赤ちゃんと出かけるときにベビーカーがあると、赤ちゃんを抱っこして大きな荷物を持つ必要がないので、お出かけがめちゃくちゃ楽になります。
しかし、いざベビーカーを選ぼうと思うと、種類の多さに驚くのではないでしょうか。

かくいう筆者も、ベビーカー選びに苦労しました。

ベビーカーが欲しくても、コンビ・アップリカ・ピジョンなどさまざまなメーカーが商品を出しており、自分にピッタリのベビーカーを選びきれません。

またベビーカーは決して安い商品ではないため、選ぶことに失敗して、後悔することだけは避けたいものです。

そこでこの記事では、新生児から使えるA型ベビーカーについて、自分にあった後悔しないベビーカーの選び方を紹介します。

そのうえで、編集部厳選のおすすめベビーカーを紹介するので、ベビーカー選びに悩んでいる方は必見ですよ。

人気のA型ベビーカー、B型とどう違う?いつからいつまで使える?

A型ベビーカーの使用期間
ベビーカーには、A型とB型があります。

新生児期から長く使える定番のベビーカーといえば、A型ベビーカーです。

まずはA型とB型の違いをみていきましょう。

A型ベビーカー B型ベビーカー
年齢 1ヶ月~最長48ヶ月 7ヶ月~最長48ヶ月
連続使用時間 2時間まで(7ヶ月以降、座った状態で使うときは1時間まで) 1時間まで
背もたれ角度 もっとも立てた状態で100度以上
もっとも倒した状態で150度以上 リクライニングしなくともよい
重さ 重め 軽め
値段 重め 軽め

