赤ちゃんを連れてお出かけするとき、ベビーカーは欠かせません。

しかし、シートに赤ちゃんを乗せたうえで、荷物も持って移動するのは意外と大変。

「電車やバスの利用や、階段の上り下りにも一苦労……」と多くのママが頭を抱えています。

そんな悩みを解消してくれるのが、軽くてコンパクト、さらに小回りのきく軽量ベビーカーです。

そこで、この記事では軽量ベビーカーの選び方を解説します。

また、おすすめの軽量ベビーカーをA型とB型に分けて紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

軽量ベビーカーはこんなママにおすすめ

電車やバスで扱いやすいベビーカー
ベビーカーの軽さを重視したほうがよいママは、以下の通りです。

  • 自宅に階段がある
  • 電車やバスに乗る機会が多い
  • 車を持っている
  • 人混みに行く機会が多い

ベビーカーを選ぶときは自宅周辺の環境や、日常生活での移動手段に合わせるのがポイントですよ。

普段の生活スタイルに合ったベビーカーを選んでください。

自宅に階段がある人

玄関前の階段
自宅玄関までに階段をのぼる必要があるママは、軽いベビーカーがおすすめです。

赤ちゃんと荷物、そしてベビーカーを抱えて階段をのぼるのは、とても大変です。

赤ちゃんの体重が4kgと仮定して、荷物3kgにベビーカーが7kgだった場合、合計で14kgにもなります。

自宅玄関まで階段がある場合は、軽いベビーカーを選びましょう。

電車やバスに乗る機会が多い

降車中のバス停
軽いベビーカーは、電車やバスに乗る機会が多いママにもおすすめです。

公共交通機関にのるときは、ベビーカーを持ち上げることになります。

赤ちゃんと荷物、そして畳んだベビーカーを持ち上げて乗り降りを繰り返すのは想像以上にきついです。

少しでも交通機関の乗り降りが楽になるように、軽いベビーカーが選びましょう。

人混みに行く機会が多い

都心部の人込み
人混みに行く機会が多い方も、軽くてコンパクトなベビーカーがおすすめです。

重くて大きいベビーカーだと幅をとるので、人混みの中を移動すると、他人にぶつかりかねません。

都市部のスーパーは道幅が狭いことが多く、大型ベビーカーだと、狭い店内を移動するだけでも一苦労です。

また、バリアフリーになっていないスーパーなどは、ベビーカーを持ち上げることもあるので、なるべく軽量がよいでしょう。

都市部に住んでいるママや、よく行くスーパーによっては、ベビーカーの軽さやコンパクトさを重視したほうがいいですよ。

A型とB型、どっちを選べばいい?

A型かB型どちらを選ぶか
ベビーカーは大きく分けてA型とB型の2種類あります。

それぞれの特徴は、以下の通りです。

A型ベビーカーの特徴

  • メリット

赤ちゃんが低月齢のときから使える

安全性が高い

  • デメリット

B型ベビーカーと比べて大きく、重い

価格が高い

B型ベビーカーの特徴

  • メリット

リーズナブルな機種が多い

コンパクトで軽い

  • デメリット

低月齢の赤ちゃんは乗せられない

リクライニング機能はない商品が多い

大きな違いは、使用できる赤ちゃんの月齢です。

基本的には、赤ちゃんの月齢に合わせて選ぶとよいでしょう。

A型ベーカーが向いている人は?

赤ちゃんが低月齢の頃から出かけたいママは、A型ベビーカーが向いています。

まだ首のすわっていない赤ちゃんは、抱っこするよりもベビーカーに乗せた方が負担が少ないです。

また、産後すぐのママは、心身ともにボロボロなうえに、赤ちゃんが低月齢のころは荷物も多いため、ベビーカーで運んだ方がママの負担も少なくなりますよ。

1ヶ月検診の頃からベビーカーを使いたいママは、A型ベビーカーを選びましょう。

B型ベビーカーが向いている人は?

