こんにちは。モモノマイです。


自分の家のぐちゃぐちゃさに嫌気がさしてミニマリストを目指した私ですが、真っ先にやめたものがあります。

それはジョイントマットです。

ハイハイする子供を床の硬さから守るためにジョイントマットを使っていましたが、結局やめて現在はクッション性の高いカーペットを使っています。

  • なぜジョイントマットを使ったのか
  • 実際に使ってみてどうだったのか
  • なぜジョイントマットをやめたのか
  • 現在のカーペットはどんな基準で選んだのか

今回はこれらを紹介します。

POINT
  • ジョイントマットは安くて部分的に交換できるので3歳までのお子さんがいる家庭におすすめ
  • ジョイントマットは掃除が面倒
  • 毛足が短くて丸洗いできるカーペットなら子供がいても使いやすい

私がジョイントマットの代わりに選んだカーペット↓↓↓

我が家がジョイントマットを使っていた理由

我が家は賃貸で、今住んでいる所の床はコンクリートにフローリング風のシートを貼ったような感じで、とにかくとっても硬いし冷たいんですよ。

引っ越した当時は、下の子がまだハイハイするかしないかくらいだったので、こんな硬い床では危ないな、と思ってリビングだけジョイントマットを敷きました。


ジョイントマットかタイルカーペットかで迷ったんですけど、ジョイントマットにした理由としては

  • タイルカーペットは端から端まで敷き詰める必要があること
  • タイルカーペットは接着用の糊が必要らしい(賃貸なので糊はできるだけ使いたくない)
  • カーペットは食べこぼしやダニが気になる

この3つです。

大体4年くらいジョイントマットで生活していました

ジョイントマットのメリット

安い

ジョイントマットはウレタンで出来ているので、とっても安いです。

我が家は1枚の大きさが60×60の大きめのジョイントマットを選んだので、小さなジョイントマットよりも値は張りましたが、それでも約3畳分の広さで約5,000円

こんなに安くできるんだ!とびっくりしました。

柔らかい

ウレタン素材で出来ているので、柔らかく、脚にも優しいです。

ハイハイするかしないかのわが子も、安心して上に寝かせられました。


ハイハイに失敗してつぶれたとき、硬い床だったら運が悪ければ口の中や顔にけがをしてしまうかもしれないけれど、ウレタンマットなら泣いて終わりです。

歩いていてもゴンゴン足音がしないのも安心できました。

床が温かい

先ほども説明したのですが、我が家の床はコンクリートにフローリング風のマットが貼ってあるような床なので、冬はとにかく冷たいし、寒いです!
素足で歩いたらあっという間に足が冷たくなってしまいます(´;ω;`)


ウレタンマットは冷たくならないので、冬に素足でいたとしても床が温かくて快適でした♪座っていても体が冷えません。

夏は断熱効果もあるみたいですが、個人的には床が熱いと思ったことはなかったので、それはあまりわかりませんでした。

床に傷がつかない、日焼けしない

これを実感したのは、ウレタンマットをやめようと思って一気に全部はがしてしまったときです。

ウレタンマットを敷いてあった部分と、敷いていなかった部分では床の色が違うんですよ!!


ウレタンマットを敷いていなかった部分は、何となく色も薄くてツヤがない。
敷いたあった部分は、色が濃くてワックスをかけたばかりみたいにツヤツヤ!!

マット1枚でこんなに変わるのか~と、感心しました。


お子さんがが小さくて、床にイタズラするお宅はジョイントマットはなかなか良い仕事をしてくれると思います。

食べ物、飲み物をこぼしても簡単に処理できる

子どもがいると、お菓子の食べかすを大量にこぼしたり、ジュースが入ったコップをひっくり返す、なんてこともよくありました。

ジョイントマットなら、食べかすくらいなら掃除機をかければきれいになります。


ジュースをこぼしても、こぼした周辺のマットをはがし、床をふくだけ。ジュースで汚れてしまったマットは、お風呂で丸洗いして干せばまた使えます。

ウレタン素材なので、すぐに乾いてとても便利でした。

取り換えが簡単

何度か、下の子がボールペンでマットに落書きしたり、穴をあけたりしましたが、その時にも簡単に対応できました。

少し余分にマットを買ってあったので、落書きされてしまった部分のマットを取り外して、新しいマットを付け替えるだけで終わりです。


捨てるときも、私が住んでいる所では可燃ごみで捨てられたのでとても便利でした。
ただし、50センチ以上の大きさのものは粗大ごみになってしまうため、カッターでカットする必要がありましたが、少し太めのカッターで簡単に切れましたのでそんなに手間もかかりません^^