参照:サイト:製品基準協会「ベビーカーのSG基準」

A型とB型のもっとも大きな違いは、使い始められる月齢です。

必要な機能が月齢によって異なるため、ベビーカーの機能にも差があります。

いっぽうで
「なぜA型が人気なの?」
「B型より高いけどA型ベビーカーを買わないとダメ?」
などと不安に思う方もいるでしょう。

まずはA型ベビーカーの特徴について、カンタンに解説します。

A型ベビーカーのメリット・デメリット

A型ベビーカーのメリットとデメリット
A型ベビーカーのメリットは、なんといっても新生児の時期から使えることです。

いっぽうでB型ベビーカーと比べると重くかさばり、値段が高くなりがちというデメリットもあります。

A型ベビーカーは首がすわる前の赤ちゃんを、寝かせたまま移動できるので、赤ちゃんの負担を少なくできるのがいいところです。

またお出かけ時に、赤ちゃんを抱っこして荷物をかつぐのは、産後まもないママにとっては、大きな負担になります。

ベビーカーがあれば、お出かけ時の負担を軽くできるのです。

「AB型ベビーカー」は「新基準A型」として分類されるように

もともと2000年ごろから、A型とB型のよいところをとった「AB型」とよばれるベビーカーが人気となりました。

そこで2004年にSG基準が改正され、AB型のベビーカーも「新基準A型」として、安全のため基準が設けられたようです。

つまりAB型ベビーカーは、現在のA型ベビーカーのことになります。

いつどんなベビーカーを買えばよいの?選び方のコツ

A型ベビーカーの選び方
A型とB型のベビーカーの大きな違いは、使い始めの月齢です。
それではどのタイミングで、どの型のベビーカーを買えばよいのでしょうか。

先輩ママをみると、大きく5つのパターンに分かれます。

賢い先輩ママがベビーカーを選んだ5つのパターン

  1. A型ベビーカーを新生児から使う
  2. B型ベビーカーを生後7か月から使う
  3. A型/B型ベビーカーを2台持ち
  4. ベビーカーなし
  5. A型はレンタル、B型は購入

自分にぴったりのベビーカーの選び方がどれなのか、先輩ママの体験談を参考に考えていきましょう。

1:A型ベビーカーを新生児から使う

新生児からベビーカーを使用する
新生児からA型ベビーカーを使うのは、産後すぐのママにとって、おでかけの負担を減らせるメリットがあります。

1ヶ月検診から3歳ごろまで、長く使えますよ。

先輩ママたちの体験談を見ていきましょう。

体験談:夏の暑い時期に抱っこだけはツラいから、生後1ヶ月からベビーカーを使っています。

抱っこ紐だけだったら、あせもがすごかったかもしれない。

体験談:A型のベビーカーをずっと使っているけど、重いしかさばるんだよね。

わが子が大きくなるにつれてB型がうらやましくなったけど、もったいないから使い続けたよ。

※2019年7月ユルマム調べ

A型ベビーカーはB型と比べると、重く大きい傾向です。

とはいえ長く使えるので、そのまま使うママも多いようですね。

2:B型ベビーカーを生後7か月から使う

7か月からベビーカーを使う
赤ちゃんの腰がすわってから、B型ベビーカーを購入するママもいます。

それまでは抱っこ紐でがんばるケースが多いようです。

体験談:どうせ赤ちゃんを連れてそんなにお出かけしないから、B型から使いだしたよ。

私の場合、抱っこひもスタイルが意外とラクだったし、ちょうど赤ちゃんが重くなるころが、B型のころだったのでタイミングがよかったかも。

体験談:地方だとクルマ移動ばかりだから、ベビーカーがなくても困らなかったよ。もし都会で歩きが多かったら、A型ベビーカーを買っていたと思う。

※2019年7月ユルマム調べ

主な移動手段が車だと、ベビーカーを使う機会も少ないので、B型からのベビーカーデビューでもいいかもしれませんね。

3:A型/B型ベビーカーを2台持ち

A型を使ったあとに、B型を購入する方もいます。

体験談:両対面でシートやクッション性を重視したら、意外と走行性が悪くて…B型のタイミングでエアバギーに買い換えました。

出費は痛いけど…赤ちゃんのためにA型ベビーカーを使った、低月齢の時期は後悔していません。

体験談:A型のベビーカーを使っていたけど、もっと気軽手早くに使えるB型も買いました。
二人目を希望しているし、両方あってもいいかな…と思って。

でも、ぶっちゃけ置き場所がないと困ると思うから、A型は売っちゃってもいいかなーと思っています…。

※2019年7月ユルマム調べ

A型ベビーカーに求めるものと、B型ベビーカーに求める機能が違ったときに、購入するママもいます。

ふたり目を希望するなら、アリかもしれませんね。

4:A型はレンタル、B型は購入

b型ベビーカー売り場
A型が必要な期間は短いので、レンタルで済ませてからB型を購入する方もいます。

体験談:
A型はレンタルして、B型だけ購入するパターンにしました。

A型を4ヶ月レンタルして、B型を買ったんだけどA型+B型を買うよりも安くついたのでオトクだったかも♡

※2019年7月ユルマム調べ

賢く使えば節約できますが、レンタル期間が長引けば、出費は大きくなりがちです。

計画的にレンタルしましょう。

5:ベビーカーなし

赤ちゃんを抱っこしてお出かけするママ
いっそベビーカーを買わない!という方もいました。

体験談:出歩く機会が少ないならありかも…と思って買わなかったけど、抱っこひもだけで子育てを乗り切るのはかなりキツイ

重くなってきたころがしんどすぎる。

※2019年7月ユルマム調べ

結構しんどいようですね。

買い物+赤ちゃん+ママバッグは、ベビーカーなしだとかなり大きな負担になります。

たしかにベビーカーを買わないと、使うお金も減りますが、その分体力的な負担が大きくなることも視野に入れておくといいですね。

レンタル、中古はOK?予算はどのくらい安くなるの?

インターネットでリサーチ

出産前後は出費がかさむため、ベビーカーの費用を安くおさえたい方は多いのではないでしょうか。

価格が気になる方にとって、レンタル中古品は、節約できて魅力的な選択肢です。

いっぽうでベビーカーには、大切な赤ちゃんを載せるので、安全面の確認が難しいことがデメリットです。

レンタルや中古のベビーカーを使う場合は、下記のチェックが必要です。

中古やレンタルをするときのチェック項目

  • ベビーカーの留め具やブレーキなどの効き具合を確かめる
  • ベビーカーの製造年を調べる
  • 販売店が行っているメンテナンスの口コミ評価をあらかじめ調べる

中古品の場合、オークションや個人の中古販売などでは、安全性がわかりにくいので、編集部としてはおすすめできません。

レンタルショップ・中古ショップであれば、どのようなメンテナンスをしているか確認しましょう。

安くてもすぐ飛びつかずに、子どもの安全を守るために、チェックする部分はしっかり確認しましょう。

A型ベビーカーを選ぶ6つの基本ステップ

A型ベビーカー選び方のポイント
A型ベビーカーの一般的な特徴について、紹介しました。

しかしいざベビーカーを購入するとなると、たくさんのなかから、自分にぴったりのベビーカーを選ばないといけません。

どの商品を選ぶか迷ったら、まずは下記のポイントが自分の生活スタイルにあうか確認していきましょう。

  1. サイズ:玄関や車のスペースを考える
  2. 重さ:公共交通機関・階段があるなら軽いほうがいい
  3. 機能性:赤ちゃんに必要な機能
  4. 価格:機能と価格のバランスをとる
  5. 走行性:ママが片手で操作できる動きやすさ・運びやすさ
  6. トラベルシステム:車をよく使うなら検討しても

【1:サイズ】玄関や車のトランクの広さにあわせた選択を

ベビーカーをたたんで車に乗せるママまずはベビーカーをしまう場所の大きさを、確認します。

「ベビーカーが大きすぎて入らない!」なんてことになりかねません。

  • 玄関ドアの幅
  • 玄関スペースの広さ(ベビーカーを置く場所)
  • 車のトランクルームの大きさ
  • 駅の自動改札

上記はベビーカーのサイズを考えるときに、確認したい場所の一例です。

車や玄関には、ベビーカー以外の物も入れます。

そのため、ベビーカーを置いても余裕があるようにする必要があるのです。

あらかじめスペースを考えて、見合ったサイズのベビーカーを選びましょう。

ポイント

  • 玄関が狭かったり、車が大型でない場合は、コンパクトさが大切

【2:重さ】階段を使うのなら軽量重視

玄関前の階段
都心部に住んでいる方はとくに、ベビーカーの重さを確認しましょう。

市街地での移動は、バスや電車などの公共交通機関を使う方が多く、ベビーカーを持ち上げることも多々あります。

ベビーカーを持ち上げる動作は、想像以上に体力がいります。

また自宅玄関まで階段を使う場合は、赤ちゃんと荷物・ベビーカーを持って登りお降りをするので、かなりの負担になりかねません。

自宅に階段があったり、公共交通機関をよく使う方は、なるべく軽いものを選ぶと、細かな移動がラクになりますよ。

ポイント

  • 自宅に階段があったり公共交通機関をよく使う方は軽量が◎

【3:機能性】赤ちゃんに嬉しい機能がついているか確認

ベビーカーの便利な機能
赤ちゃんが快適に過ごせるように、各社機能性の高いベビーカーを作っています。

一例ですが、下記の機能があるとうれしいですね。

  • サスペンション:地面からの衝撃を吸収して振動を減らす
  • 大型タイヤ:走行性をよくし衝撃を減らす
  • 洗えるシート:清潔に保てる
  • ハイシート:地面から高いためホコリや熱から守る
  • 大きな幌:紫外線や暑さより赤ちゃんを守る
  • ヘッドサポート:頭を守る
  • フルリクライニング:気道を圧迫しないで寝かせられる

月齢によっては不要な機能もあるので、いつから使うか、どういう機能があればよいかをある程度絞れるといいですね。

ポイント

  • 使うシーンを想像して、最低限欲しい機能を決める

【4:価格】予算に収まるかチェック!

