「2歳になったらチャイルドシートからジュニアシートへ切り替えるべき?」

「そもそもチャイルドシートとジュニアシートってなにが違うの?」

といった疑問を持つママが多いようです。
ここでは、チャイルドシートとジュニアシートの違いを理解したうえで、2歳ごろの子どもはどちらを使うべきなのか、またそれぞれどんな商品がオススメなのか、選び方までしっかり解説します。

この記事を読めば、今子どもに必要なシートはどれなのか解決しますよ!

チャイルドシートとジュニアシートの違い

チャイルドシートとジュニアシートの違い

ゆるまろゆるまろ

チャイルドシートとジュニアシートの違いを説明するで

どちらも子どもを車に乗せるときに必要なアイテムですが、子どもの年齢に応じて使い分けが必要なので、理解しておくといいですね。

ここでは、チャイルドシートとジュニアシートの特徴から、それぞれの違いについて解説します。

チャイルドシートの特徴

チャイルドシートは、一般的に1~4歳頃までの幼児用のものをさします。

とはいえ、最近ではロングユース仕様のシートが増えており、シートの着用を義務付けられた年齢まで使えるタイプもあります。

チャイルドシートは、肩ひもの長さを調整したり、ベッドタイプからイスに仕様変更できるなど、子どもの成長に合わせた使い方ができるのが特徴です。

自分で座れるようになった低年齢の子ども向けの前向きシートがチャイルドシートであると考えていいでしょう。

ジュニアシートの特徴

ジュニアシートは、一般的には3~10歳ごろまでの子ども用のものです。

ただしジュニアシートにもたくさんの種類があり、ものによっては1歳ごろから使える、チャイルドシートの機能を兼ね備えたタイプもあります。

ジュニアシートの特徴は、車のシートベルトを使用することです。

ジュニアシートに座らせることで子どもの座高をアップさせ、大人と同じようにシートベルトが使える状態にします。

対象年齢が幅広いので、年齢に合わせてヘッドレストや背もたれを取り外せるものや、最初からヘッドレストや背もたれのないものなど、さまざまなタイプがあります。

チャイルドシートとジュニアシートどちらがいいのか

2歳から使うチャイルドシートはどれか
ママたちの意見を聞いていると、2歳ごろを目安にジュニアシートに切り替えているという声があがっていました。

とはいえ、チャイルドシートはまだまだ使えるし、本当にジュニアシートに切り替えるべきなのかと悩む人もいるでしょう。

安い買い物ではないので、慎重になりますよね。

これは一概にどちらがいいとはいえません。
なぜならそれぞれの家庭の状況によって違うためです。

子どもが成長してチャイルドシートに座るのを嫌がるようになったり、下の子が生まれる予定がある人は買い替えのきっかけとなるでしょう。

しかし、子どもが満足に座っている場合や出産の予定がないのであれば、使っているチャイルドシートの対象年齢になるまで使用して問題ありません。

このように家庭環境の変化や子どもの成長に応じて、どちらが適しているのかは異なります。

2歳から使うチャイルドシート・ジュニアシートの選び方

チャイルドシートとジュニアシートの選び方
ここでは、2歳から使用できるタイプのジュニアシートの選び方について紹介します。
2歳から使うチャイルドシートを選ぶ際は、以下の点に気をつけて選ぶといいでしょう。

  • 安全性の評価が高い
  • 年齢だけではなく子どもの体格に合っている
  • 機能面が優れている

それぞれについて詳しく解説しますね。

安全性の評価が高い

国交省認証マーク「Eマーク(ECE R44)」引用:国土交通省「安全なチャイルドシートの選び方」

まずなにより大切な点は、安全性の高い商品であるかどうかの確認です。

子どもが自分の力でベルトを外せないか、シートがきちんと固定できる仕様になっているのかなど確認しましょう。

また必ず確認するべき点が、国交省認証マークである「Eマーク(ECE R44)」がついているかどうかです。

オンラインショップで海外製品も買える時代なので、そういった製品には「Eマーク」がついていないこともあります。

この「Eマーク」がついていないシートを使用すると、交通違反になるので注意してください。

年齢だけではなく子どもの体格に合っている


チャイルドシートやジュニアシートを選ぶときには、対象年齢だけを確認するのではなく、子どもの体格にあっているのか試乗することをオススメします。

子どもの成長は個人差が大きく、同じ2歳児でも体の大きさがひとまわり違うなど、基準の年齢と体重が自分の子どもに当てはまらないことは多々あるでしょう。

そのため、年齢だけを見て購入すると「大きすぎた」「窮屈そう」なんてことも。

子どもの体にあったシートを使用しなければ、せっかく購入しても子どもの安全が確保できません。

また体格にあっていないと乗り心地もよくないので、子どもがシートに座らない可能性もあるでしょう。

チャイルドシートやジュニアシートを購入する際は、年齢よりも体重や身長で判断するといいですね。

機能面が優れている

ISO-FIX対応の座席
チャイルドシートやジュニアシートを選ぶときは、機能面が優れているものがオススメです。

とくにチェックしておきたい機能は以下のとおりです。

  • ISOFI×取り付けに対応しているか
  • シートが回転するか
  • リクライニング機能があるか
  • シートカバーの取り外しが簡単か(洗えるか)

