱くなってしまいますし、稼働時間にも制限があるため、家族で住む家をコードレス1台で済ませるのは難しいですが、

  • 子供がこぼしたお菓子などをさっときれいにしたい時
  • 仕事から帰ってきて少しだけ掃除機をかけたい時
  • 階段など、コンセントがあっては不便な所を掃除したい時

などは、軽くてさっと掃除できるコードレス掃除機があると便利ですね。


最近はキャニスター式の掃除機(本体にホースがついている、よくある掃除機)でもコードレスのものが出てきていますが、まだ数は少ないです。

今回はスティック型のコードレス掃除機に絞っておすすめのものを紹介します。



おすすめのコードレス掃除機はコレ!

おすすめとは言っても、人によって求めるものが違うので、一概に「これが良いよ!」とは言えません。

あなたが使いたいのはどんなものかよく考えてみて下さい。

大まかに言うと、

と言う感じです。これから細かく説明します。

サイクロン式か、紙パック式か

掃除機には大きく分けて

  • サイクロン式
  • 紙パック式

の2つがあります。


違いを簡単に言えば、

  • サイクロン式は、紙パックがいらないもの
  • 紙パック式は、紙パックの中にごみを吸い込むもの

です。

紙パック式のメリット・デメリット

  • 紙パックの中にゴミが入るので、捨てるのが簡単
  • ダストボックスやフィルターのお手入れをしなくても良い
  • 紙パック分のコストがかかる
  • 紙パックがいっぱいになると吸い込む力が弱くなる

サイクロン式のメリット・デメリット

  • 紙パックがいらないので、コストがかからない
  • 吸い込む力が変わりづらい
  • 1回掃除機を使うごとにごみを捨てる必要がある
  • ごみを捨てるときに集めたごみが舞い散る
  • フィルターやダストボックスのこまめなお手入れが必要



私は多少コストがかかったとしても、紙パック式をお勧めします

紙パック式をおすすめする理由

サイクロン式は、元は海外の家の中でも靴を履くような環境向けに作られたものです。


家の中に持ち込まれた草のくず、泥、小石などの比較的大きなものを吸い込むことを目的として作られました。

大きなゴミであれば、掃除機をかけるたびにダストボックスをひっくり返しても、そこまでごみが舞い散ることはありません。


ですが、日本のお家で出るのは、埃やチリなどのとても小さなゴミです。

それが入ったダストボックスをひっくり返したら、ごみが周りに舞い散りますし、服にもつきます。


家族にハウスダストアレルギーの人がいるならおすすめできません。


また、ダストボックスに直接ごみを吸い込むため、小さなゴミはフィルターの目詰まりの原因にもなります。

そのため、サイクロン式はこまめにブラシなどでフィルターの掃除をする必要があるのです。


サイクロン式は紙パックのコストはかかりませんが、その分お手入れの手間がかかりますし、舞い散ったほこりなどは体調不良の原因にもなります。

紙パック式でしたら、紙パックがフィルターの役割をするので、吸い込む力が弱くなってきたなーと思ったら、紙パックのふたをしてポイ、で終了です。ごみも舞い上がりません。

紙パックは1枚数十円ですので、紙パック式のほうが衛生的で便利です。

紙パック式のおすすめコードレス掃除機

コードレス掃除機は、サイクロン式のものが多く、紙パック式のものは少ないです。

ですが、少ない中でもいいものはちゃんとありますよ(*´∀`*)

シンプルでどこでも使いやすいマキタCL182FDRFW

吸い込み仕事率 強:37w
標準:10w
紙パックの容量 330ml
連続使用時間 強:約20分
標準:約40分
充電時間 約22分
大きさ(mm)
(長さx幅x高さ)
1,004×115×151
重さ 1.5㎏
紙パック価格 ¥648(10枚)

ドリルなどの工具でおなじみのマキタの掃除機です。

私がこの掃除機をおすすめする理由は4つあります。

  • 業務用としてもよく使われていて、壊れにくいから
  • 充電時間が約20分ととても短いのに、他の掃除機と変わらない時間使えるから
  • ノズルやスティック部分を丸洗いできるから
  • 軽くてどこでも使いやすいから

マキタの掃除機は、元は建築の現場や清掃業者が使うように作られたものです。


そのため、とてもシンプルな作りになっていて、壊れにくく、手入れも簡単にできるんですよ!

