赤ちゃんとのお出かけに便利なベビーカー。
種類がたくさんあってどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

とくに日常的に電車やバスで移動する人は、乗り降りや車内でベビーカーが邪魔にならないかなど不安が多いものです。

この記事では、電車移動が多い人が何を基準にベビーカーを選べばいいのかを解説するとともに、オススメのベビーカーをご紹介します。

電車やバスの移動が多い人のベビーカーの選び方

電車やバスで使いやすいベビーカーの選び方
電車やバスなど公共交通機関での移動が多い人は、ベビーカーを選ぶときに以下のことをチェックしましょう。

なぜこのポイントなのかを、解説します!

1:ベビーカーの重さ

重さは、およそ5kg以下を目安に選びましょう。

電車移動では駅の階段の上り下りなどで、赤ちゃんを片手で抱えて、もう片手だけでベビーカーを持ち運ぶということがよくあります。

そのときに6kg以上の重さがあるベビーカーでは、かなりの腕力が必要です。

軽量と銘打った商品でも7~8kg程度あることは多いので注意してください。

電車移動が多い人は、5kg以下のベビーカーがよいでしょう。

2:片手で開閉できるか

片手で開閉できるかをチェックしましょう。

電車やバスで乗り降りするときに、さっと折りたたんだり広げたりすることができないと、モタモタしてしまい、周りの目が気になってしまいます。

また外出時は荷物で手がふさがることも多いので、楽にたためるとストレスがありません。

片手ワンタッチで開閉できると便利ですよ。

3:自立するか

折りたたんだ後に、支えていなくても自立するかどうかを確認しましょう。

赤ちゃんを抱えていると、両手がふさがることはよくあります。

電車やバスの中で、自立できないベビーカーが倒れたり動き出すと大変危険です。

折りたたんでも自立するベビーカーを選びましょう。

4:ベビーカーの幅

幅は55cm以下のベビーカーを選びましょう。

一般的な自動改札の幅は55~60cmです。

車いすが通れる90cm~95cmの改札もありますが、一般的な自動改札機よりは数は少ないのが現状。

一般的な改札を通れる、55cm以下のベビーカーがオススメです。

A型ベビーカーのオススメランキング5選

電車をよく使う方に、生後1ヶ月頃から使えるA型ベビーカーについてオススメ商品をご紹介します。

選んだ基準は下記のとおりです。

編集部が選んだ基準

  • 重さがおよそ5kg以下
    電車移動ではベビーカーを片手で持たなくてはならないときもあります。
  • 片手で開閉できる
    赤ちゃんを抱っこしながら、片手で扱えるベビーカーが便利です。
  • 自立する
    折りたたんだ後手を離せるものが便利です。
  • 幅が55cm以下
    改札を通れる幅です。

第5位:コンビ スゴカルα 4キャス compact エッグショック HK

対象月齢 1~36ヶ月
適応体重 ~15kg
赤ちゃんとの向き 両対面
サイズ(開いたとき) W48.6×D76.0~94.0×H89.0~108.0cm
サイズ(閉じたとき) W48.6×D42.5×H85.3~101.0cm
48.6cm
重さ 5.1kg
片手で開閉できる
自立する

階段の上り下りや電車の乗り降りも、脇に抱えて片手でラクラク移動できます。

軽いだけでなく、衝撃吸収素材の「エッグショック」でしっかり赤ちゃんを守れるのが特徴です。

バスケットに荷物をたくさん入れたまま、折りたためるのも便利。

軽くても、赤ちゃんの安全性は妥協したくない人にオススメです。

第4位:アップリカ カルーンエアー AB

対象月齢 1~36ヶ月
適応体重 15kg
赤ちゃんとの向き 両対面
サイズ(開いたとき) W45.5×D81.5~98.5H:100~103.5cm
サイズ(閉じたとき) W45.5×D30.5×H96.2cm
45.5cm
重さ 3.9kg
片手で開閉できる
自立する

