こんにちは。モモノマイ(@momonomai )です。


煮物を作ったり、手早くお米や豆を炊きたい時にあると便利なのが圧力鍋です。大体どこのお家にもあるんじゃないでしょうか?

我が家は魚を骨まで軟らかく煮込んだり、角煮を作るときなんかに使っています。


ですが、圧力鍋って使っている間は付きっきりでないと危ないですし、シューっという音が怖くて使えないっていう声もよく聞きます

肉や魚を柔らかく料理できるけれど、ずっと付きっきりは不便だなと私も思います。


そこで今回、ショップジャパンさんにモニター品としていただいた電気圧力鍋の『プレッシャーキングプロ』を使い始めたのですが、とても便利で普通の圧力鍋には戻れなくなってしまいました( ;^ω^)

便利なうえに料理もおいしくできるので、働くママをはじめとする方には本当におすすめです。


今回は電気圧力鍋を徹底的にレビューしますね!!

POINT
  • 電気圧力鍋は『目を離しても良い圧力鍋』
  • 電気圧力鍋では、煮物以外にも無水調理や蒸し料理などができる!

プレッシャーキングプロについて

  • メニュー選択はボタンを押すだけなので簡単
  • シューっという音がほとんどしない
  • 加圧が終了してから24時間保温してくれる
  • 加圧しない煮込み料理も作れる
  • タイマー付きなので、セットしておけば好きな時間に調理ができる
  • 蓋がきっちりしまっていないと圧力がかからない安全設計
  • 手入れが簡単!
  • 加圧と減圧の時間があるので思ったより時間がかかる
  • 24時間サポートと39日間の返金保証があるので安心

電気圧力鍋と普通の圧力鍋の違い

電気圧力鍋は『目を離しても良い圧力鍋』です。炊飯器に近い感覚で使えます。


普通の圧力鍋は、使っている間ずっとそばについて、火加減の調節をする必要があります。

電気圧力鍋は、付きっきりで見ている必要はありません。


材料を入れて、ふたを閉めて、メニューボタンを押せば加圧~減圧まで全部自動でやってくれます。

仕事が終わって家に帰ってきて、煮込み料理がしたい時は、材料を全部電気圧力鍋に入れてスイッチを押して完了です。


料理が出来上がるまでの間に別の家事をしたり、子供をお風呂に入れたりできるのでめちゃくちゃ助かります。

しかもお肉は柔らかく出来上がるし、大根などの野菜は味がよく染み込むので料理もおいしく出来上がるんです!


我が家は電気圧力鍋が家に来てから、煮物が食卓に並ぶ日が格段に増えました(笑)

料理の保温や温め直しもできるので、お子さんだけでご飯を食べてもらう必要があるときにも

女性

電気圧力鍋にカレーが入ってるからご飯にかけて食べてね

と言っておけば、火を使わずにあたたかい料理を食べてもらうこともできますよ。

電気圧力鍋の詳しい情報を見に行く

電気圧力鍋で作ることができるメニュー

どの電気圧力鍋を作るかで多少は変わってくると思いますが、電気圧力鍋で出来る調理メニューを紹介します。

  • 無水調理
  • 蒸し料理
  • 煮物(野菜、肉、魚)
  • 炊飯
  • パスタ

です!


野菜やお肉を軽く炒める下ごしらえもできるので、別にフライパンなどを用意する必要もなく、カレーや肉じゃがなども電気圧力鍋ひとつで完結します。

蒸し料理は専用の道具が必要になるので、蒸し料理をしたいなら一緒に買ってくださいね。

電気圧力鍋の詳しい情報を見に行く

プレッシャーキングプロを使ってみた口コミ

私が使っている電気圧力鍋は『プレッシャーキングプロ 』です。

気になる価格は14,700円(税抜)。電気圧力鍋の中ではお手頃で手が届きやすいと思います。


大きさは一升炊きの炊飯器くらいです。

大きな鍋に、蓋と内釜がついているだけのとてもシンプルな構造なので、機械は苦手…と言う方でも心配ありません。

前にボタンがついていて、これで操作します。

内釜に料理の材料を入れ、ふたをします。

蓋をするときは、印同士をあわせて、くるっと回すだけ。簡単です。

まず作りたい料理のボタンを押し、次に何分加圧するのかを+ボタンと-ボタンで設定します。

これでセット完了です。あとは出来上がるのを待つだけです!簡単ですよね(´∀`)


圧力をかけている間のシュー!!っという音もほとんどなく、あの音が苦手な方も使いやすいと思います。

加圧が完了したら「ピー」という音で知らせてくれますよ!