ISOFI×(アイソフィックス)とは取り付け方法の種類で、金具に差し込むだけで簡単に設置できます。

ワンタッチで設置できるため、正しくより安全にシートを使えますよ。

ご自身の車がISOFI×に対応していることが前提になるので、一度確認しましょう。

またシートの回転機能があると子どもの乗せ降ろしが楽になり、リクライニング機能があると、子どもの成長にあわせて適切な角度に調節できます。

2歳の子どもはシートを汚しがちなので、簡単にシートを洗えると清潔に保てます。

ハイバックタイプとブースタータイプの違い


ジュニアシートが使える年齢になると、ハイバックタイプとブースタータイプの2種類のシートから選べます。

それぞれの違いについて、まずは下の表を確認してみてください。

ハイバックタイプ

コンビ チャイルドシート ジョイキッズ FJ レッド 3才~11才頃まで対象

コンビ チャイルドシート ジョイキッズ FJ

特徴背もたれがあり、子どもの体を包む椅子タイプ
メリット眠っても首が垂れにくい、シートベルトの調節が簡単、機能が充実
デメリット重い、高価、窮屈に感じることもある

ハイバックタイプは、チャイルドシートのように背もたれがあり、しっかりとした座席タイプのシートです。

子どもが眠っても首が垂れにくく、使い勝手もチャイルドシートに似ていますが、体の発育とともに、窮屈に感じる子どもも増えるようです。

ブースタータイプ

日本育児 ブースターEC フルーツバスケット ストロベリー 約幅41×高さ19×奥行38cm 6210013001 15kg~36kg対象 フルーツ柄のブースターシート

日本育児 ブースターEC

特徴背もたれがなく、座面をあげるための簡易なタイプ
メリット安い、軽い
デメリット首が固定されない、シートベルトの調節が必要

ブースタータイプはお尻の下に敷いて、座高を高くしシートベルトを締めやすくするためのシートです。

安くて軽くとてもお手軽ですが、大人と同じ状態でシートベルトをするだけなので眠ると首が垂れるので、車でよく眠る子には使いにくいかもしれません。

2歳から使用できるおすすめのジュニアシート5選

おすすめのジュニアシート
2歳から使用できるジュニアシートを5つ紹介します。

こちらで紹介するジュニアシートは、子どもが2歳の時点でジュニアシートを購入する必要があり、長く使いたい方向けの商品です。

ランキングは次の基準で選んでいます。

  • 安全性が高い
  • 長期間使える
  • 機能面

では5位からみていきましょう。

5位:アップリカ フォームフィット

価格35,000円(税抜)
サイズ幅44~48.5×奥行き51.8~58×高さ64.4~82.2(cm)
対象年齢1~11歳(体重9~36kg)
重量12.4kg
安全性ECE R44、安全評価試験「優」
バリエーションブラック、ブルー、レッド
取付方法ISOFI×

