ベビーカーとチャイルドシートが一体型になった、トラベルシステムをご存じでしょうか?

1台で多くの役割をこなすと、子育て世帯のパパやママの注目を集めています。

しかし、たくさんの種類があるために「どれを選んでいいのか迷う」という人も多いようです。

そこでこの記事では、おすすめのトラベルシステムと、選ぶポイントについて紹介します。

メリットやデメリットについてもまとめていますので、参考にしてください。

トラベルシステムとは

マキシコシチャイルドシート ペブルプラス

マキシコシ 【日本正規品・条件付き無償交換保証あり】 チャイルドシート ペブルプラス スパークリンググレ...

ベビーカーとチャイルドシート、両方の機能を備えたのが、トラベルシステムです。

1台で2役をこなすだけでなく、ほかにも便利な使い方ができるため、子育て中のパパやママから人気が高いんですよ。

たとえば、家の中ではバウンサーやベビーベッド、お出かけ先ではチェアとしても使えます。

ベビーカーとしてもチャイルドシートとしても使えるトラベルシステムは、家族で快適にでかけるのに役立つベビー用品です。

トラベルシステム5つのメリット

メリットの説明
トラベルシステムには、赤ちゃんと一緒に出掛けることが多い家庭に役立つたくさんのメリットがあります。

これらを詳しくみていきましょう。

1:赤ちゃんを起こさず移動できるので車での帰宅後がラク

車の中で寝ている赤ちゃん
トラベルシステムを使えば、車の中で眠った赤ちゃんをそのままベビーカーで運べます。

車の中ではぐっすり寝ているのに、降ろしたとたんに起きて泣き出す赤ちゃんは多いものです。

トラベルシステムなら、チャイルドシートを車から取り外して、フレーム(ベビーカー)に取りつけられるので、赤ちゃんを起こすことがありません。

眠った赤ちゃんをそのまま運べるのは、トラベルシステムの大きなメリットです。

2:バウンサーとして使えば寝かしつけにも大活躍

バウンサーに座る赤ちゃん
チャイルドシートやベビーカーだけでなく、バウンサーとして使えるのもトラベルシステムのメリットです。

バウンサーとは、ゆりかごのように揺れる赤ちゃん用のチェアのこと。
赤ちゃんがぐずったときや、なかなか眠らないときに活躍します。

赤ちゃんの動きが制限されるため、長時間の使用は避けた方がよいですが、寝かしつけには便利です。

このように、トラベルシステムはバウンサーとしても活躍します。

3:チェアとして使えるので外出先でもそばに居られて安心

赤ちゃんと一緒
トラベルシステムなら、お出かけ先でも赤ちゃんの居場所に困りません。

シートを取り外せば、ベビーチェアとして使えるからです。

公園や友達の家など、赤ちゃんをずっと抱っこしている必要もありません。

トラベルシステムを使えば、外出先でも場所を選ばず、赤ちゃんのそばにいられます。

4:自家用車以外にも取りつけやすいのでおじいちゃん・おばあちゃんも満足

両親の自動車
自家用車以外の車に取りつけやすいのも、トラベルシステムのメリットでしょう。

トラベルシステムは、シートベルトを巻くようにして固定するだけなので、通常のチャイルドシートより取りつけが簡単です。

おじいちゃん・おばあちゃんの車にもラクに取りつけられます。

誰の車にでも取りつけやすいのが、メリットのひとつです。

5:夏・冬の車内温度に左右されない

自動車の車内温度計
トラベルシステムは、車内が暑くなる夏や寒くなる冬にも役立ちます。

車につけっぱなしのチャイルドシートだと、車内が暑いときには熱く、寒いときには冷たくなります。

使用するたびに付け外しするトラベルシステムなら、その心配もありません。

夏・冬の車内温度に影響されにくいのも、トラベルシステムの安心できるポイントです。

6:2人目育児の車移動が便利

6か月の赤ちゃんと幼稚園の姉ちゃんと3歳のお兄ちゃん
2人目、3人目育児の車移動でも、トラベルシステムは役立ちます。

トラベルシステムは、ベビーカーの赤ちゃんをそのまま車の中に移動可能です。

お兄ちゃんやお姉ちゃんが動き回ったりぐずったりする前に、すばやくチャイルドシートに乗せられるでしょう。