軽量を追求した3.9kgの軽さ。
ワンタッチ開閉ができ、とっさに持ち上げても軽々運べるので、駅の階段や混んだ車内でも便利です。

振動を軽減したり通気性も抜群という赤ちゃんにとってうれしい特徴があり、軽くても多機能なベビーカーです。

とにかく軽いベビーカーで、電車移動を楽にしたい人にオススメです。

第3位:グレコ シティライトRアップ

対象月齢 1~36ヶ月
適応体重 15kg
赤ちゃんとの向き 両対面
サイズ(開いたとき) W46×D82~89×H95~99.5cm
サイズ(閉じたとき) W46×D35.5×H96.5cm
46cm
重さ 4.8kg
片手で開閉できる
自立する

下カゴの収納スペースが広く、荷物が多くなる赤ちゃんとの外出に便利です。

軽量なだけでなく片手でワンタッチで開閉ができるなど、電車移動に欠かせない特徴を兼ね備えています。

先輩ママの使用感によると、対面時の走行には、少しコツがいるようです。

コストパフォーマンスが高いので、お値打ちにベビーカーを購入したい人にオススメです。

第2位:ピジョン Runfee RA8

対象月齢 1~36ヶ月
適応体重 15kg
赤ちゃんとの向き 両対面
サイズ(開いたとき) W51.6×D83×H101.5cm
サイズ(閉じたとき) W51.6×D38×H102.8cm
51.6cm
重さ 5.3kg
片手で開閉できる
自立する

大きなシングルタイヤで、走行性の良さが特長。

改札など狭い場所での方向転換も、思いのままに可能です。

走行性を高めながらも、5.3kgの軽量を実現しています。

ストレスなく動かせて、お出かけが楽しくなるベビーカーが欲しい人にオススメです。

第1位:コンビ ホワイトレーベル メチャカル ハンディ オート4キャス エッグショック HG

対象月齢 1~36ヶ月
適応体重 15kg
赤ちゃんとの向き 両対面
サイズ(開いたとき) W49.7×D74.5~88.0×H100.5~105cm
サイズ(閉じたとき) W49.7×D48×H102cm
49.7kg
重さ 4.7kg
片手で開閉できる
自立する

オート4キャス史上、最軽量のモデルです。

片手で持ち運ぶときに便利なグリップがついています。

衝撃吸収素材「エッグショック」が搭載され、安全性も抜群。

操作面・安全面すべてに優れたベビーカーを探している人にオススメです。

B型ベビーカーのオススメランキング5選

電車をよく使う方にとって、B型ベビーカーはどういったものがよいのでしょうか。

お座りができる時期(7ヶ月頃)から使えるB型ベビーカーについて、オススメ商品をご紹介します。

選んだ基準は下記のとおりです。

編集部が選んだ基準

  • 重さがおよそ5kg以下
    電車移動ではベビーカーを片手で持たなくてはならないときもあります。
  • 片手で開閉できる
    赤ちゃんを抱っこしながら、片手で扱えるベビーカーが便利です。
  • 自立する
    折りたたんだ後手を離せるものが便利です。
  • 幅が55cm以下
    改札を通れる幅です。

第5位:エンドーCOOL KIDS CKバギー

対象月齢 7~24ヶ月
適応体重 12kg
赤ちゃんとの向き 背面
サイズ(開いたとき) W44×D63×H92cm
サイズ(閉じたとき) W24×D22×H104cm
44cm
重さ 2.8kg
片手で開閉できる
自立する

とにかく軽くて幅もコンパクト、女性でも軽々持ち歩けます。

日よけはカラーも選べておしゃれです。
お値打ちな値段も魅力。

かわいくて軽いB型ベビーカーをお探しの人にオススメです。

第4位:ジープ J is for Jeepスポーツ スタンダードベビーカー

対象月齢 7ヶ月頃~3歳
適応体重 15kg
赤ちゃんとの向き 背面
サイズ(開いたとき) W45×D85.5×H95.5cm
サイズ(閉じたとき) W23×D30×H107cm
45cm
重さ 4.9 kg
片手で開閉できる
自立する