参照:アップリカ「フォームフィット」
ベビーアイテム老舗ブランドのアップリカの「フォームフィット」です。

取り付けが簡単なISOFI×対応のロングユースのジュニアシートといえば、「フォームフィット」しかないといっても過言ではありません。

最大の特徴は9段階のサイズ調節機能で、1~11歳まで長く使える点ですね。

安全性にはとくにこだわって作られているので、安全性評価試験では最高評価の「優」を取得しているので、安心して使えるジュニアシートです。

ロングユースだとサイズ調節が大変かなと思いますが、フォームフィットはひとつのレバーで座席の高さ・横幅・ハーネスの位置まで簡単に調節できます。

またリクライニング機能も兼ねそろえており、子どもが眠っても楽な姿勢が保てる工夫がある点も魅力でしょう。

ただ他のジュニアシートに比べて重さがあるため、頻繁な付け替えが想定される場合には、不向きかもしれません。

ゆるまろゆるまろ

長く使い続けたいという人にイチオシやで

4位:ジョイー エレベート

ジョイ―はイギリスのメーカーですが、日本ではカトージが正規代理店として扱っているブランドです。

エレベートは、月齢に応じてサイズ変更ができ、ブースタータイプとして使うこともできる点や4.6kgという軽さが特徴でしょう。

ジョイー Joie エレベート ツートンブラック 38601

ジョイー Joie エレベート ツートンブラック 38601

9,800円(01/19 01:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

価格12,800円(税抜)
サイズファースト/セカンドモード:幅49×奥行き50×高さ62~81(cm)
シートモード:幅46.5×奥行き40×高さ20.5(cm)
対象年齢1~12歳ごろ(9~36kg)
重量・ファースト:4.6kg
・セカンド:4.2kg
・シート:1.7kg
安全性ECE R44(欧州の最新安全規格)
バリエーションブラック、レッド
取付方法3点式シートベルト

参照:ジョイ―「エレベート」

エレベートは5点式のベルトなので、すぐにベルトから抜け出てしまう子どもにも安心して使うことができます。

リクライニング機能はありませんが、ドリンクホルダーが座面にくっついているので、座ったまま飲み物を取り出せるのが便利だという声もありました。

シートは取り外して、丸洗いできる点も2歳の子どものシートしてオススメな理由です。

ゆるまろゆるまろ

ひとつのシートでいろんな使い方がしたいならコレな

3位:ネビオ ポップピット

ネビオのポップピットは、3段階(チャイルドモード、ジュニアモード、ブースターモード)に調節ができるシートで、長く使えます。

ぐらつきが気になるシートベルトでの固定をさらに強化する滑り止めや、保温効果のあるドリンクホルダーもついていて、安心できる設計です。

価格7,255円(税抜)(2019年10月編集部調べ)
サイズ幅44×奥行き46×高さ67(cm)
対象年齢1~11歳ごろ(9~36kg)
重量4.8kg
安全性ECE R44
バリエーショントリコロール、レッドスター、ブラウン、レッド、ネイビースター、アメカジブルー、アメカジピンク、アメカジグレー、ホワイト、グレー
取付方法3点式シートベルト

参照:育児用品のネビオ公式通販サイト【ネビオ・オンライン】
ポップピットの大きな特徴は、機能性や安全面にくわえて、豊富なカラーバリエーションでしょう。

黒やシルバーなどオーソドックスなデザインが多いジュニアシートですが、カラフルでポップなデザインのものもあるので、車の内装や好みにあわせてデザインを選ぶことができますよ。

座席のクッション性が少ないので、やせ型の子どもはお尻が痛くなることがあるようですが、タオルや座布団を敷くといいようです。

ゆるまろゆるまろ

おしゃれでポップなデザインがええで

2位:グレコ エアーポップカラフルドット

グレコの「エアーポップカラフルドット」もオススメの商品です。

しっかりとしたジュニアシートでありながら軽量で、万が一のときの衝撃を吸収する3Dサポートクッション構造、そして長い期間つかえるようにヘッドサポートが5段階に高さ調節ができます。

価格14,500円(税抜)
サイズハイバック:幅44.2×奥行き41.3×高さ67.2~75.0(cm)
(ブースター)幅43.3×奥行き36.8×高さ22.0(cm)
対象年齢1~11歳ごろ(9~36kg)
重量5.2kg
安全性ECE R44
バリエーションカラフルドット、シンプルグレー
取付方法3点式シートベルト

参照:グレコ「エアーポップカラフルドット」

本体のいたるところにエアーホールがあるので、汗かきな子どもや長時間座っていても快適さを保てるようになっています。

シートは取り外して洗えるので、まだまだ食べこぼしや失敗の多い2歳の子どもが乗っても清潔さをキープできるでしょう。

子どものシートベルトの留め金が左右を合わせてから入れ込むという特殊な形をしているため、慣れるまでは難しいという意見もありますが、コツを掴めば簡単にできるようです。

ゆるまろゆるまろ

長距離移動や夏のおでかけが多いならコレええで

1位:コンビ ジョイトリップ エッグショック GG

編集部オススメ第1位は、コンビの「ジョイトリップ エッグショックGG」です。

子どもの座り心地だけでなく、隣の乗車する家族のことも考えられたジュニアシート。
1歳から11歳ごろまで長く使えて、子どもの成長に合わせてシートを変化させることができます。

価格27,000円(税抜)
サイズ幅44×奥行き45.0×高さ67.0(cm)
対象年齢1~11歳ごろまで(9~36kg)
重量5.3kg
安全性ECE R44
バリエーションネイビー、ブラック
取付方法3点式シートベルト