プレッシャーキングプロで作ってみた料理

我が家ではプレッシャーキングプロが大体週に3~4日活躍しています。

一部ですが、作ってみた料理を紹介します。

お米を炊きました

定番ですが、お米を炊いてみました。

ざるなどでお米をといで、1合あたり190mlのお水を入れてセットします。

説明書に書いてある通りに、加圧時間は12分にしました。

炊き上がりはこんな感じ(写真は炊飯器の釜に移し替えたところです)

お米がモチモチして、一粒がしっかり立つように仕上がりました!


柔らかめが好きなら、加圧時間を長くしてみて下さい。

角煮を作りました

私も子供も角煮が好きなんですが、なんせ時間がかかるので家で作ることはあまりありませんでした。

今回はスーパーで豚肉のブロックをまとめて買って来て作りましたよ!

材料

  • 豚バラ塊肉:600g
  • 青ネギ:1本
  • 醤油:60cc
  • 料理酒:60cc
  • みりん:60cc
  • 水:100cc
  • 生姜チューブ:10cm

出典:CookPad 簡単!圧力鍋でトロトロ♪豚の角煮

フライパンで焼いてからゆでて余分な脂を落とした豚肉と他の材料を入れて、お肉メニューで20分加圧しました。

出来上がったのはこんな感じ!

本当にお箸で着れるくらいトロトロで柔らかくておいしかったですよ!

ハヤシライスを作りました

私も子供も大好きなハヤシライスを作りました。

材料は箱の裏に書いてある通り。

下ごしらえボタンを選択し、お肉と玉ねぎをしばらく炒めてから水を入れます。

シチュー、カレーメニューで15分加圧します。

圧力が抜けてから、ルーを溶かし、再加熱で5分ほど煮込んだら出来上がりです!

お肉がとてもやわらかくて、

男の子

これ美味しい!もっと作って!

と、大喜びの子供たちでした(*´∀`*)

加圧料理以外も作れる!

女性

加圧しなくても良いから煮込み料理が作りたい!

と言う時にも、プレッシャーキングプロで料理ができます。

蓋についている蒸気調節の部分を常時開放にセットするだけです!

あとは煮込み料理ボタンを押し、どれだけの時間煮込むのかをセットします。(30分単位でセットできます)

煮込みが完了したら「ピー」という音で知らせてくれます。

出かけている間にも使える


電気圧力鍋は、本当に炊飯器感覚で使えますので、出かけている間にも使えます。


まず、加圧調理が終わった後も、24時間は保温をしてくれます

そのため、夏の間に料理をセットして出かけたとしても、きちんと保温をしておいてくれるので、料理が悪くなったりしません。


タイマー機能も付いています!!

女性

5時間後に帰ってくるから、4時間後に料理を開始して、できたてを食べたいな…

と言うときは、タイマーを4時間にセットしておけば、きっちり4時間後から料理を開始してくれますよ(*´∀`*)

タイマーは10分間隔でセットができます


働いている方は、朝出勤前に電気圧力鍋に切った材料をほうり込んで、ピピッとセットしていけば、帰ってきたころには料理が出来上がっていますから、とっても助かりますよね!

オール電化のご家庭では、夜中の電気代が安い時間に調理ができるようにタイマーをセットすれば、電気代の節約にもなります。

安全対策もばっちり!

圧力鍋で心配なのが、圧力がかかっている間に誤って蓋が開いたりしないかどうかですよね。

とくに小さいお子さんがいると、子供が間違えて触ってしまうのではないかと心配になります。


プレッシャーキングプロは圧力がかかっている間は、蓋についているピンクのピンが上がり、ふたがロックされますので、間違えて開けてしまう心配はありません。

蓋がずれていると、圧力がかからないようになっていますし、「ピー」と言う音でずれていることを知らせてくれるので、蓋のずれに気づかないままと言うこともなく、安心です。


もし圧力調理をやめてすぐにふたを開けたい場合は、ふきんなどで手に蒸気がかからない状態にしてから、蒸気調節のつまみを回し、常時開放にセットしてください。

蒸気が噴き出してどんどん圧力が抜けていくので、すぐにふたを開けることができます。

手入れも簡単!