電気が通っている本体部分はを洗うのは無理ですが、ノズルやスティック部分はすべて丸洗いできます。


本体が軽すぎるので、バッテリーが重いと感じる方もいるようですが、他の掃除機と比べれば随分軽い1.5㎏です。

これだけ軽いと、子供でも使いやすいし、車の中などの掃除も楽にできます。


何より充電時間が短いのが良いですよ!他のは5時間とかかかりますが、マキタのは20分ちょいです。

「あー!!充電忘れてた!」と思っても、充電中に何か少し他の家事をすれば充電が完了します。5時間かかると諦めるしかないですからね…


ちなみに、バッテリーは他の電動工具と共通なので、もしお家にマキタの電動工具があるなら、バッテリーと充電器は買わなくても済みます。

別売りですが、ノズルなどもたくさんあるので、掃除したい場所によって追加で購入してください。

少し吸引力が下がっても良いからもう少し安いのが良いな、と言う方はCL142FDRFWがおすすめです。

床の掃除を中心に考えているならパナソニック MC-PBU510J

吸い込み仕事率 非公開
紙パックの容量 500ml
連続使用時間 強:約10分
自動:約15~約30分
充電時間 約3時間
大きさ(mm)
(幅×奥行×高さ)
スティック:252×153×1160
ハンディ:91×150×680
重さ スティック:2.3kg
ハンディ:1.7kg
紙パック価格 ¥860(10枚)

この掃除機はパナソニックのiT(イット)と言うシリーズで、床をいかにきれいにするかを考えて作られています。

そのため、床を中心にきれいにしたい!と言う方にお勧めです。

  • ハウスダストセンサーで見えないごみまでわかる
  • 手首をひねるだけで隙間まできれいにできる
  • 壁際もごみを残さず掃除できる

と言うように、とにかく床をきれいにすることにこだわった掃除機です。


注目するのは手首をひねるだけで隙間まできれいにできることですね。ノズルを付け替えなくても良いのでとても便利です。

ですので、隙間まできれいになるスティック掃除機がほしい!と言う方はこれが良いと思います。


紙パックも大きく広がるので、頻繁に交換しなくてもよく、そこまでコストもかかりません。

ただし、マキタの掃除機に比べると重いので、どこでもこれ1台でやる、と言うよりは、床の掃除用として使うのが良いと思いますよ。

パナソニック MC-BU500J-Tの詳細を見に行く

サイクロン式のおすすめコードレス掃除機

おすすめは紙パック式ですが、

女性

今サイクロンを使っていて気に入っているから、新しいのもサイクロンが良い!

女性

紙パックはもったいないからサイクロンが良い!

と言う方もいらっしゃると思いますので、おすすめのサイクロン式のコードレス掃除機も紹介しておきますね。

吸引力がダントツのダイソンV8シリーズ


ダイソンV8シリーズ

吸い込み仕事率 非公開
ダストボックスの容量 540ml
連続使用時間 強:約7分
通常(モーター稼働ヘッド):約25~約30分
通常:40分
充電時間 約5時間
大きさ(mm)
(幅×奥行×高さ)
250x 1183x 224
重さ 2.52kg

サイクロン掃除機と言えばダイソン!と言うくらい有名な掃除機ですね。

コードレス掃除機の火付け役もダイソンでした。


ダイソンV8シリーズは、ダイソンのコードレス掃除機の中でも吸引力が強く、音が静かになったシリーズです。

ただ、元の音がものすごく大きかったのと、キュイーンという甲高い音がするので、静かになったとはいっても気になる方はいるかもしれません。


その分吸引力があって、大きなごみから小さなごみまで吸ってくれるので、とてもきれいに掃除できます。

出典:https://www.dyson.co.jp/dyson-vacuums/cordless/dyson-v8/features-jpn.aspx

吸引力があるサイクロン式掃除機で心配なのがフィルターの目詰まりですが、ダイソンは特別な気流でフィルターが目詰まりしないように作られているので、その点も心配ありません。