ジョイントマットのデメリット

掃除がめんどくさい

私がジョイントマットをやめた一番の理由はこれですね。

まぁ本当に掃除が面倒で面倒で仕方ない

掃除の面倒さはいろいろあります。

ジョイントの連結部分にゴミがたまる

マットとマットを組み合わせるギザギザ部分、完全には密閉できません。使っているうちにも開いてきたりしますしね…

そこにゴミがたまるんですよ。

食べこぼし、埃、どこからかはいってきたかわからない砂…


白い粉みたいのもたまるので、何かと思って調べてみたら(ジョイントマットをやめる直前の出来事)、まさかのダニの死骸だと判明…!!ぎゃーーーー∑(゚Д゚; )

まめに掃除しているのに、掃除機をかけるだけでは取り切れず、雑巾でも結構強めにこすらないときれいにならない…

かなり労力がかかります。


隙間を養生テープで貼ってみたりもしましたが、掃除のたびにはがして、また貼って…の作業がとても面倒だったのでリタイヤしました。

マットの裏にもごみがくっつく

ウレタン素材で、裏が滑りにくい加工がしてあるので、マットの裏にもごみがつきます

静電気なのか、ウレタンの素材の問題なのかわかりませんが、これも掃除機だけでは取り切れません。水洗いでごしごしこすらないときれいになりません。

干すのにもスペースが必要

我が家は大きめのマットを16枚ほど使っていたので、干すのにもスペースが必要です。

おまけに軽いので、風の強い日は飛んでいく可能性もあり、どこで干そうか悩みました。


短時間で乾くので順番に干すことになりますが、乾いたものと濡れているものを何度も入れ替える必要があり、結構手間がかかりました。

これをほぼ毎週末(雨の日はマットが干せないのでできない)やっていて、掃除だけでかなり疲れてしまうので、だんだんと掃除もやったりやらなかったりになってしまいました。

クッション性がなくなっていく

ウレタンマットなので仕方ないのかもしれませんが、使っているうちにだんだんとつぶれていき、クッション性がなくなっていきます。

これに気づいたのは、下の子がマットにいたずらして、その部分だけ取り換えたときです。


今まで使っていたマットと、新しく取り替えたマットの厚みが違うんですよ( ;゚∀゚)

何これ!?って思って歩いてみると、新しく取り替えたところは柔らかく、今まで使っていたところは何となく硬い…


机を置いておくと、脚の部分だけへこんで戻らなかったりしますので、重さには弱いみたいです。

1年ごとに全部取り替えたほうがいいのかもな~と思いました。

ジョイントマットはいつまで必要?

我が家は子供が二人ともそこそこ成長しましたのでさくっとやめましたが、まだヨチヨチ歩きのお子さんがいるお宅では、さくっとやめるのは難しいと思います。


個人的には

  • 子供がよろめかずにしっかり歩けるようになるまで
  • 床にいたずら書きなどをしなくなるまで

この2つを満たすようになるまでは必要かと思います。


ジョイントマットの良い所は、柔らかくて、部分的に交換出来て、安いところです。

子供は2歳にもなればしっかり歩けるようになるかとは思いますが、2歳くらいだとまだいたずら盛りですよね。


ラグマットなどにクレヨンで落書きされたら、後始末がめちゃくちゃ大変です( ;´Д`)