予算内で購入
A型ベビーカーは、安いもので2~3万、高機能なものだと8~10万です。

4~7万円くらいの価格帯が多く売れているようですが、ベビーカーは決して安くない買い物といえるでしょう。

安いベビーカーは、その分機能が限定される傾向にあります。
しかし高機能すぎても、人によっては必要ない機能があることも。

自分にとって譲れない条件と、価格が折り合うベビーカーを選びましょう。

ポイント

  • 価格と機能が折り合うかをチェック

【5:走行性】ママが片手で操作できる動やすさ・運びやすさ

ベビーカーの走行性
走行性・操作性がいいかは重要なポイント。

ベビーカーは毎日使う生活必需品です。

いくら軽くて安くても、使いにくければママやパパの負担になります。

  • タイヤが安定して走れるか
  • 砂利道のような悪路や、点字ブロックでガタガタしすぎないか
  • 小回りの利きやすさ
  • パパやママにとって押しやすい高さ

時間に余裕があれば、あらかじめいくつかの商品に目星をつけ、店舗で実際に押してみるとよいですね。

ポイント

  • 公園(舗装されていないことが多い)によく行きたいなら走行性を重視

【6:トラベルシステム】ベビーカーとチャイルドシートをドッキングできる

トラベルシステム
最近はチャイルドシートを、ベビーカーに付けられるトラベルシステムもあります。

寝ている赤ちゃんを起こすことなく、ベビーカーから車に載せ替えられるのです。

ベビーキャリーとして赤ちゃんを運んだり、お部屋に寝かせることもできるので、かなり便利に使えます。

車の利用が多い方は、検討してもよいでしょう。

オススメA型ベビーカー診断

それでは、自分にピッタリのベビーカーを選ぶために、診断してみましょう!

Q1
ベビーカーは低月齢から使いたいですか?

特徴別おすすめA型ベビーカー

おすすめのベビーカー
自分にピッタリのA型ベビーカーを選ぶために、タイプを考えましょう。

  1. サイズ:玄関や車のスペースを考える
  2. 重さ:公共交通機関・階段があるなら軽いほうがいい
  3. 機能性:赤ちゃんに必要な機能
  4. 価格:機能と価格のバランスをとる
  5. 走行性:ママが片手で操作できる動きやすさ・運びやすさ
  6. トラベルシステム:車をよく使うなら検討しても

ライフスタイルに合わせて選ぶのがコツですよ。

【軽量&コンパクト】A型ベビーカー5選

まずは軽量でコンパクトなベビーカーを紹介します!

軽い順で順位を付けたので、ご確認ください。

5位:BABYZEN yoyo+0+&6+

Babyzen YoYo 0+ and 6+ White/Taupe by Baby Zen

Babyzen YoYo 0+ and 6+ White/Taupe by Baby Zen

156,070円(08/25 14:51時点)
Amazonの情報を掲載しています
対象月齢 0ヶ月~3歳頃まで
サイズ 【開】W44×D86×H106cm
【閉】W44×D18×H56cm
自動改札を通れる 44cm
畳んだときに自立
軽さ 0+:6.4kg
6+:5.8kg
ハンドルの高さ 106cm
リクライニング角度 140度
座面の高さ 40cm
両対面式 両対面式
ロック機能
走行性能
  • サスペンション
  • 4輪エアレスタイヤ
シートの洗濯
オプション
  • レインカバー(付属品)
  • 収納バッグ(付属品)
  • トラベルシステム
  • カップホルダー
  • フットマフ
  • バッグ
  • トラベルバッグ
  • ボード
  • レッグレスト
  • 専用パラソル
カラーバリエーション 布部分

  • ブルー
  • ブラック
  • グレー
  • ベージュ
  • ジンジャー
  • レッド
  • ペパーミント
  • Air France
  • アクア
  • トフィ
  • フレーム
  • ブラック
  • ホワイト

参照:サイト:T-REX「YOYO+0+&6」

フランスから上陸した、画期的なベビーカーです。

おもちゃのヨーヨーで遊ぶように、簡単に3つに折りたためます。

折りたたむとトートバッグ程度のコンパクトサイズなので、飛行機の機内持ち込みがOKな大きさです。

空港で荷物検査のあとに、赤ちゃんをベビーカーで運べるのは助かりますね。

カラーも豊富で、10種類のカバーだけでなくフレームもブラック・ホワイトから選べます。
自分好みの1台となるでしょう。

座面シートが2種類あり、新生児から・6ヶ月からそれぞれ使用できます。

新生児から使用するタイプは、日本のメーカーのベビーカーと比べると少し値段が高く、ほかの軽量ベビーカーより重いのがデメリットかもしれません。

コンパクトで、他にないお気に入りの1台を見つけたい人にオススメです。

4位:ピジョン パタン

対象月齢 1~36ヶ月
サイズ 【開】W48.2×D40×H79cm(フロントガードあり)
W48.2×D39×H66.7cm(フロントガードなし)
【閉】 W48.2×D75×H103cm
自動改札を通れる 48.2cm
畳んだときに自立
軽さ 4.7kg
ハンドルの高さ 103 cm
リクライニング角度 115~165度
座面の高さ 53cm
両対面式
ロック機能
走行性能
  • 後輪シングルタイヤ
シートの洗濯
オプション
  • レインカバー
カラーバリエーション
  • モッズカーキ
  • インディゴデニム
  • グリーンドット
  • クラシックデニム(ベビーザらス限定モデル)

参照:サイト参照:ピジョン「PATTAN」

グッドデザイン賞を受賞した、片手でコンパクトにたためるベビーカーです。

たたむと、ショルダーバッグやキャリーバッグのように運べます。

たたんだ後はコンパクトに自立するので、電車移動に便利です。
また、車のトランクにもすっぽり収納できる大きさなので、持ち運ぶシーンでストレスを感じにくいのが特徴。

ベビーカーを使って電車やバスなどの公共交通機関をよく使う人にオススメです。

3位:コンビ メチャライト NH

対象月齢 1〜36ヶ月頃
サイズ 【開】W48×D81~90×H99.5~103cm
【閉】cmW48×D34.5×H97.5
自動改札を通れる 48cm
畳んだときに自立
軽さ 4.6kg
リクライニング角度 125~170度
座面の高さ 53cm
幌の大きさ ビッグサンシェード
両対面式 両対面式
ロック機能
走行性能
  • 4輪ソフトサスペンション
  • 14cmダブルホイール
シートの洗濯
オプション
  • フットマフ
  • レインカバー
カラーバリエーション
  • グレー(GL)
  • ネイビー(NB)