このように、2人以上の子どもをチャイルドシートに乗せなければいけないときも、トラベルシステムが活躍します。

トラベルシステムのデメリット

デメリット
便利なトラベルシステムですが、状況によっては、使いにくさや不便を感じることもあるようです。

これらのデメリットをあらかじめ知っておきましょう。

1:持ち運びが重いので玄関から駐車場までの移動がツライ

持ち運びが「重いのは困る
トラベルシステムに赤ちゃんを乗せて、車に乗せるまでの移動は大変です。

シートに赤ちゃんを乗せると「意外に重い」と感じる人は多いでしょう。

機種にもよりますが、平均的なトラベルシステムでシートは3~7kg程度、ここに赤ちゃんを乗せると10kg近くです。

駐車場から玄関までが遠い、階段があるなどのケースでは、この重さがネックになります。

2:トラベルシステム対応ベビーカー本体が大きく重いケースが多い

ベビーカーをたたんで車に乗せるママ
トラベルシステムをベビーカー単品でみると、本体が大きく重いので、取り回しが悪い場合もあります。

コンビの製品で比較した場合、通常のベビーカーは約5kgです。

いっぽう、トラベルシステムは、軽いものでもシート・フレーム合わせて約7kgです。

少しの差に感じますが、毎日の使用となるとストレスを感じることもあるでしょう。

通常のベビーカーと比べて重いことは、トラベルシステムのデメリットです。

3:多くは新生児~1歳ぐらいまでしか使えない

1歳の男の子
トラベルシステムのチャイルドシートは、対象年齢が1歳ころ、体重は10kgまでしか使えないものがほとんどです。

通常のチャイルドシートは、対象年齢が4歳、体重が15kgまで乗れるものが一般的です。

法律では、6歳まではチャイルドシートの使用が義務付けられているため、1歳になったら通常のチャイルドシート、それも小さくなったらジュニアシート、と2回買い直さなければいけません。

チャイルドシートとしての使用期間が短いことも、トラベルシステムのデメリットです。

4:毎回シートに固定するのが面倒

トラベルシステムのチャイルドシートは、毎回車に固定して使う必要があります。

その機能のおかげでベビーカーと兼用できるのですが、常に車に固定しているチャイルドシートと比較すると面倒に感じる方もいるようです。

また、シートベルトを回すように通して固定するタイプのトラベルシステムでは、シートベルトが赤ちゃんの正面にくるので、窮屈に感じることもあります。

毎回車から付け外しするのは、トラベルシステムの利点でもあり、不便な点ともいえるでしょう。

5:ベビーカーをたたんで持ち運ばないといけないシーンは大変

ベビーカーを畳んで運ぶのは大変
トラベルシステムの場合、ベビーカーをたたんで持ち運びたいときには、通常のベビーカーに比べて手間がかかるため大変です。

たたんだ後も幅を取り、重さもあるため、持ち運びには不便でしょう。

パパが一緒のときならふたりで運べますが、ママひとりだと重労働です。

たたみにくさ、持ち運びにくさは、トラベルシステムのデメリットといえます。

6:成長したあとに前向き装着ができない

チャイルドシートの向き
トラベルシステムは、前向き装着ができません。

首や腰が安定しない低月齢の赤ちゃんであれば、うしろ向きの方が安心ですが、成長してから前向きにして使いたいと考えているのであれば、新たに買い直す必要があります。

トラベルシステムが向いている人はエレベーター付きマンションに住んでいる人

エレベーターを待つ母子
トラベルシステムは、エレベーターつきマンションや戸建ての住宅に住んでいて、車利用が多い人におすすめです。

祖父母の車に乗せることもあるなど、自家用車以外を利用する機会が多い場合もトラベルシステムが活躍するでしょう。

逆に、車を使わない人や階段の上り下りが必要なマンションに住んでいる人は、トラベルシステムが向いていないといえます。
トラベルシステムのベビーカーは、一般的なベビーカーよりも重量があるため、女性が一人で抱えて階段を上り下りするのは、大きな負担がかかるでしょう。