4WD車の代表格・アメリカの「JEEP」ブランドのベビーカー。

Jeep車同様に、安定した走行が可能なタイヤを装備しています。

自立させるには付属のスタンドが必要です。

かっこよくて、走りが気持ちいいベビーカーが欲しい人にオススメです。

第3位:ピジョン B形ベビーカー ビングル

対象月齢 7~36ヶ月
適応体重 15kg
赤ちゃんとの向き 背面
サイズ(開いたとき) W49.5×D77.5×H101.5cm
サイズ(閉じたとき) W49.5×D31×H92cm
49.5cm
重さ 3.6kg
片手で開閉できる
自立する

3.6kgで片手で持てる軽さです。

シングルタイヤで、不安定な道もガタガタすることなく走行できます。

握りやすいハンドルで片手走行も簡単。

使い勝手のよいB型ベビーカーを買いたい人にオススメです。

第2位:アップリカ マジカルエアー AD

対象月齢 7~36ヶ月
適応体重 15kg
赤ちゃんとの向き 背面
サイズ(開いたとき) W44.5×D76~79×H102.5~104.5
サイズ(閉じたとき) W44.5×D31.5×H95
44.5cm
重さ 3.0kg
片手で開閉できる
自立する

3.0kgの軽量タイプながら、座面が50cmと安心のハイシートで地面の熱からお子さんを守ります。

振動を軽減するフレーム構造なのでガタつきにくく、ハンドル位置も高いので押しやすく、走行しやすいのが特徴。

背もたれを倒すリクライニング機能もついているので、お子さんが眠ったときも安心して使えます。

ハイシートと軽量を両立したB型ベビーカーをお探しの人にオススメです。

第1位:コンビ F2 Limited AF

対象月齢 7~36ヶ月
適応体重 15kg
赤ちゃんとの向き 背面
サイズ(開いたとき) W49.5×D71.5~77.5×H104cm
サイズ(閉じたとき) W49.5×D30~37×H89cm
49.5cm
重さ 3.7kg
片手で開閉できる
自立する

ハンドルから前輪まで一直線につながったストレートフレームは、美しくて押しやすい独自のスタイリング。

ワンハンドグリップで、片手操作でも小回りがきき押しやすいのが特徴です。

片手で簡単に折りたためるので、ストレスがありません。

電車移動に欠かせない、片手操作性の高いベビーカーが欲しい人にオススメです。

オススメベビーカー比較表

A型 B型
1位 2位 3位 4位 5位 1位 2位 3位</th width=”9%”> 4位 5位
商品名 コンビ ホワイトレーベル メチャカルハンディ オート4キャス エッグショック HG ピジョン Runfee RA8 グレコ シティライトRアップ アップリカ カルーンエアー AB コンビ スゴカルα 4キャス compact エッグショック HK コンビ F2 Limited AF アップリカ マジカルエアー AD ピジョン B形ベビーカー ビングル ジープ J is for Jeepスポーツ スタンダードベビーカー エンドーCOOL KIDS CKバギー
対象月齢 1~36ヶ月 1~36ヶ月 1~36ヶ月 1~36ヶ月 1~36ヶ月 7~36ヶ月 7~36ヶ月 7~36ヶ月 7~36ヶ月 7~24ヶ月
適応体重 15kg 15kg 15kg 15kg 15kg 15kg 15kg 15kg 15kg 12kg
赤ちゃんとの向き 両対面 両対面 両対面 両対面 両対面 背面 背面 背面 背面 背面
サイズ(開いたとき) W49.7×D74.5~88.0×H100.5~105.0cm W51.6×D83.0×H101.5cm W46 × D82~89 × H95~99.5cm W45.5×D81.5~98.5 H:100~103.5cm W48.6×D76.0~94.0×H89.0~108.0cm W49.5×D71.5~77.5×H104.0cm W44.5×D76~79×H102.5~104.5 W49.5×D77.5×H101.5cm W45cm×D85.5cm×H95.5cm W44×D63×H92cm
サイズ(閉じたとき) W49.7×D48.0×H102.0cm W51.6×D38.0×H102.8cm W46 × D35.5 × H96.5cm W45.5×D30.5×H96.2cm W48.6×D42.5×H85.3~101.0cm W49.5×D30.0~37.0×H89.0cm W44.5×D31.5×H95 W49.5×D31.0×H92.0cm W23cm×D30cm×H107cm W24×D22×H104cm
49.7cm 51.6cm 46cm 45.5cm 48.6cm 49.5cm 44.5cm 49.5cm 45cm 44cm
重さ 4.7kg 5.3kg 4.8kg 3.9kg 5.1kg 3.7kg 3.0kg 3.6kg 4.9Kg 2.8kg
片手で開閉できる
自立する

電車に乗るのはいつから?