ごみを捨てるのも、レバーを引くだけなので簡単です(ただし細かいごみは舞い上がるのでマスクをしてごみを捨ててください)。


ただし、ダイソンには一つ大きな欠点があります。それはフィルター以外は水洗いしてはいけないということ。

ダストボックスなど、だんだんと汚れますから洗いたくなるのですが、洗ってしまうと保証の対象外となりますので、洗うなら自己責任でお願いします


汚れが気になるなら、乾いた布や使い捨てのお掃除ペーパーで拭くくらいにしてくださいね。

ダイソンV8シリーズの違い

ダイソンV8シリーズには色々と種類があります。fluffyとかabsoluteとか。

本体はすべて同じなので、性能に変わりはありません。何が違うかというと、ヘッドの種類と付属品です。


本格的にじゅうたんのお掃除までできるヘッドがついているかどうかと、付属品がどれだけの種類ついているかでV8の後に続く名前が違います。

私のおすすめは

  • ペットを飼っている方、絨毯が多い家で使う方、お家の中を一通りコードレス掃除機1台で掃除したいならダイソンV8 Absolute+
  • フローリングが多い家の方、とりあえず簡単な掃除をコードレス掃除機で済ませたい方はダイソンV8 Fluffy

です。


ダイソンV8 Absolute+は

ダイソンV8 Fluffyは、ダイソンV8の中で一番シンプルなモデルで、付属品も最低限です。

吸引力の高いコードレス掃除機で、パパッと掃除したいという方にはピッタリですよ!

ごみが舞い上がりにくいサイクロン掃除機は東芝VC-CL1400

吸い込み仕事率 非公開
ダストボックスの容量 200ml
連続使用時間 強:約8分
標準:約20~約25分
おまかせ:約8~20分
充電時間 約5時間
大きさ(mm)
(幅×奥行×高さ)
266×1030×224
重さ 1.9㎏

東芝のサイクロン掃除機『トルネオ』のコードレス版です。


VC-CL1400の良い所は、ごみを約1/2に圧縮することで、ごみを捨てるときに細かいチリやほこりが舞い上がりにくくなっている所ですね。

サイクロン式で厄介なのが、ごみを捨てるときに細かいごみが舞い上がって体調不良などにつながることなのですが、それがクリアされています。


また、サイクロン式で厄介なフィルターの目詰まりもしません。なぜかというと、サイクロン部分のフィルターがないからです。

サイクロン式のデメリットがクリアされている掃除機なので、使いやすいかと思います。


VC-CL1400には掃出し機能も付いています。

『エアブローノズル』という付属品を付けることで、溝や玄関先にたまった落ち葉や、サッシの溝にたまった砂やほこりなどを空気で掃きだせます。

出典:https://www.toshiba-lifestyle.co.jp/living/cleaners/vc-cl/index_j.htm

掃出し機能のあるコードレス掃除機は他にないので、落ち葉の掃除が大変!というご家庭にもおすすめです(*´∀`*)


「掃出し機能もいらないし、床掃除だけだから付属品は最低限で良い」という方にはVC-CL400という機種もおすすめです。

本体の性能は変わらず、付属品が少なくなった機種になっています。

バッテリーの寿命と交換方法をチェック!

コードレス掃除機は、バッテリーに充電→使用、というサイクルを繰り返すため、バッテリーの寿命や交換方法をチェックしておく必要があります。

スマホと一緒で、本体は丈夫でも、充電を繰り返すうちにバッテリーがどんどんへたっていくからです。


バッテリーの寿命はコードレス掃除機ごとに違いますし、寿命が来たら、バッテリーを交換する必要があります。

その時、どれくらいお金がかかって、自分で取り換えられるか、それともお店で交換してもらう必要があるのかをチェックし、それも含めて掃除機を選んでください。


バッテリー寿命や交換方法について表にまとめてみました。スマホからご覧の方は画面を横向きにすると見やすいですよ。

マキタ パナソニック ダイソン 東芝
寿命 2~3年 充電2,000回 充電1,200回 充電3,100回
バッテリー価格 約12,000円 13,000円 9,180円+送料648円 15,000円
交換方法 自分で交換 自分で交換 自分で交換 お店に持ち込み