パパや家族に運んでもらえるのであればよいですが、エレベーターのないマンションでワンオペやシングルのママが使うのであれば、軽量ベビーカーを利用したり、チャイルドシートを別に購入したほうがよい場合もあります。

ベビーカー一体型チャイルドシート後悔しない選び方5つのポイント

ベビーカーを考える
トラベルシステムの購入を検討しているのであれば、あとから後悔しないためにも選び方のポイントを押さえておくことが重要です。

選ぶときの基準を、以下のようにまとめました。

1:まずはトラベルシステム対応ベビーカーがライフスタイルに合うかをチェック


まず、トラベルシステム対応のベビーカーが、ライフスタイルに合っているのかを考えましょう。

トラベルシステム対応のベビーカーは、大きくて重い傾向があります。

玄関が狭い家では邪魔になるため、置き場所と畳んだときのサイズを確認しましょう。

公共交通機関をよく使う場合は、駅にエレベーターが設置されているかや、段差を持ち上げられる重さかも、確認が必要です。

赤ちゃんとベビーカー、それに荷物をかつぐのは、かなりの重労働ですから、事前にしっかりチェックしましょう。

赤ちゃん+シートの重さは持ち運べるかを想像

トラベルシステムのシートと赤ちゃんの体重を合わせた重さが、自分で持ち運び可能な重さであるかを確認しましょう。

自宅で階段の上り下りが必要な場合、重さはかなり重要なポイントです。

玄関から駐車場の距離が離れているような場合であれば、産後のママだけで持ち運びするのはツライでしょう。

パパや家族に手伝ってもらえない場合は、「寝ている赤ちゃん+シート」を持つことを想定しておくことが大切です。

自家用車が適合車種かを確認

使う予定のトラベルシステムが、自家用車に適合しているかを確認しましょう。

適合車種でなければ、せっかく購入したトラベルシステムが使えないという失敗にもつながります。

同じ車種でも、年式や型式によって違うこともあるため注意が必要です。

自家用車が適合車種であるかを確認してから購入しましょう。

トラベルシステムの着脱がカンタンかをチェック

トラベルシステムの着脱が簡単にできるかを確認しましょう。

着脱方法をしておかなければ、いざ使うときに「思っていたよりめんどくさい」「乗せ替えするより、専用のチャイルドシートを買えばよかった…」と後悔することにもなりかねません。