参照:サイト:コンビ「メチャライト NH」

メチャライトは充実機能を残しつつ、4.6kgとかなり軽量なベビーカーです。

ワンタッチで開閉できるので、赤ちゃんを片手で抱っこしながらもベビーカーをたたんで持ち運べます。

タイヤが14cmと大きいので安定感があり、押しやすいのも嬉しいポイント。

軽量ベビーカーのなかでは、比較的走光性がいいのですが、走光性重視のベビーカーと比べると物足りないかもしれません。
実店舗で押し比べてみましょう。

持ち運びラクラクの充実機能ベビーカーをお探しの方にオススメです。

2位:コンビ スゴカル ハンディ エッグショック MK

対象月齢 1〜36ヶ月頃
サイズ 【開】W48.3×D74~88×H99.5~104cm
【閉】W48.3×D36.5×H97.5cm
自動改札を通れる 48.3cm
畳んだときに自立
軽さ 4.2kg
リクライニング角度 125~170度
座面の高さ 55cm
幌の大きさ ビッグサンシェード
両対面式 両対面式
ロック機能
走行性能
  • 4輪ソフトサスペンション
  • 14cmダブルホイール
シートの洗濯
オプション
  • フットマフ
  • レインカバー
カラーバリエーション
  • ブルー(BL)
  • ネイビー(NB)

参照:サイト:コンビ「スゴカル ハンディ エッグショック MK」

生まれたての赤ちゃんの頭をそっと包むように、振動や衝撃から守るエッグショック搭載の超軽量ベビーカーです。

3mから卵を落としても割れないくらい衝撃を吸収するエッグショックは、コンビのベビーカーならではの機能。

軽量ベビーカーあるあるですが、子ども乗せずに重い荷物を持ち手のバーに引っ掛けると、後ろに倒れやすいので注意しましょう。

振動や衝撃による赤ちゃんへのストレスを軽減し、軽量で持ち運びやすいベビーカーをお探しの方にオススメです。

1位:アップリカ カルーンエアー AB

対象月齢 1〜36ヶ月
サイズ 【開】W45.5×D81.5~98.5×H100~103.5cm
【閉】W45.5×D30.5×H96.2cm
自動改札を通れる 45.5cm
畳んだときに自立
軽さ 3.9kg
ハンドルの高さ 102cm
リクライニング角度 121~157度
座面の高さ 52cm
幌の大きさ カプセルマルチフード
両対面式 両対面式
ロック機能
走行性能
  • ダブルタイヤ
  • ワイドタイヤ
シートの洗濯
オプション
  • レインカバー
  • シートマット
  • フットマフ
  • ハンドマフ
カラーバリエーション
  • カラフルストライプ BK
  • カラフルドット NV
  • チェックグリーン GN
  • チェックレッド RD
  • ブルーウォーター NV(アカチャンホンポ限定モデル)
  • futafuta ネイビー NV(バースデイ限定モデル)

参照:サイト:アップリカ「カルーンエアー AB」

とにかく軽い3.9kgのベビーカーです。

ハイシートとWサーモメディカルシステムで地面からの熱を反射し、カットします。

ゆれぐらガードで、デコボコ道の振動を減らし、押しやすいのが特徴です。

ただしタイヤが大きくどっしりとしたベビーカーと比べてしまうと、押し心地も乗り心地もあまりよくはありません。

軽量で持ち運びやすいので、階段をよく利用する人はもちろん、車での移動メインの方や、セカンドベビーカーにもオススメです。

【軽量&コンパクト】A型ベビーカー比較

1位 2位 3位 4位 5位
商品名 アップリカ カルーンエアー AB コンビ スゴカル ハンディ エッグショック MK コンビ メチャライト NH ピジョン パタン BABYZEN yoyo+0+
画像

Aprica(アップリカ) 軽量ハイシートベビーカー カルーンエアーAB (karoon air AB) カラフルストライプ BK 2...

コンビ スゴカル ハンディ エッグショック MK SG基準適合 ブルー 1か月~

コンビ ベビーカー メチャライト NH ネイビー (NB) 生後1カ月~36カ月頃まで対象 SG基準適合

ピジョン Pigeon パタン PATTAN モッズカーキ 重量4.7kg 1ヵ月頃から 片手でのカンタン操作でスマートに折...

Babyzen YoYo 0+ and 6+ White/Taupe by Baby Zen

重さ 3.9kg 4.2kg 4.6kg 4.7kg 6.4kg
畳んだサイズ W45.5×D30.5×H96.2 W48.3×D36.5×H97.5 W48×D34.5×H97.5 W48.2×D75×H103 W44×D18×H56
自動改札
両対面
自立

【お手頃2万円前後】のA型ベビーカーおすすめ3選

手に入れやすいお手頃価格ということで、2万円以下で入手できるベビーカーをランキングにしました!

3位:GracoシティライトRアップ

対象月齢 1~36ヶ月
サイズ 【開】W46×D82〜89×H95〜99.5cm
【閉】W46×D35.5×H96.5cm
自動改札を通れる 46cm
畳んだときに自立
軽さ 4.8kg
リクライニング角度 135~160度
座面の高さ 52cm
幌の大きさ フルカバー
両対面式 両対面式
ロック機能
走行性能
  • 大型タイヤ
シートの洗濯
オプション
  • シートライナー
  • レインカバー
カラーバリエーション
  • ボーダー
  • トリコロール
  • ギンガムチェック(販売店限定モデル)
  • ミルキーウェイ(ベビーザらス、トイザらス限定モデル)