マキタのバッテリーについては、寿命に関する充電回数などの情報は見つからなかったのですが、口コミを見ると、大体2~3年が寿命のようです。

マキタのバッテリーは販売店により価格は違いますが、大体10,000円くらいでした。

ダイソン、パナソニックについてはメーカーの直販店でバッテリーを買ってください。価格は上の表のとおりです。


東芝のトルネオはバッテリー寿命がとても長い(充電3100回)ですが、バッテリー交換は自分でできません。

掃除機を買ったお店に持ち込むか、近くの東芝ストアーもしくは東芝サービスステーションに持ち込んで交換してもらう必要があります。


個人的には自分で交換できたほうが便利だと思います。やりたいときに自分でできますし、交換方法もそこまで難しくないので。

お店に持ち込むと、バッテリー代+技術料金がかかりますからね(東芝はバッテリー代込みで15,000円です)

ランニングコストは少しでも安い方がありがたいです(*´∀`*)

充電方法と収納方法をチェック!

掃除機に限らず、物を買う時に考える必要があるのが『収納』についてです。

今出ているコードレス掃除機の多くは、スタンド兼充電器が使われているものが多いです。


この記事で紹介している4つの掃除機の充電方法は

  • マキタ:バッテリーだけ取り外して充電器で充電する
  • パナソニック:壁掛け、もしくは壁に立てかける
  • ダイソン:壁掛け
  • 東芝:壁掛け

という感じです。


マキタ以外の3つはバッテリーは本体にくっつけたまま、壁掛けの充電器に掃除機をぶら下げて充電する形です。

マキタのバッテリーは、そのほかの工具と共用ということもあり、バッテリーを掃除機から取って、充電器にセットして充電します。


4つとも本体だけで立たせておくことはできません。(パナソニックiTは壁に立てかけるのは可能)

持ち家の方なら壁に穴をあけて、壁掛けの充電器をセットし、そこに掃除機をぶら下げるとことができるのですが、賃貸の場合は壁に穴があけられないので、壁に充電器をセットできません。

そのため、コードレス掃除機用のスタンドが必要です。


マキタ、ダイソン、パナソニック『イット』は、専用のスタンドが出ているので、それを使うのがおすすめです。

東芝の『トルネオ』の専用スタンドは今のところないので、好きなものを使ってください。

ふるさと納税の返礼品で手に入れるのもおすすめ

コードレス掃除機は、ふるさと納税の返礼品としてもらうこともできます。

ふるさと納税とは

自分が住んでいない自治体に寄附をすることで、実質2,000円で返礼品(食べ物や家電など)がもらえる制度です。

例えば、5万円の寄附をしたら、選んだ返礼品がもらえる+翌年の税金が48,000円少なくなります。(実質2000円の負担)

翌年の税金の控除額は、収入や扶養家族によって変わってきますが、最大で年収の1%程度だと考えておいてください。

マキタとダイソンのコードレスクリーナーは返礼品として扱っている自治体がありますので、そこに寄附をしてお得にゲットするのもおすすめです(*´∀`*)

マキタ CL180FDRFW(岐阜県七宗町)

寄附金額:80,000円(還元率33%)
※このモデルは紙パック式ではありません。


ダイソンV8 Abusolute(佐賀県みやき町)

寄附金額:400,000円(還元率26%)

掃除機自体が高額なので、どうしても寄附金額も高くなってしまうのですが、所得に応じて利用するとお得です!

寄附の仕方も全然難しくなくて、普段ネットで買い物をするのとほとんど同じ手順で出来るので安心してください(^∀^)

おすすめのコードレス掃除機まとめ

長々と説明しましたが、掃除したい場所やこだわるポイントによって、どの掃除機が良いかは変わってきます。

と言う感じです。

私はお手入れの手間がかからないことや日本の家庭は細かいごみが多いということを考えて、紙パック式をおすすめします。


ですが、人気のダイソンを使ってみたい!と言う方にはダイソン、紙パックはもったいない!と言う方には、サイクロンの中でもお手入れが簡単でごみが飛び散りにくい、東芝トルネオのコードレスをおすすめします。

使うのはあなた自身です。どういうものがほしいのか、どんな所に使いたいのかをよーく考えて、納得できるものを選んでくださいね!


では、今回はこの辺で(*´∀`*)ノ