トラベルシステムの着脱方法が簡単にできて、毎回の乗せ降ろしが楽にできることが重要なポイントです。

2:安全基準をクリアしているか

SGマーク

引用:一般財団法人製品安全協会

トラベルシステムは、安全基準をクリアしている製品を選びましょう。

大切な赤ちゃんを守るためにも、安全性の高いトラベルシステムを選ぶことが重要です。

以下のような安全基準を目安にするとよいでしょう。

【国内の安全基準】

  • SG基準

【海外の安全基準】

  • ヨーロッパの安全基準:ECE R44/04・i-Size(R129)・EN1888
  • アメリカの安全基準:FMVSSNo213

3:使用期間は長いほどよい

使用期間が長い
トラベルシステムは、できるだけ使用できる期間が長いものを選びましょう。

多くのトラベルシステムは1歳ころまでを対象年齢としています。

通常のチャイルドシートよりも使用期間が短いため、少しでも長く使えるタイプを選んだ方がいいでしょう。

4:水平にならないものが主流!リクライニング角度をチェック

リクライニングの角度
トラベルシステムの、リクライニング角度を確認しましょう。

トラベルシステムは、水平にならないタイプが主流です。

赤ちゃんがゆったり過ごせるように、リクライニングの角度はチェックしておくべきポイントでしょう。

5:専用ベース(ISOFIX)はあったほうがいい


自家用車が、ISOFIX(アイソフィックス)に対応しているかを確認しましょう。

ISOFIXとはチャイルドシートの固定方式で、専用の金具に差し込んで固定します。

シートベルトで固定するよりも簡単で安全なのが特徴です。
万が一のときに、安全性が高まります。

デメリットは、価格が高い傾向にあることです。

また、車がISOFIXに対応していなければ使えません。

日本では、2012年7月以降に販売している車であればISOFIXが搭載されています。

それ以前の車に関しては、ISOFIXに対応しているかを確認しておきましょう。

2019年おすすめのベビーカー一体型チャイルドシート7選

ベビーカーと一回型のチャイルドシート、トラベルシステムのおすすめ商品紹介をします。

選んだ基準は以下の通りです。

編集部が選んだ基準

  • 安全基準
  • 使用期間が長め
  • リクライニング角度
  • 専用ベース対応

7位:Orbit Baby/G3インファントストローラーセット

ゆるまろゆるまろ

ドリンクホルダーがふたつにスナックトレイもついてんで


サイズW61×D105~116×H123(cm)
重量G3バシネット:約4.5kg
G3ストローラーベース+G3ストローラーシート+サンシェイド+カーゴバスケット:約14kg
シートを洗える
リクライニング角度
ISOFIX対応
安全基準EN1888適合品
トラベルシステムの使用可能年齢新生児~寝返りまで、もしくは15kgまで

参照:楽天市場

G3インファントストローラーセットは、G3バシネットとストローラーのセットです。

G3バシネットを使用すれば、生後すぐ使用できます。

ストローラーシートは360度回転式なので、車への乗せ降ろしや、ベビーカーの対面背面を切り替えるのも楽におこなえるでしょう。

寝返りをはじめたら、バシネットをはずすことで、体重15kgまで使えます。

6位:日本育児/スマートトラベルシステムISOFIXベースセット

ゆるまろゆるまろ

退院後すぐでも、安心して使えるわ


サイズW53×D68×H104(cm)
重量スマートスティック:約9.8kg
スマートキャリーISOFIXベースセット:約3.5kg
ベース:約5kg
シートを洗える
リクライニング角度
ISOFIX対応
安全基準ECE/R44/04適合品
トラベルシステムの使用可能年齢新生児~13kgまで

参照:日本育児「新生児から使える スマートトラベルシステム ISOFIXベースセット」

トラベルシステム対応ベビーカー、新生児から使えるスマートキャリー、ISOFIXベースのセットです。

スマートトラベルシステムは、新生児・乳児専用モデルなので、生まれたばかりの赤ちゃんの身体にフィットします。

5位:evenflo/バイブ・エリート・トラベルシステム

ゆるまろゆるまろ

装着簡単!


サイズW53×D90.9×H105.9(cm)
重量ベビーカー本体:7.9kg
ベビーシート:3.4kg
オートベース:1.9kg
シートを洗える
リクライニング角度
ISOFIX対応
安全基準FMVSS適合品
トラベルシステムの使用可能年齢新生児〜1歳ころまで(体重15.8kg)

参照:evenflo「バイブ・エリート トラベルシステム」

evenfloのバイブ・エリート・トラベルシステムは、A型ベビーカーと、ベビーシートのセットです。

ベビーシートには、オートベースがついているためため、車への乗せ降ろしやベビーカーへの着脱がワンタッチでおこなえます。

取りつけがスマートにできるため、移動中に赤ちゃんを起こす心配がありません。

4位:マキシコシ/Pebble Plus

ゆるまろゆるまろ

いろんなベビーカーに対応するで


サイズW44×D67×H46(cm)
重量4.55kg
シートを洗える
リクライニング角度
ISOFIX対応別売りの専用ベースメントが必要
安全基準R129適合品
トラベルシステムの使用可能年齢新生児~1歳半ころまで

参照:マキシコシ「ぺブルプラス」

マキシコシのPebble Plusは、衝撃吸収素材を使用している、安全性の高いトラベルシステムです。

インサイドクッションが、新生児期の赤ちゃんを守るように優しく包み込むため、座り心地がよいのも魅力でしょう。

クイニーザップやAirBuggy COCOシリーズなど、さまざまなベビーカーに対応しています。
参照:クイニー「ザップフレックス」
AirBuggy 「COCOSTANDARD」

3位:コンビ/ベビーカー F2plus F2用トラベルシステムキット

ゆるまろゆるまろ

2台つなげて双子ちゃん用にもなるで


サイズW49.5×D71.5~77.5×H104(cm)
重量ベビーカー:3.7kg
キャリー:3.4kg
アタッチメント:670g
シートを洗える
リクライニング角度
ISOFIX対応
安全基準R129適合品
トラベルシステムの使用可能年齢新生児~1歳ころまで

