こんにちは。モモノマイ(@momonomai )です。


私は最近『聞く読書』と言われている、オーディオブックにはまっています。

私と同じように働くお母さんなら分かるかと思うんですが、毎日子育てして、仕事もして、家事もして…ってやっていると本を読む時間ってなかなか取れないんですよ。


私は元々、学生時代は毎日本を読んでいたような読書好きなんですが、最近は本を読む時間もめっきり減ってしまいました。

電車で通勤すれば、その間だけでも読めそうですが、あいにく車通勤で( ;^ω^)

モモノマイ

何とかもう少し本を読む時間がほしいなー

と思っていた時にオーディオブックを知ったのですが、これが予想以上に便利だし、楽しいしではまってしまいました!!

子供向けの本もあるので、親子で楽しめますよー!

オーディオブックでおすすめなのはaudiobook.jp

  • 人気の作品や有名作品がたくさんそろっている
  • 人気声優やプロのナレーターが読んでいるので聞きやすい
  • アプリで操作できるので便利。アプリも多機能で使いやすい

audiobook.jpの詳細を見に行く

ママにおすすめのオーディオブック

おすすめのオーディオブックのサービス

オーディオブックのサービスは色々ありますが、私がおすすめするオーディオブックはaudiobook.jp(オーディオブックドットッジェーピー)というサービスです。

なぜaudiobook.jpをおすすめするかと言うと

  • 話題の本や名作がたくさんある
  • プロのナレーターや人気声優が読んでいるので聞きやすい
  • アプリで使えるので便利。アプリも使いやすい

という理由です!

あのベストセラーを今すぐ「聴く」ならaudiobook.jp

話題の本や名作がたくさんある

他のオーディオブックのサービスだと、版権が切れたものが多かったり、マイナーな作品が多かったりしますが、audiobook.jpには話題の本や有名な本がたくさんあります!

書影

[オーディオブック版]
影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

著者:ロバート・B・チャルディーニ/著、 社会行動研究会/訳
再生時間:14時間38分

オーディオブック配信サービス「audiobook.jp」

などなど。どれも知っている本ですよね?


こんな感じで毎週、話題の本や名作などがどんどん追加されています!

私も何冊か買いました!好きなのはコレ!!

『君の膵臓をたべたい』です!

「2016年本屋大賞」第2位で、2017年には実写映画化され、2018年にはアニメ映画化される作品です。


気になっていたものの、読めていなかったので買いましたが、なかなか面白かったですよー!

私は10年ほど前に流行ったセカチューは何がいいのかさっぱりわからなかった口ですが、これは楽しめました。ライトノベルズっぽい作品です!

プロのナレーター・人気声優が読んでいるので聞きやすい

これを書いている途中に思い出したんですが、私は5年前に一度オーディオブックを買ったことがあります。

その時は、失礼ですが読んでいる人があまり上手ではなくて聞きづらく、最後まで聞き終わる前にやめてしまいました。


audiobook.jpはプロのナレーターや人気声優の方が読んでいるオーディオブックが多いので、とても聞きやすく、聞いていて楽しめます!

どんな声優さんがいるかと言うと

  • 佐久間レイさん(それいけ!アンパンマン バタコさん役)
  • 堀江由衣さん(魔法つかいプリキュア! リコ役)
  • 玄田哲章さん(クレヨンしんちゃん アクション仮面役)

などなど、とても有名な方がたくさんいらっしゃいます!


一人の人がずっと読んでいるわけではなく、小説だと役ごとに声優さんが振り分けられているので、テレビアニメを聞き流している感覚に近いです。

ところどころ、場面に合ったBGMが流れているので、ラジオのように聞けますよ!

アプリで操作できる。アプリも使いやすい

audiobook.jpには専用のアプリがあり、これで操作します。

かゆいところに手が届くような機能が揃っているので、使いやすいんです!

audiobook.jp

audiobook.jp

OTOBANK Inc.posted withアプリーチ

アプリを起動して、audiobook.jpの会員IDとパスワードを入力すれば、購入済みのオーディオブックが表示されます。Kindleみたいですね!

オーディオブックも初めから最後までぶっ通しで入っているわけではなく、30分くらいずつで区切られ、小分けにされています

速さ調節が可能

当然なのですが、ナレーターさんや声優さんが読むのを聞くわけですから、普通に本を読むよりも、1冊を聞き終わるまでの時間がかかります。

しかも、読むスピードはややゆっくり目です。

女性

ゆっくりだと眠くなる!もっとサッと聞きたい!

と言う方は、スピードを速くして聞くことも可能です。


↓のところをすすめたり戻したりすることで、速さの調節ができます。最大5倍速まで調節が可能です。

私は1.5倍速くらいで聞くことが多いです。結構サクサク進みますよ!


設定で『低速再生を可能にする』にチェックを入れると、遅くすることもできます。一番遅くて0.5倍速になります。

しおり機能がある

自己啓発本などだと、気に入ったフレーズは繰り返し聞きたくなりますよね。

オーディオブックは紙ではないので、付せんを貼ったり線を引いたりはできないのですが、アプリでしおりを付けることができます。

好きなフレーズが流れる所で一時停止し、右上のしおりボタンを押します。

コメント付きで残しておけるので、繰り返し聞きたいところがすぐにわかります!