参照:コンビ「ジョイトリップエッグショックGG」

もしもの衝撃から赤ちゃんを守る「エッグショック」や、汗っかきな赤ちゃんが快適に過ごせる「ココチエアー」など、コンビならではの素材を使っている点が大きな特徴です。

子どもの快適さを優先しつつも、軽量でスペースもとりすぎないので、まわりの家族にとっても使い勝手のいいジュニアシートといえるでしょう。

子どもの乗り心地のよさを追求したい人や、車が小さくスペースをとられるのが嫌な人にもオススメしたい商品です。

シートは丸洗いできます。

2歳から使用できるおすすめのジュニアシート比較表

1位 コンビ2位 グレコ3位 ネビオ4位 ジョイ―5位 アップリカ
商品画像

コンビ チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ エッグショック S GG トリノブラック 1才頃~11才頃対象

GRACO (グレコ) ジュニアシート(チャイルド&ジュニア) エアポップ カラフルドットBK 【軽量コンパクトボデ...

ネビオ シートベルト固定 ジュニアシート ポップピット PoPPit ブラウン 12か月~

ジョイー Joie エレベート ツートンブラック 38601

アップリカ(Aprica) ISOFIXジュニアシート フォームフィット FormFit ラズベリーローズ RD 2022365

価格27,000円14,500円7,255円12,800円35,000円
サイズ44×45.0×67.044.2×41.3×67.2~75.044×46×6749×50×62~8144~48.5×51.8~58×64.4~82.2
対象年齢1~11歳ごろ1~11歳ごろ1~11歳ごろ1~12歳ごろ1~11歳ごろ
重量5.3kg5.2kg4.8kg4.6kg12.4kg
安全性ECE R44ECE R44ECE R44ECE R44ECE R44
バリエーション2色2色10色2色3色
取付方法シートベルトシートベルトシートベルトシートベルトISOFI×

ジュニアシート使用時の注意点

ジュニアシート使用時の注意点
ジュニアシートがきちんと設置できているか、2歳でも使用できるジュニアシートを使っているかをしっかり確認してください。

きちんと設置できていないと万が一の場合に安全性が確保できませんし、体格があっていないとベルトからすり抜ける可能性がありとても危険です。

ゆるまろゆるまろ

きちんと固定されているか、2歳(推奨体重)に達しているかを必ずチェックや!

2歳が使用できるおすすめのチャイルドシート3選

2歳から使うおすすめのチャイルドシート
2歳が使用できるチャイルドシートを3つ紹介します。

ここで選らんだチャイルドシートは、新生児から使えるものを探している方や、体格がまだ小さいなどの理由でジュニアシートではなく、チャイルドシートを2歳以降も使うという方に向けた商品です。

選んだ基準はもちろん、下記の3点です。

  • 安全性が高い
  • 長期間使える
  • 機能面

それでは3位からチェックしてみてくださいね。

3位:アップリカ ディアターン プラス

価格38,000円(税抜)
サイズ前向き時:幅47.0×奥行き59.3×高さ67.0(cm)
対象年齢2.5~18kgまで
重量13.8kg
安全性ECE-R44、チャイルドシートアセスメント「優」
バリエーションシルバー、ブラック
取付方法シートベルト

参照:アップリカ「ディアターンプラス」

回転式のベッド型のチャイルドシートなので、横向きに回転させればベッドのようにほぼフラットな状態で寝かせられるのが特徴

安全性も同時に確保できます。

使っている素材はクッション性に優れ、体に触れる部分には熱がこもりにくい工夫がされているので、子どもの快適さを考えたチャイルドシートといえるでしょう。

「ベルトの調節が少し面倒」という声もありましたが、慣れると素早くできるようです。

ゆるまろゆるまろ

帰省などで長時間移動が多い、子どもが車でよく眠るならおすすめやで

2位:ジョイー チャイルドシート 04 チルト

価格12,800円(税抜)
サイズ幅42×奥行き49.2×高さ61.6(cm)
対象年齢新生児から4歳頃まで(新生児~18kgまで)
重量6.43kg
安全性ECE R44
バリエーションフラワーブラック、フラワーブラウン、マリン、ラテ、ダスク、モカ、リーフグリーン、ユニオンジャックネイビー、デニム、ペイヴメント、ネイビーブレザー
取付方法3点式シートベルト