ベビーカーに座る赤ちゃん
電車に乗れる年齢には特に決まりはありません。

基本的に赤ちゃんと外出できるは、1ヶ月検診を終えてからです。

最初は電車での遠出は避け、自宅周辺を10~15分程度散歩することから始めてみましょう。

赤ちゃんが外の世界に慣れてきたら、電車でのお出かけに挑戦するとよいですね。

電車に乗るときに知っておきたい4つのマナー

電車内のベビーカー使用マナー
ベビーカーで電車に乗るときに、どういうマナーがあるのでしょうか。

よく言われるマナーは以下の4つです。

  • ラッシュの時間帯を避ける
  • 時間に余裕を持つ
  • 周りとの接触に気をつける
  • 車いすスペースの広い場所を利用する

これらを詳しくみていきましょう。

ラッシュの時間帯を避ける

通勤ラッシュである朝7~9時頃、夜18~20時頃は、乗車をなるべく避けましょう。

ただでさえ殺気立っている満員電車に赤ちゃんを乗せるのは、押されたりするだけではなく、季節によっては感染症の危険もありとても危険。

また、混雑度合いによってはベビーカーを広げたまま乗ることが、物理的に不可能なケースも多いのです。

どうしても通勤ラッシュ時に乗らなくてはならない場合は、赤ちゃんを抱っこ紐で抱え、ベビーカーは折りたたんで持ちましょう。

なるべく女性専用車両などの比較的すいている車両を選び、各駅停車の電車に乗ると少しマシです。

ラッシュ時の車両に乗るのは、できる限りやめましょう。

時間に余裕を持つ

電車移動をするときは、時間や心に余裕を持ちましょう。

赤ちゃんとの移動は、トラブルがつきものです。

途中で泣き出したりおむつを変えたりなどの出来事に対応して、時間がなくなってしまうことはよくあります。
しかしだからといって、小走りでベビーカーを走らせることは、赤ちゃんにとっても周囲の人にとっても危険です。