タイマーで時間を決めて聞くことも可能!

夜寝るときに聞きたい場合などには、タイマーを使うと便利ですよ。設定した時間にお話が止まります。

右上のタイマーボタンで時間を設定することができます。

こんな感じで時間を選べるので、好きな時間を設定して使ってください。

ママにおすすめのオーディオブックはコレ!

子供向けの絵本もいくつかありますが、私が特におすすめするオーディオブックはこれです!

おやすみロジャー。子供の寝かしつけがとっても楽になります!


まず、声優さんが

  • 水樹奈々さん(ハートキャッチプリキュア 花咲つぼみ役)
  • 中村悠一さん(おそ松さん 松野カラ松役)

のお二人!とっても心地よい声で読んでくれます。


読み方もゆっくりですし、眠くなるようなBGM、あくびの音などが入っていて、一緒にいる大人まで眠くなってきます( ;^ω^)

下の子の寝かしつけに使っていますが、うちの子の場合、大体10分あれば確実に寝てくれます。


子供もとても気に入っていて、寝る時間になると

男の子

ロジャー聞いて寝る!!

と言いに来るくらいです。


0才や1才の子にはあまり効果がないかもしれませんが、絵本の読み聞かせなどに興味を持ち始める3歳くらいからのお子さんであれば、一度試してみるのもいいかもしれません。

サンプルの再生もできますので、良ければ少し聞いてみて下さい。

おやすみ、ロジャーのサンプルを聞いてみる

オーディオブックのメリット

ながら読書ができる

オーディオブック最大のメリットは、何かをしながら読書ができるということです。

普通に本を読もうと思ったら、本と向き合わないといけないので、何かをしながら本を読むというのはとても難しいです。


ですが、オーディオブックなら、ラジオのように聞いているだけなので

  • 家事をしながら
  • 支度をしながら
  • 車の運転をしながら

など、何かをしながら本を楽しむことができます!


仕事に家事に子育てにとやっていると、手が空くすきま時間を見つけるのはなかなか難しいですが、耳のすきま時間はたくさんありますので、意外とたくさん本が読めてしまいますよ!

複数の人で楽しめる

本は基本的に一人でしか読むことができませんが、オーディオブックなら流しておけば一度にたくさんの人数で楽しむことができます。

家族や友達と一つの本を一緒に楽しむことができますし、子供同士の本の取り合いもなくなりますので、ママとしてはとても快適かもしれません( ;^ω^)

目が疲れない

字を読むということは、目を使うということです。

いくら面白い本でも、細かい字で書かれていると目に負担がかかり、目が疲れてしまって「本当はもう少し読みたいけど今日はここまでにしておこう…」なんてこともあります。


オーディオブックは目を使いませんので、目を閉じていても本が楽しめます。

特に最近はパソコンやスマホで目に負担がかかっていますから、目に負担をかけずに楽しめるのは想像以上にメリットがあると思いますよ。

オーディオブックのデメリット

字が分からない

当然ですが、聞くだけなのでどんな字なのかが分かりません。

自己啓発本ならあまり問題ないかもしれませんが、小説の場合、主人公の名前の漢字やその本独自の言葉の漢字がわからず、気になったら調べる必要があります。


『君の膵臓をたべたい』では、登場人物のさくらが付けている『キョウビョウブンコ』というものが出てきます。

ブンコ→文庫だろうな、というのは予想がつきましたが、キョウビョウはどんな字を書くのかが分からず、スマホで検索することになりました。(共病文庫と書きます。)


文字での表現(当て字を使ったり、わざとカタカナやひらがなを使ったり)も分かりませんので、そういうものを楽しみたいなら、オーディオブックは不向きだと思います。

数値がたくさん出てくる本も、聞くより字で見たほうが分かりやすいと思いました。

自由にページを行き来できない

紙の本であれば、パッと見て大体の内容を理解することができるので、自分に関係のない所を飛ばして、好きな所から続きを読むということができます。

また「これ、そういえばさっき出てきたけどどういう意味だっけ?」と思った時も、簡単にその部分を探し出すことができます。

オーディオブックは早送りや巻き戻しはできますが、音声だけではどこまでが自分に関係ない所かを判断できませんし、気になったところにピンポイントで戻るのは難しいです。

自分の好きな所だけを拾い読みしたい本には向いていないでしょう。

オーディオブックのまとめ

オーディオブックは、毎日家事に仕事に育児にと忙しいママでも本を楽しめる、とても便利なものです。

オーディオブックのサービスはいろいろありますが、audiobook.jp(オーディオブックドットジェーピー)が特におすすめです!

  • 人気の作品や有名作品がたくさんそろっている
  • 人気声優やプロのナレーターが読んでいるので聞きやすい
  • アプリで操作できるので便利。アプリも多機能で使いやすい

という理由で、audiobook.jpをおすすめします!


オーディオブックのメリットは

  • ながら読書ができること
  • 複数の人で楽しめること
  • 目が疲れないこと



オーディオブックのデメリットは

  • どんな字が使われているか分からないこと
  • 自由にページを行き来できないこと



私がママにお勧めするオーディオブックは『おやすみ、ロジャー』です!



興味があれば、一度試してみてくださいね!

あのベストセラーの本がたくさん聞ける!オーディオブックのaudiobook.jp

では、今回はこの辺で(*´∀`*)ノ