ジョイントマットであれば、落書きされた部分だけを交換すればいいだけでなので、簡単に対応できます。

こういったことを考えると、子供が3歳になるまではジョイントマットにしておくといいかもしれません。


お子さんがあまりいたずらしない子であれば、もっと早くやめてしまっても良いですね。

ジョイントマットの代わりに導入したもの


ジョイントマットを捨てたのはいいのですが、そうなると元の堅い床が出てきます。

床の上にそのまま座るのは痛いので、椅子を使うか代わりに何かを敷かなければいけません。


ソファーは場所を取りますし、下に埃がたまるし、場所の取り合いできょうだい喧嘩が増えるので却下。

代わりにラグマットを導入することにしました。


ラグマットも何でもいいわけではなく、きちんと条件を設定して探しました。

  • オールシーズン使えること
  • 毛足が短いこと
  • 丸洗いできること
  • クッション性があること
  • 防ダニ加工がされている事(気休め程度ですが…)

この5つです。


我が家は私も子供二人もハウスダストアレルギーなので、毛足が長いもの、丸洗いができないものは絶対にNGです。

シーズンごとに取り換える必要があるものも、保管の場所を取りますし、取り換えるのが面倒なので却下。

床が硬いのでクッション性がないとラグを敷く意味がありません。


と言うわけで、色々とみて私が選んだのはコレ
☟☟☟


これのベージュを購入しました。

全ての条件を満たしているうえに、値段もお手ごろなので、失敗して1年未満しか使わなかったとしても、もったいなくないかなと思いまして。


レビューには『独特のにおいがする』と書かれていますが、私は特に気になりませんでした。

柔らかいし、座り心地がいいですし、いい感じです♪


低反発なので普通のラグマットに比べて分厚いです。

この分厚さが仇となり、家で丸洗いできると思いましたが、我が家の7㎏の洗濯機には入らず、コインランドリーで洗濯しました。

しかも乾くのに、冬の晴れた日で丸2日かかりました。


本当は陰干しの表示がありましたが、それを守っていてはいつまでたっても乾かないと判断したので、普通に布団を干すみたいに日光に当てて乾かしました。

働くママからすると、週末2日ともに雨が降らない日しかお洗濯ができません(Pд`q)


ですが、毛足が短いので掃除機もらくらくかかりますし、ふかふかなので使い心地が良く、それ以上のメリットだと思っています。

家に訪ねてきた母が気に入って、母も購入しました!

ジョイントマットのまとめ

POINT

ジョイントマットは安くて部分的に交換できるので3歳までのお子さんがいる家庭におすすめ
ジョイントマットは掃除が面倒
毛足が短くて丸洗いできるカーペットなら子供がいても使いやすい

私がジョイントマットの代わりに選んだカーペット↓↓↓


我が家はジョイントマットをやめましたが、良い所もたくさんあります!

  • 安い
  • やわらかい
  • 床が温かい
  • 床に傷がつかない・日焼けしない
  • 食べ物、飲み物をこぼしても簡単に処理できる
  • 取り換えが簡単

ジョイントマットがおすすめなのは、0~3歳のお子さんがいるご家庭です。

ハイハイしても痛くないですし、いたずらされたり汚されたりしても、その部分を交換するだけ。
安いから交換するにしてもそこまで懐も痛みません。

可愛い色のものもありますし、パズルみたいになっているものもありますよね(*´∀`*)


デメリットとしては

  • 掃除が面倒(隙間にゴミが入る、マットの裏にゴミがくっつくなど)
  • だんだんとつぶれていく

と言うことが挙げられます。


私は掃除の面倒くささに嫌気がさしてやめましたが、掃除が面倒でないなら使い続けても全然いいと思いますよ^^

どんなものにも良い所悪いところはつきもの。
比べて考えてみて下さいね~

では、今回はこの辺で(*´∀`*)ノ

この記事に携わったクリエイター

ユルマム公式ライター

アラサーのワーママ。
子供は小学生と幼稚園児。平日ワンオペ。
ずぼらなので楽な家事を常に模索しています。元家電販売員で家電好き。元家庭教師。TOEIC800点。ディズニーとゲーム(RPG)をこよなく愛す。