参照:サイト:GRACO「シティライトRアップ」

軽量でお手頃価格のベビーカーですが、大容量の収納力が魅力です。

赤ちゃんとのお出かけは荷物が多くなりがちですよね。
シティライトは、シート下の収納が3リットルとかなり大容量なので、重たい荷物はたくさん入れてお出かけできます。

ハイシートタイプなので、地面の熱から遠く、赤ちゃんの安全性も高いといえるでしょう。

防寒・雨よけになる収納式足カバーは、シート下からサッと取り出せていつでも使えます。

大収納でお手軽価格のベビーカーをお探しの方にオススメです。

2位:ココロンライト

A型軽量ベビーカー ココロン ライト ブラック

A型軽量ベビーカー ココロン ライト ブラック

14,800円(08/25 20:25時点)
Amazonの情報を掲載しています
対象月齢 1~36ヶ月
サイズ 【開】W48×D81~90×H99.5~103cm
【閉】W48×D34.5×H97.5cm
自動改札を通れる
畳んだときに自立
軽さ 4.6kg
座面の高さ 53cm
幌の大きさ ビッグサンシェード
両対面式 両対面式
ロック機能
走行性能
  • 4輪ソフトサスペンション
  • 大型タイヤ
シートの洗濯
カラーバリエーション
  • ブラック
  • ネイビー

参照:サイト:ORANGE-BABY(花岡商店)「ココロン」

シートを丸洗いできる、お手頃価格のベビーカーです。

洗濯機で洗えるので、いつでも清潔を保てます。

大きな幌で赤ちゃんを紫外線から守り、地面から高いハイシートなので、夏のお出かけも安心ですね。

1位:カトージ ジョイー エアスキップ

ジョイー Joie ベビーカー エアスキップ ブラックインク 41641

ジョイー Joie ベビーカー エアスキップ ブラックインク 41641

14,800円(08/25 20:25時点)
Amazonの情報を掲載しています
対象月齢 1ヶ月から体重15kg(36ヶ月頃)
サイズ 【開】W46xD84xH100cm
【閉】W46xD37xH100cm
自動改札を通れる 46cm
畳んだときに自立
軽さ 4.4kg
ハンドルの高さ 98cm
リクライニング角度 130度~170度
座面の高さ 47~51cm
両対面式
ロック機能
走行性能
  • サスペンション
シートの洗濯
オプション機能 記載なし
カラーバリエーション
  • ブラックインク
  • ネイビー

参照:サイト:カトージ「ジョイー エアスキップ」

A型ベビーカーの使いやすさと、B型ベビーカーの持ち運びやすさという、イイトコドリをしたバギーです。

赤ちゃんが途中で寝てしまっても、フルフラットに近い状態で寝かせられるため、赤ちゃんの負担を少なくできます。

大きなホロが付いているので、赤ちゃんを夏の紫外線から守れるので安心ですね。

生後1ヶ月から使用可能ですが、セカンドベビーカーとしてもオススメです。

【お手頃2万円前後】A型ベビーカー比較

1位 2位 3位
商品名 カトージ ジョイー エアスキップ ココロンライト GracoシティライトRアップ
画像

ジョイー Joie ベビーカー エアスキップ ブラックインク 41641

A型軽量ベビーカー ココロン ライト ブラック

GRACO (グレコ) 軽量ハイシートベビーカー シティライトRアップ ボーダーBK 【足カバー付 & 大型ワイドタイ...

重さ 4.4kg 4.6kg 4.8kg
畳んだサイズ W46xD37xH100 W48×D34.5×H97.5 W46×D35.5×H96.5
自動改札
両対面
自立

【走行性重視】取り回しのいいA型ベビーカー4選

走行性が抜群にいいベビーカーは、お出かけが楽しくストレスフリーになります。

ちょっとした段差やガタガタ道でも、スムーズに動けるベビーカーを紹介します!

4位:ピジョン パルスキップ

対象月齢 1〜36ヶ月まで
サイズ 【開】W55×D75×H115cm
【閉】W55×D42×H82cm(フロントガードあり)
W55×D42×H68cm(フロントガードなし)
自動改札を通れる 55cm
畳んだときに自立
軽さ 7.1kg
ハンドルの高さ 101cm
リクライニング角度 110度〜170度
座面の高さ 54cm
幌の大きさ 00cm
両対面式
ロック機能
走行性能
  • エアタイヤ
  • シングルタイヤ
  • 大型タイヤ
シートの洗濯
オプション機能
  • 専用空気入れ(付属品)
  • レインカバー
カラーバリエーション
  • オリビアネイビー
  • バネッサレッド
  • グレイシーグレー

参照:サイト:ピジョン「パルスキップ」

3輪ならではの安定感があり、操作性抜群のベビーカーです。

使用しているエアタイヤは、クッション性が高く、太く安定感があります。

振動が少ないため、赤ちゃんにとって乗り心地がよく、ママは押しやすいのが特徴です。

タイヤに空気を入れる手間はありますが、標準装備で専用空気入れが付いています。

3輪エアタイヤベビーカーとしては軽いタイプですが、ママが赤ちゃんを抱っこしながら、ベビーカーを持ち運ぶには重く感じるかもしれません。

乗り心地・操作性がよく、コンパクトにたためるベビーカーをお探しの人にオススメです。

3位:カトージ ジョイー ライトトラックス エア

対象月齢 1~36ヶ月
サイズ 【開】W53×D91×H103cm
【閉】W53×D28.5×H85cm
自動改札を通れる 53cm
畳んだときに自立
軽さ 10.1kg
ハンドルの高さ 103cm
リクライニング角度 120度〜160度
座面の高さ 45cm
幌の大きさ 00cm
両対面式
ロック機能
走行性能
  • 大型エアタイヤ
  • 前輪サスペンション
  • 前輪ダブルタイヤ
シートの洗濯
オプション機能
  • レインカバー(付属品)
  • トラベルシステム
  • ドリンクホルダー
  • シートマット
  • ブックボード
カラーバリエーション
  • カーキ
  • クロム