参照:ジョイ―「チャイルドシート04チルト」

ジョイ―のチャイルドシート チルトも人気の高い商品です。

安全性は保ちつつ、最低限必要な機能を兼ねそろえています。

産まれたばかりの赤ちゃんも乗せられるように、新生児パッドが付属していて頭からお尻までしっかりガードできます。

子どもが成長して前向きに変更したあとでも、3段階のリクライニング機能がついており、機能性の高いチャイルドシートです。

カラーバリエーションが豊富なので、好みのデザインが見つかりやすい点も魅力でしょう。

ゆるまろゆるまろ

コストを抑えたいならコレや

1位:コンビ ウィゴーロング

価格38,000円(税抜)
サイズ前向き時:幅48×奥行62.1×高さ63.5(cm)
対象年齢新生児~7歳ごろ(25kg以下)
重量5.6 kg
安全性ECE R44
バリエーションネイビー
取付方法シートベルト

参照:コンビ「ウィゴーロング」

コンビの「ウィゴーロング」は編集部オススメ第1位となりました。

ウィゴーロングはチャイルドシートには珍しいロングユースで、7歳ごろまで使うことができるため、この1台で買い替え不要な点が魅力です。

産まれたての柔らかい赤ちゃんの頭を守るエッグショック機能や、頭のサイドもぬかりなく保護できるようサイドクッションも入っているので新生児でも安心。

長期間、清潔に使えるようシートは洗濯機で丸洗いできる点も嬉しいですね。

座面が低めに作られているので、天井の低い車内でも圧迫感がなく、乗せ降ろしも楽というメリットもあります。

実際に使っているユーザーからは使い勝手が最高にいいと好評価が多い反面、取り付けが少し難しく感じる人もいるようです。

動画にて取り付け方法を解説しているようなので、あらかじめ見ておくといいでしょう。

ゆるまろゆるまろ

着用義務の6歳未満までコレ1台でイケんで

2歳でも使用できるおすすめのチャイルドシート比較表

紹介した3つの内容を、下記の表にまとめて比較表を作成してください。

1位 コンビ2位 ジョイー3位 アップリカ
商品画像

コンビ Combi チャイルドシート ウィゴー ロング サイドプロテクション エッグショック HH ネイビー (新生...

Joie(ジョイー) チャイルドシート 04 チルト ペイブメント

価格38,000円12,800円38,000円
サイズ(前向き時)48×62.1×63.542×49.2×61.647×59.3×67
対象年齢新生児~7歳ごろ新生児から4歳頃まで新生児から4歳頃
重量5.6kg6.43kg13.8kg
安全性ECE R44ECE R44ECE R44
バリエーション1色11色2色
取付方法シートベルトシートベルトシートベルト

チャイルドシート使用時の注意点

チャイルドシート使用時の注意点
チャイルドシートは一般的に4歳ごろまでの商品が多いので、まだまだ使えるケースが多いかもしれません。

対象年齢や子どもの体の発育を確認し、窮屈そうだったり小さくなった場合には、ジュニアシートへ切り替えましょう。

シートと体格があっていないと、万が一の時に効果が十分に発揮されず、守れる命も守れなくなります。

それは追突の衝撃で、体がベルトをすり抜けたり、逆にベルトが身体を圧迫しすぎる可能性があるためです。

子どもが大きくなるにつれて、チャイルドシートと子どもの体格があっているかのチェックを必ずおこなって安全に使ってくださいね。

まとめ

チャイルドシート・ジュニアシートは命を守るためのアイテム
チャイルドシート・ジュニアシートを選ぶときは、以下の点を参考にすると失敗しにくいでしょう。

  • 安全性の評価が高い
  • 年齢だけではなく子どもの体格に合っている
  • 機能面が優れている

チャイルドシート・ジュニアシートは命を守るためのアイテムなので、慎重に選ぶ必要があります。

万が一のときに正しく働いてくれなければ、元も子もありませんよね。

ゆるまろゆるまろ

これから購入するならジュニアシートを選ぶとええで

2歳くらいになると、チャイルドシートからジュニアシートへ移行する人もいますが、家庭の状況や子どもの発育状況に応じて、さまざまです。

必ずしも2歳で切り替えなければいけないということはないので、子どもの体の発育状況をしっかり確認し、子どもに最適な商品を選びましょう。

この記事に携わったクリエイター

ユルマム公式マークアップエンジニア

一児のママという育児の経験を生かして、ユルマムの一員へ。
丁寧なサイト作りを手掛けています。
ちなみに画像は子供が描いてくれた似顔絵です。

ユルマム編集部
働くママ中心のプロの編集チームです。

子育て中だからこそ、悩んだり大変だったことを身に染みて感じています。
読者のみなさんと同じ視点で、「選ぶをちょっとラクにする」ために情報を発信中。

アイコンの「ゆるまろ」は雨の日に、編集部の前にいた「アイツ」
関西弁でしゃべる「ゆるまろ」は、いつしか編集部のご意見番に…。