参照:コンビ「 F2用トラベルシステムキット」

F2plusF2用トラベルシステムキットは、ベビーカーとトラベルシステムのセットです。

別売りのジョイントを取りつけると、ベビーカーを2台並べて走行できます。

双子育児にも活躍しますし、年の近い兄弟であればベビーカーに上の子を乗せて、トラベルシステムのシートには赤ちゃんを乗せるといったことも可能です。

2位:Joie/エアトラベルシステム ペブル

ゆるまろゆるまろ

スタイリッシュなベビーカーを探してるならコレええで


Joie(ジョイー) エアトラベルシステム ペブル 0か月~ 41783

Joie(ジョイー) エアトラベルシステム ペブル 0か月~ 41783

26,541円(10/21 14:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

サイズW46.5×D86×H110(cm)
重量ベビーカー:5.0kg
ベビーシート:2.9kg
シートを洗える
リクライニング角度
ISOFIX対応別売りの専用ベースメントが必要
安全基準ECE(R44/04)
トラベルシステムの使用可能年齢新生児~1歳半ころまで(13kg)

参照:
カトージ「Joie エアトラベルシステム(ペブル)」

joie「juva」

ジョイーのトラベルシステムペブルは、ベビーカーとトラベルシステム専用ベースのセットです。

専用ベースをベビーカーにセットすると、対面のハイシートベビーカーとしても使えます。

専用ベースは2.9kgと軽量なので、ママがひとりで持ち運ぶときも負担が少なくて済むでしょう。

1位:アップリカ/インファントカーシート

ゆるまろゆるまろ

新生児から5Wayで使えるで


サイズW43.7×D71.8~67×H55.3~33.9(cm)
重量2.6kg
シートを洗える
リクライニング角度130度
ISOFIX対応別売りのインファントカーシート ベースが必要
安全基準10UN-R44適合品
トラベルシステムの使用可能年齢新生児~12ヶ月

参照:アップリカ「スムーブ」

アップリカのインファントカーシートは、3輪ベビーカースムーヴに対応しているトラベルシステムです。

130度のリクライニング機能がついているので、赤ちゃんが自然な姿勢でゆったりと過ごせます。

シートは2.6kgで、国内最軽量。赤ちゃんの重さをプラスしても、持ち運びに困らないでしょう。

おすすめのトラベルシステム比較表

1位2位3位4位5位6位7位
商品名アップリカ/インファントカーシートJoie/エアトラベルシステム ペブルコンビ/ベビーカー F2plus F2用トラベルシステムキットマキシコシ/Pebble Plusevenflo/バイブ・エリート・トラベルシステム日本育児/スマートトラベルシステムISOFIXベースセットOrbit Baby/G3インファントストローラーセット

Aprica (アップリカ) 新生児から5Wayで使えるインファントカーシート ミッドナイトサークルズ NV 【3輪ベビ...

Joie(ジョイー) エアトラベルシステム ペブル 0か月~ 41783

【セット買い】 コンビ ベビーカー F2 plus バーニングレッド(RD) + F2用トラベルシステムキット ブラック

マキシコシ 【日本正規品・条件付き無償交換保証あり】 チャイルドシート ペブルプラス ロビンレッド 新生...

evenflo バイブ・エリート・トラベルシステム (A型ベビーカー+乳児用ベビーシート) 55411881 ダフネ

【セット買い】日本育児 チャイルドシート スマートキャリー ISOFIXベースセット デニム ISOFIX対応 新生児...

orbit baby 【正規代理店2年間保証付】 G3ストローラーセット/スレート 【おでかけ】【ベビーカー】【トラ...