参照:サイト:カトージ 「ジョイー ライトトラックス エア」

小回りがきいて押し心地が軽く、段差もラクラク押せるベビーカーです。

前輪はダブルタイヤ・後輪はエアタイヤを使っており、それぞれの特徴をイイトコドリしています。

前輪は、ダブルタイヤで安定感抜群、パンクレスタイヤなので耐久性に優れています。

しっかりとした作りで重たいので、バスや電車移動がメインでベビーカーを何度も上げ下げする人には向いていないかもしれません。

持ち運ぶには重さを感じますが、長距離ベビーカーで移動することが多い人にオススメです。

2位:アップリカ スムーヴ AC

対象月齢 1~36ヶ月
サイズ 【開】W55×D88.5×H112cm
【閉】W55×D43.5×H90cm
自動改札を通れる 55cm
畳んだときに自立
軽さ 9.0kg
ハンドルの高さ 100cm
リクライニング角度 120~170度
座面の高さ 58cm
両対面式
ロック機能
走行性能
  • メンテナンスフリータイヤ
  • 前輪360度回転
  • 大型タイヤ
シートの洗濯
オプション機能
  • トラベルシステム
  • ドリンクホルダー
  • フットマフ
  • ハンドマフ
  • レインカバー
  • メッシュカバー
  • シートマット
カラーバリエーション
  • ストライドレッドプラス RD
  • ネイビードット NV
  • オリーブストライプ GN
  • ストライドブラウンプラス BR
  • ピンク PK
  • ブラックアイボリー BK

参照:サイト:アップリカ「スムーヴAC」

メンテナンスフリータイヤでお手入れラクラク、振動を吸収するベビーカーです。

前輪は360度回転するので、操作性抜群。

デコボコ道も段差も、スムーズに走行できます。

走行性重視でしっかりとした作りのため、持ち上げるのは難しいかもしれません。

多少重さはありますが、ストレスフリーな操作性を味わいたい人にオススメです。

1位:エアバギー ココブレーキEXフロムバース

対象月齢 0~36ヶ月
サイズ 【開】W53.5×D96×H104.5cm
【閉】W53.5×D40×H82cm
自動改札を通れる 53.5cm
畳んだときに自立
軽さ 9.5kg
ハンドルの高さ 99cm
リクライニング角度 115度〜155度
座面の高さ 44cm
幌の大きさ UVカットキャノピー
両対面式
ロック機能
走行性能
  • エアチューブタイヤ
  • 小回りの利く三角構造
シートの洗濯
オプション機能
  • レインカバー(付属品)
  • エアポンプ(付属品)
  • ドリンクホルダー(付属品)
  • リストストラップ(付属品)
  • ストローラーマット
  • ヘッドサポート
  • ストローラーマット ネオ3Dハイブリッド
  • サンシェード
  • ストローラーカバー
  • ベビーカー用バッグ
  • ツーウェイボード
  • イーバギーハンドル
  • トラベルシステム
カラーバリエーション
  • EARTH BLACK
  • EARTH BROWN
  • EARTH BLUE
  • EARTH SAND
  • EARTH GREY

参照:サイト:エアバギー「ココブレーキEXフロムバース」

生まれてすぐから使える3輪ベビーカーで、走行性が抜群によいのが特徴です。

フルフラットにもできるので、新生児から使えます。

手元にはハンドブレーキ、足元にはフットブレーキが付いているので安心です。

乗り心地と押しやすさにこだわっているので、タイヤはエアチューブタイヤで、小回りのきく構造になっています。

デメリットは重さです。
車に積むなど持ちあげる場合は、重さを感じるかもしれません。

安全性が高く、乗り心地と押しやすにこだわったベビーカーをお探しの人にオススメです。

【走行性重視】A型ベビーカー比較

1位 2位 3位 4位
商品名 エアバギーEXフロムバース アップリカ スムーヴ AC カトージ ジョイー ライトトラックスエア ピジョン パルスキップ
画像

エアバギー AirBuggy ココ ブレーキ エクストラ フロムバース アースグレイ A型 3輪ベビーカー 新生児から...

アップリカ(Aprica) 3輪 ハイシート ベビーカー Smooove AC スムーヴ ストライドブラウンプラスBR

Joie(ジョイー) 三輪ベビーカー ライトトラックス エア クロム 1か月~ 41643

ピジョン パルスキップ 三輪ベビーカー グレイシーグレー 1か月~

重さ 9.5kg 9.0kg 10.1kg 6.7kg
畳んだサイズ W53.5×D40×H82 W55×D43.5×H90 W53×D28.5×H85 W55×D42×H68cm
自動改札
両対面
自立

【高性能】機能性重視のA型ベビーカー4選

機能性&安全性の高いベビーカーを選びたい方に、4つの人気ベビーカーを紹介します。

4位:アップリカ オプティアクッション

対象月齢 1~36ヶ月
サイズ 【開】W51.7×D87~94×H101~104cm
【閉】W51.7×D41×H94~102.7cm
自動改札を通れる 51.7cm
畳んだときに自立
軽さ 6.9kg
リクライニング角度 111度~156度
座面の高さ 54cm
幌の大きさ UVカットキャノピー
両対面式 両対面式
ロック機能
走行性能
  • ダブルサスペンション
  • オート4輪
  • 大型タイヤ
シートの洗濯
オプション機能
  • フットマフ
  • ハンドマフ
  • レインカバー
  • シートマット
  • オールシーズンブランケット
カラーバリエーション
  • ブラック BK
  • ブルー ウォーター NV
  • シー モス GN
  • マスタード ゴールド YE
  • ブラック モザイク BK(赤ちゃんデパート水谷限定モデル)

参照:サイト:アップリカ「オプティアクッション」

成長が著しい赤ちゃんのカラダの成長に合わせて、シートが3段階に変化します。

いつも理想的な姿勢で座れるので、赤ちゃんも過ごしやすいでしょう。

いつでも子どもが座りやすいように作られているので、ベビーカーを買い換える予定のない人にオススメです。

3位:コンビ AttO type-S

対象月齢 1~36ヶ月頃
サイズ 【開】W51×D85~89×H110cm
【閉】W51×D45~70×H78~96cm
自動改札を通れる 51cm
畳んだときに自立
軽さ 7.1kg
ハンドルの高さ 88.5cm
リクライニング角度 110~160度
座面の高さ 61cm
幌の大きさ ビックサンシェード
両対面式 両対面式
ロック機能
走行性能
  • サスペンション
  • オート4輪
  • 18cm大型フロントタイヤ
  • クイックアクションフレーム
シートの洗濯
オプション機能
  • ドリンクホルダー
  • フットマフ
  • レインカバー
  • ポーチなど
カラーバリエーション
  • トパーズイエロー(YE)
  • アルティメットオレンジ(OR)
  • ローマングレー(GL)