他に調理器具で気になるのが、手入れのしやすさですよね。

フードプロセッサーを買ったのに、手入れが面倒すぎてほとんど使わなくなったのが私です(笑)


プレッシャーキングプロは、めちゃくちゃ手入れが簡単なので、本当におすすめです!

まず、内釜ですが、片手でも軽々持ち上げられるくらいに軽いし、焦げ付き防止加工がされているので、洗うのが簡単です。

普通の圧力鍋って重いですし、焦げ付いたらごしごし洗わないといけませんからね…


内蓋は、中についている出っ張りをつまんで引っ張れば簡単に外れます。

つけるの時は普通に押し込むだけなので簡単です。


蒸気調整バルブの部分は、上に引っ張れば簡単に外れます。

しいて言えば、どれも大きめなので、乾燥させるのに少し場所を取るかな~と言うくらいですね。

プレッシャーキングプロの気になったところ

使ってみて気になるところもありましたので、紹介しておきます。

思ったより時間がかかる

Webサイトを見ると『カレー8分、お米12分』と言うように書いてあるので、時短にも使えるかな~と思っていたんですが、これは加圧時間のみの時間です。

実際には加圧するまでの時間と、圧力が抜ける時間がかかりますので、+30~40分くらいはかかります


普通に料理するよりは時間が短くなりますし、お肉もやわらかくなり、野菜に味も染み込むので満足はしていますが、時短目的で買うと、そこまで時短できないなぁ…と思ってしまいそうです。

上手く圧力がかからないことがある

時々なんですが、ふたの間から蒸気が漏れまくって、うまく圧力がかからないことがあります

そういう時は少し蓋をガタガタさせるとすぐに圧力ピンが上がるので大丈夫ですが、外出中にこうなると全然圧力がかからなくてちょっと心配だな…と思いました。


ですので私はタイマーを使うことはほとんどなく、外出する時に使う場合は、圧力がかかっているのを確認だけするようにしています。

これは私のふたの締め方が悪いだけかもしれませんので、まずは何回か家にいるときに使ってみてください。


問題なく圧力がかかるようなら、炊飯器のようにタイマーセットをして出かければいいですし、うまくかからないときもあって不安だと思うなら、圧力がかかったのを確認してからその場を離れるのが良いですよ。

ショップジャパンの安心保障

プレッシャーキングプロは、ショップジャパンと言う会社が販売しています。

ショップジャパンには2つの安心保障があります。

  • 24時間365日いつでも電話相談ができる
  • 39日以内であれば返品できる



例えば、説明書を読んでもイマイチ使い方が理解できない場合は、相談窓口に電話をかければ、いつでも相談できます。

24時間、365日対応してくれるので「今聞きたいのに窓口が閉まっていて聞けない!」ということがありません。


また、39日以内であれば「思っていたのと違った」「大きすぎて置き場所に困るからいらない」という理由でも返品ができます。(ただし送料は自分持ちになります)

何回か使ってみて「思っていたほど便利じゃないな」と思ったら、箱に一緒に入っていた返品連絡カードと領収書を入れて送り返してください。

返品を受け付けてもらえます。


通販でのお買い物は、事前におためしができないですし、実物は届くまで見られないので、こういう制度があると安心できますよね(*´∀`*)

電気圧力鍋についてのまとめ

今回紹介した電気圧力鍋についてまとめます!

  • 電気圧力鍋は『目を離しても良い圧力鍋』
  • 電気圧力鍋では、煮物以外にも無水調理や蒸し料理などができる!



私が使っているのはプレッシャーキングプロと言う電気圧力鍋です。

  • メニュー選択はボタンを押すだけなので簡単
  • シューっという音がほとんどしない
  • 加圧が終了してから24時間保温してくれる
  • 加圧料理以外の料理も作れる
  • タイマー付きなので、セットしておけば好きな時間に調理ができる
  • 蓋がきっちりしまっていないと圧力がかからない安全設計
  • 手入れが簡単!
  • 加圧と減圧の時間があるので思ったより時間がかかる
  • たまにうまく圧力がかからないこともある
  • 24時間サポートと39日間の返金保証があるので安心



価格は電気圧力鍋の中ではお手頃な14,700円(税抜)です。

共働き家庭にはもちろん、1台持っているとものすごく便利な調理家電ですよ!

良かったらチェックしてみて下さい。


目を離して圧力調理ができる『プレッシャーキングプロ』の詳しい情報を見てみる

では、今回はこの辺で(*´∀`*)ノ