サイズ(cm)43.7×71.8~67×55.3~33.946.5×86×11049.5×71.5~77.5×10444×67×4653×90.9×105.953×68×10461×105~116×123
重量2.6kg・ベビーカー:5.0kg
・インファント:2.9kg
・ベビーカー:3.7kg
・キャリー:3.4kg
・アタッチメント:670g
4.55kg・ベビーカー本体:7.9kg
・ベビーシート:3.4kg
・オートベース:1.9kg
・スマートスティック:約9.8kg
・スマートキャリーISOFIXベースセット:約3.5kg
・ベース:約5kg
・G3バシネット:約4.5kg
・G3ストローラーベース+G3ストローラーシート+サンシェイド+カーゴバスケット:約14kg
シートを洗える
リクライニング角度130度フルフラット
ISOFIX対応別売り別売り別売り
安全基準10UN-R44ECE(R44/04)R129R129FMVSSECE/R44/04EN1888
トラベルシステムの使用可能年齢新生児~12ヶ月新生児~1歳半ころまで(13kg)新生児~1歳ころまで新生児~1歳半ころまで新生児~1歳ころまで新生児~13kgまで新生児~寝返りまで

ベビーカーとチャイルドシート・別々に買った方がお得?

別々に買った方がお得?
トラベルシステム対応のベビーカーとチャイルドシートは、「セットではなく、別々に購入したほうがよいのでは?」と悩む人も多いようです。

以下に、セットで購入した場合と別々に購入した場合の金額例を紹介します。
【トラベルシステムのセット金額例】

  • コンビ/ベビーカー F2plus F2用トラベルシステムキット59,989円

【トラベルシステム+トラベルシステム対応ベビーカーの金額例】

  • AirBuggy/COCO(スタンダード):46,000円
  • マキシコシ/トラベルシステム(Pebble Plus):35,000
  • 専用アダプター:3,000円

AirBuggyCOCOのように、別売りのトラベルシステムを装着できるベビーカーをすでにお持ちの場合は、トラベルシステムだけを購入してもよいでしょう。

ベビーカー一体型チャイルドシートはレンタルもできる?

トラベルシステムをスマホで検索する夫婦

トラベルシステムはレンタルもできます。

レンタルであれば、必要なときだけ借りることも可能です。

使わなくなったら返却すればいいので、収納場所や処分に困ることもありません。

「使用期間が短いから購入するのはもったいない」
「たまにしか使わない」
という場合は、レンタルを検討してもいいでしょう。

レンタル・購入料金比較

トラベルシステムをレンタルした場合と、購入した場合の料金比較は以下の通りです。

【1年トラベルシステムをレンタルした場合】

  • アップリカ/スムーヴトラベルシステム
  • 30,240円(ベビーランド)

参照:ベビーランド

【一体型ベビーカーを購入した場合】

  • アップリカ/スムーヴトラベルシステム
  • 72,360円

参照:アップリカ

レンタル業者によって違いはありますが、1年間使用する場合、レンタルであれば新品価格の半額程度で借りられます。

1歳をすぎたら前向きのチャイルドシートに買い替える予定であったり、短期間だけ使用する場合は、レンタルのほうがお得だといえるでしょう。

ベビーカー一体型チャイルドシートで家族でのドライブをもっと楽しもう

海岸線をドライブ
ベビーカーと一体型のチャイルドシート、トラベルシステムは、赤ちゃんとのお出かけをするときにとても便利なアイテムです。

お店へ買い物に行くときや、保育園への送り迎え、帰省のときにも活躍するでしょう。

ただし、自分の住環境やライフスタイルに合っていなければ、ムダな買い物にもなりかねません。

今回紹介した、トラベルシステムを選ぶポイントやおすすめの商品を参考に、どの商品がいいのか考えてください。

使い勝手のよいトラベルシステムを選ぶことで、家族でのドライブが快適に楽しめるでしょう。

この記事に携わったクリエイター

ユルマム公式ライター

女の子3人を育てるママ。
3人の子育てから得た経験からママたちの悩みに沿った記事を作っています。

ユルマム編集部
働くママ中心のプロの編集チームです。

子育て中だからこそ、悩んだり大変だったことを身に染みて感じています。
読者のみなさんと同じ視点で、「選ぶをちょっとラクにする」ために情報を発信中。

アイコンの「ゆるまろ」は雨の日に、編集部の前にいた「アイツ」
関西弁でしゃべる「ゆるまろ」は、いつしか編集部のご意見番に…。