参照:サイト:コンビ「AttO type-S」

コンビ史上最高となる、座面が61cmのハイシートベビーカーです。

地熱や舞い上がるホコリから赤ちゃんを遠ざけ、ママとの距離を近づけるのが特徴です。

前輪が18cmの大型タイヤで、しっかりとしたサスペンションがあることで、段差もラクラク押せす。

専用アクセサリーも充実しているので、使いやすく自分好みにカスタマイズするのもいいでしょう。

限定特別モデルは機能が充実していますが、多少高額なので、機能充実モデルやスタイリッシュモデルなども一緒に検討するといいかもしれません。

長時間ベビーカー移動をしたり、自宅付近に舗装されていない道などがある人にオススメです。

2位:ストッケ スクート2

対象月齢 1ヶ月~15kg
サイズ 【開】W55×D75×H111cmW55×D72×H32
【閉】cm
自動改札を通れる 55cm
畳んだときに自立
軽さ 12.8kg
ハンドルの高さ 00cm
走行時はハンドルを3段階に角度調節
リクライニング角度 000度
アクティブ、レスト、スリープの3段階にシートの傾きを調節
座面の高さ 55cm
幌の大きさ UPF 50+の大きなフード
両対面式 両対面式
ロック機能
走行性能
  • 360度回転する前輪
  • クッション性の高いタイヤ
シートの洗濯
オプション機能
  • モスキートネット(付属品)
  • レインカバー(付属品)
  • トラベルシステム
  • ニューボーンインサート
  • キャメリーコット
  • カップホルダーなど
カラーバリエーション 構成

  • ブラックメラーンジ
  • ブラック
  • グレーメラーンジ

カラー

  • オレンジ
  • ブルー
  • レッド
  • グリーン
  • ブラックメラーンジ
  • ブラック
  • グレーメラーンジ

参照:サイト:ストッケ「スクート2」

ストッケは、スタイリッシュでおしゃれなベビーカーです。

クッション性の高いタイヤにより、衝撃を低減し、スムーズに押せます。

レインカバーだけでなく、モスキートネットが付いているので暑い時期にも虫を気にせずお出かけできます。

カラーをはじめ、必要な付属品は自分でカスタマイズできるのが、ストッケのベビーカーの魅力です。

12.8kgと重いので、持ち運ぶのは難しいでしょう。

操作性&機能性が抜群で、自分だけのおしゃれなベビーカーをお探しの人にオススメします。

1位:ピジョンランフィRA9

ピジョン ランフィ Runfee RA9 シェリグレー 1か月~ (1年保証)

ピジョン ランフィ Runfee RA9 シェリグレー 1か月~ (1年保証)

58,318円(08/25 20:25時点)
Amazonの情報を掲載しています
対象月齢 1〜36ヶ月
サイズ 【開】W51.6×D83×H101.5cm(背面位)
W52.5×D94.5×H101.5cm(対面位)
【閉】W51.6×D38×H102.8cm
自動改札を通れる 51.6cm
畳んだときに自立
軽さ 5.4kg
ハンドルの高さ 101.5cm
リクライニング角度 100度~175度
座面の高さ 54.5cm
両対面式 両対面式
ロック機能
走行性能
  • スイング式サスペンション
  • ベアリング
  • 中空構造タイヤ
シートの洗濯
オプション機能
  • レインカバー
カラーバリエーション
  • アイリーレッド
  • シェリグレー
  • カリマネイビー

参照:サイト:ピジョン「ランフィRA9」

なめらかな押し心地に加え、肌さわりのいいシートで赤ちゃんの乗り心地も抜群のベビーカーで、とても人気があります。

ピジョンならではのシングルタイヤは、小回りがききスイスイ押すことができます。

シートは衝撃を和らげ、メッシュで通気性もよく、赤ちゃんが過ごしやすいシートです。

赤ちゃんが過ごしやすく、押し心地もいいベビーカーをお探しの方にオススメです。

【高性能】A型ベビーカー比較

1位 2位 3位 4位
商品名 ピジョンランフィRA9 ストッケ スクート2 コンビ AttO type-S アップリカ オプティアクッション
画像

ピジョン ランフィ Runfee RA9 生後1ヵ月頃~36ヵ月まで アイリーレッド 1か月~ (1年保証)

ストッケ スクート2 ベーシックキット グレーメラーンジ

コンビ ベビーカー AttO (アット) type-S SG基準適合 ネイビー 1か月~

アップリカ A形オート4輪ベビーカー オプティア クッション プレミアム Optia Cushion Premium NV サファイ...

重さ 5.4kg 12.8kg 7.1kg 6.9kg
畳んだサイズ W51.6×D38×H102.8 W55×D72×H32 W51×D45×H78 W51.7×D41×H94
自動改札
両対面
自立

【トラベルシステム】A型ベビーカー&チャイルドシートを探す方へのおすすめ3選

ベビーカーとA型チャイルドシートの購入を考えているなら、トラベルシステムもオススメ。

ひとつで、ベビーカー・チャイルドシート・キャリー・バウンサーの役割をできる優れものです。

3位:カトージ ライトトラックスエア+ベビーシートJuva

対象月齢 新生児~体重15kg
サイズ 【開】W53×D91×H103cm
【閉】W53×D28.5×H85cm
自動改札を通れる 53cm
畳んだときに自立
軽さ 10.3kg
ハンドルの高さ 103cm
リクライニング角度 120度~160度
座面の高さ 45cm
両対面式
ロック機能
走行性能
  • 前輪スイブルロック
  • 前輪:パンクレスタイヤ
  • 後輪:エアタイヤ
シートの洗濯
オプション機能
  • レインカバー(付属品)
  • トラベルシステム
  • ドリンクホルダー
  • フットマフ
カラーバリエーション
  • カモフラ
  • カシュー