もちろん駆け込み乗車は、ベビーカーが挟まれ、赤ちゃんを危険にさらす可能性が高いため、絶対にやめましょう。

赤ちゃんとの電車移動は、時間に余裕をもって早めに出かけてくださいね。

周りとの接触に気をつける

ベビーカーは思った以上に幅をとるので、周囲との接触に気をつけましょう。

無意識でタイヤで足を引いたり、フレームがぶつかったりするのはよくあるケースですが、周囲の人にとって非常に迷惑です。

また子供が苦手な大人もいるので、赤ちゃんが手を伸ばして人を触ってしまわないように注意しましょう。

ベビーカーでの移動中は、他の人にぶつからないよう、なるべく人混みを避けてくださいね。

車いすスペースの広い場所を利用する

車内に車いすスペースがあれば、ベビーカーはそこに置きましょう。

通路やドア付近にベビーカーを置いくと、通行の邪魔だけでなく、人にぶつかって倒れたりする可能性があるので危険です。

電車ごとに異なりますが、車いすスペースの場所は優先席の近くにあるケースが多いので、優先席付近で乗車するとよいですね。

車いすの方がいる場合は、譲り合ってスペースを使いましょう。

  • ラッシュの時間帯を避ける
  • 時間に余裕を持つ
  • 周りとの接触に気をつける
  • 車いすスペースの広い場所を利用する

電車に乗るときは、これらに気をつけて安全に乗りましょう。

駅や電車での4つの注意点

電車内の家族
ベビーカーで移動するにあたって、駅や電車内で注意することはあるのでしょうか。

赤ちゃんの安全を守るために、注意点が4つあります。

  • シートベルトを着用する
  • 乗車時は前向き・降車時は後ろ向き
  • 停車時はストッパーをかける
  • 階段やエスカレーターは乗せたまま使わない

これらを詳しくみていきましょう。

シートベルトを着用する

駅や電車に限りませんが、シートベルトは着用しましょう。

段差や溝が多い駅でつまずくことや、車内で大きく揺れることもあります。

シートベルトをしていないと、赤ちゃんを危険にさらすことになりかねません。

走行中でも停車中でも、必ずシートベルトを着用して、赤ちゃんの安全を確保してください。

乗り方は乗車時前向き・降車時後ろ向き

ベビーカーを広げたまま電車に乗るときは、前輪を少し浮かしながら、前向きに乗りましょう。

逆に降りるときは、自分後ろ向きで降りつつ、段差に気を配って降ろす方法がオススメです。

前輪が後輪よりも低い位置になると、赤ちゃんが前のめりになって転倒するリスクがあります。

乗車時はなるべく列の先頭で乗り、降車時も早めに降りるほうが安全です。

周りの目が気になるかもしれませんが、乗降時は赤ちゃんの安全を守るため慎重になりましょう。

停車時はストッパーをかける

駅や電車内でベビーカーをとめるときは、必ず両輪にストッパーをかけましょう。

ストッパーがないと、思わぬ方向にベビーカーが動きかねません。

ベビーカーの向きは、電車の中では進行方向に垂直に、駅では線路に対して平行に止めるのが安全です。

手はベビーカーから離さずに、しっかり添えておきましょう。

ベビーカーが勝手に動き出さないように、止まっているときはストッパーをかけるクセをつけるとよいですね。

階段やエスカレーターは乗せたまま使わない

階段やエスカレーターを利用するときは、ベビーカーに赤ちゃんを乗せたままでいるのは危険です。

エスカレーターや階段を使うときは、赤ちゃんを抱えて、ベビーカーはたたみ片手で持ちましょう。

乗せたまま抱きかかえて階段を上ったり、エスカレーターで前輪や後輪だけを乗せて上り下りすることは、他の人とぶつかるなどで、万が一ベビーカーから手を離したりしたら大変危険です。

ベビーカーでの移動は、エレベーターを使用するのが理想です。

しかし、やむを得ず階段やエスカレーターを利用するときは、ベビーカーに赤ちゃんを乗せたままにすることはやめましょう。

  • シートベルトを着用する
  • 乗車時は前向き・降車時は後ろ向き
  • 停車時はストッパーをかける
  • 階段やエスカレーターは乗せたまま使わない

これらに気をつけて電車を利用しましょう。

電車移動に便利なベビーカーを選ぼう

電車やバスで扱いやすいベビーカー
電車移動が多い人は、軽くて片手での扱いが簡単なベビーカーが最適です。

下記をチェックして選んでくださいね。

選び方

  • 重さがおよそ5kg以下
    電車移動ではベビーカーを片手で持たなくてはならないときもあります。
  • 片手で開閉できる
    赤ちゃんを抱っこしながら、片手で扱えるベビーカーが便利です。
  • 自立する
    折りたたんだ後手を離せるものが便利です。
  • 幅が55cm以下
    改札を通れる幅です。

これらの基準から、編集部オススメのベビーカーを紹介しました。

ここまで読んだけど、どれを選べばわからないという方は、次のベビーカーを候補に入れてみてくださいね。

編集部のオススメ

A型ベビーカー
第1位:コンビ ホワイトレーベル メチャカル ハンディ オート4キャス エッグショック HG

B型ベビーカー
第1位:コンビ F2 Limited AF

軽量で操作性もよい、人気のベビーカーです。
赤ちゃんとのお出かけは、楽しいものです。
しかし、危険はできる限り避けて安全に楽しんでくださいね。

あらかじめ電車に乗るのマナーや注意点をおさえておくと、心配なくお出かけできますよ。

ユルマム編集部は、働くママ中心の編集チームです。
子育て中だからこそ、悩んだり大変だったことを身に染みて感じています。
読者のみなさんと同じ視点で、「選ぶをちょっとラクにする」ために情報を発信中。