参照:サイト:カトージ「ライトトラックスエア+ベビーシートJuva」

Joie ベビーシートJuva(ジュバ)を装着することで、車・ベビーカー・お部屋の移動がスムーズにできるベビーカーです。

Juva(ジュバ)の重量2.9kgなので、比較的軽く、赤ちゃんが乗ったままでも移動させやすくなっています。

軽量のトラベルシステムを利用したいと考えている人にオススメです。

2位:アップリカ スムーヴスマートブレーキAB


対象月齢 1~36ヶ月
サイズ 【開】W55×D88.5×H114cm
【閉】W55×D44.5×H89cm
自動改札を通れる 55cm
畳んだときに自立
軽さ 9.0kg
ハンドルの高さ 103cm
リクライニング角度 117度~151度
座面の高さ 58cm
両対面式
ロック機能
走行性能
  • メンテナンスフリータイヤ
  • 前輪360度回転
  • 大型タイヤ
シートの洗濯
オプション機能
  • トラベルシステム
  • ドリンクホルダー
  • フットマフ
  • ハンドマフ
  • レインカバー
  • メッシュカバー
  • シートマット
カラーバリエーション
  • ヘリンボーンローズ RD
  • ヘリンボーンガーデン GN
  • ボールドグリーン GN(限定モデル)

参照:サイト:アップリカ「スムーヴスマートブレーキAB」

万が一手が離れても、自動的に車輪がロックされる安心のベビーカーです。

ハンドルと一体化した操作バーを握ると動き、離すと止まります。

切り替えスイッチひとつで、普通のベビーカーのように走行することもできます。

通常は対面式にはできませんが、別売りのインファントカーシートを使用すれば、対面も可能です。

インファントカーシートは0ヶ月から使用でき、ベビーカーのみならずロッキングチェア・キャリー・チャイルドシートとしても活躍します。

トラベルシステムを考えていて、安心安全のベビーカーをお探しの方にオススメです。

1位:エアバギー ココプレミア フロムバース×マキシコシ


対象月齢 0ヶ月~4歳頃
サイズ 【開】W53.5×D96×H105.5cm
【閉】W53.5×D40×H82cm
自動改札を通れる 53.5cm
畳んだときに自立
軽さ 10.3kg
リクライニング角度 115〜155度
幌の大きさ 3 段階調節可能なサンキャノピー
座面の高さ 58cm
両対面式
ロック機能
走行性能
  • オフロードタイヤ
  • 前輪360度回転
  • 大型タイヤ
シートの洗濯
オプション機能
  • ストローラーマット
  • ヘッドサポート
  • ストローラーマット ネオ3Dハイブリッド
  • サンシェード
  • ストローラーカバー
  • ベビーカー用バッグ
  • ツーウェイボード
  • イーバギーハンドル
  • トラベルシステム
カラーバリエーション
  • EARTH BLACK
  • EARTH BRICK
  • EARTH BLUE
  • EARTH GREY

参照:エアバギー「ココフロムバース」マキシコシ「アクシスフィックス プラス」

走行性が抜群にいいベビーカーです。

トラベルシステムのマキシコシを装着することで、生後0ヶ月から対面式として使用できます。

ベビーカーに乗っている間に赤ちゃんが眠っしまっても、そのまま車に載せ替えられるので、ママのストレスがぐんと減るでしょう。

またお子さんが成長し、使わなくなったあとはシートを変えるだけで、ペットカート・ショッピングカートとして活躍します。

1台で形を変え、世代を変えて使い続けたい人にオススメです。

【トラベルシステム】比較

1位 2位 3位
商品名 エアバギー ココプレミア フロムバース×マキシコシ アップリカ スムーヴスマートブレーキAB カトージ ライトトラックスエア+ベビーシートJuva
画像

エアバギー AirBuggy ココ プレミア フロムバース アースグレイ A型 3輪ベビーカー 新生児から使用可能 メ...


マキシコシ 【日本正規品・条件付き無償交換保証あり】 チャイルドシート ペブルプラス スパークリンググレ...

アップリカ 3輪ベビーカー Smooove Smart Brake AB スムーヴスマートブレーキAB (自動安心ブレーキ・新生児...


Aprica (アップリカ) 新生児から5Wayで使えるインファントカーシート ミッドナイトサークルズ NV 【3輪ベビ...

【セット買い】トラベルシステム:3WheelベビーカーLiteTrax(選べる4色) + チャイルドシートJuva + i-Anc...

重さ 10.3kg 9.0kg 10.3kg
畳んだサイズ W53.5×D40×H82 W55×D44.5×H89 W53×D28.5×H85
自動改札
両対面
自立

まとめ:ベビーカーで子育てを楽しもう

ベビーカーでおでかけを楽しむ
A型ベビーカーについて、選び方とおすすめ商品を紹介しました。

  1. サイズ:玄関や車のスペースを考える
  2. 重さ:公共交通機関・階段があるなら軽いほうがいい
  3. 機能性:赤ちゃんに必要な機能
  4. 価格:機能と価格のバランスをとる
  5. 走行性:ママが片手で操作できる動きやすさ・運びやすさ
  6. トラベルシステム:車をよく使うなら検討しても

ベビーカーは値段が比較的高く、毎日使うものなので、生活スタイルにあった商品を選ぶことがとても大切です。

絞ったなかから、自分の好きなデザインを選ぶと、失敗なく購入できますよ。

赤ちゃんだけでなくパパ・ママが快適にお出かけするために便利なのが、ベビーカーです。

自分たちにぴったりのA型ベビーカーを買いましょう。

※ユルマム調べ

  • 調査方法:インターネットを使用した調査
  • 調査期間:2019年7月12日~7月15日
  • 調査人数:100名
  • 調査対象:全国のベビーカーを購入したママ

ユルマム公式マークアップエンジニア
一児のママという育児の経験を生かして、ユルマムの一員へ。
丁寧なサイト作りを手掛けています。
ちなみに画像は子供が描いてくれた似顔絵です。

ユルマム編集部は、働くママ中心の編集チームです。
子育て中だからこそ、悩んだり大変だったことを身に染みて感じています。
読者のみなさんと同じ視点で、「選ぶをちょっとラクにする」ために情報を発信中。