赤ちゃんの腰がすわってきてきた生後7ヶ月頃から出かけたいママは、B型ベビーカーを選ぶとよいでしょう。

生後7ヶ月を過ぎた赤ちゃんは6kgを越えているため、だんだん抱っこのお出かけがつらくなってきます。
そんなときにA型よりも軽いB型ベビーカーを使うことで、ママの負担を減らせますよ。

また、赤ちゃんがいろいろなことに興味をもつ時期なので、軽いベビーカーで気軽に出かけられるのもよいですね。

低月齢をレンタルベビーカーや抱っこ紐で過ごすママは、赤ちゃんが生後7ヶ月まで育つのを待って、B型ベビーカーを購入するのがおすすめです。

軽量ベビーカー6つの選び方

おすすめの選び方
「よし!軽いベビーカーにしよう!」と思っても、さまざまな種類があるので迷ってしまいがち。

そこで、選ぶ目安を知っておきましょう。
軽量ベビーカーを選ぶときは、以下のポイントを確認してください。

それぞれの基準について詳しくみていきましょう

重さは5kg以下を目安に

5キログラム以下を目安に
ベビーカーの軽さを重視する場合は、5kg以下を目安にするとよいでしょう。

一般的なベビーカーの重さは7kg程度なので、5kg以下のベビーカーはかなり軽いほうです。

階段などで、赤ちゃんと荷物・ベビーカーを全部抱えるシーンを想像してください。
どう考えてもかなりの重さになるので、ベビーカーの重さが5kgを切っているだけでも楽になりますよ。

まずは、5kg以下のベビーカーに絞って探してみてください。

コンパクトに折りたためる

折りたためるベビーカー
コンパクトに折りたたみができるかも、重要な選ぶポイントになります。

折りたたんだときのサイズが大きいと、バスや電車の乗り降りで不便です。
また、自宅の玄関に保管するときにコンパクトになれば、場所をとりません。

軽量かつコンパクトなベビーカーは、持ち運びにも保管にも役立ちますよ。

ワンタッチで折りたためるベビーカーだと、なおよいでしょう。

走行性がスムーズ

ベビーカーの走行性
ベビーカーの走光性がスムーズだと、楽に移動できます。

なかには軽さだけを求めすぎて、走行性がないがしろになっているベビーカーもあるようです…。

いくら軽くても走行性が悪いと、ストレスを感じて使いづらくなります。
片手で押せるくらいの押しやすさがあると、楽に感じるでしょう。

走行性のよさも、軽さと同じくらい大事なので、実際にショップで押してみることも大切ですよ。

片手で簡単に使える

片手で操作できるベビーカー
片手で簡単に操作できるベビーカーだと、とても便利です。

買い物で荷物が増えたり、赤ちゃん抱っこしてバスを乗り降りしたりと、外出中はたびたび片手がふさがります。

ワンタッチで開閉できると、ストレスが少なくなるでしょう。

片手で簡単に開閉できるベビーカーを選びましょう。

熱中症対策でハイシートや紫外線カットだとよい

真夏の紫外線
赤ちゃんを暑さから守るためにも、熱中症対策がされているベビーカーを選んでください。
具体的には、ハイシートや幌の大きさ、幌の紫外線カットなどです。

ベビーカーの座面が低いと、アスファルトの熱をもろに受けてしまい、赤ちゃんにとって大きな負担になります。

日よけが大きく紫外線カット加工がされていたり、座面の高いメッシュシートがおすすめです。

夏場でも安全に使えるように、幌やシートも確認しておきましょう。

安全性がばっちり

赤ちゃんを守るために、安全性がばっちりなベビーカーを選びましょう。

ベビーカーに乗っている赤ちゃんは、想像以上に振動や衝撃を受けています。

衝撃吸収機能備わっていると安心ですね。

また、国内の製品だと、SG基準という日本独自の安全基準を満たしているかどうかも確認しておくとよいでしょう。

安全性に優れたベビーカーだと、安心して使えますよ。

【A型】おすすめの軽量ベビーカーランキング5選

おすすめの軽量A型ベビーカーランキング5選を紹介します。

選んだ基準は以下の通りです。

編集部が選んだ基準

  • 重さは5kg以下を目安に
  • コンパクトに折りたたみ可能
  • 走行性がスムーズ
  • 片手で簡単に使える
  • 熱中症対策が施されている
  • 安全性がばっちり

それぞれの商品についてくわしくみていきましょう

5位:Graco(グレコ)シティライトRアップ

Graco(グレコ)シティライトRアップの基本情報
重さ 4.8kg
対象月齢 生後1~36ヶ月(体重15kg以下)
サイズ(開いているとき) W46×D82~89×H95~99.5cm
サイズ(畳んでいるとき) W46×D35.5×H96.5cm
自立
安全基準 ASTM基準
熱中症対策
  • ハイシート
  • フルカバー日よけ
走行性
  • 高機能サスペンション
  • タイヤ径12.5cm
片手で開閉

第5位は、グレコ シティライトRアップです。

シートの下に大きな収納があるため、荷物をいっぱい積めます。

操作性に少し難がありますが、舗装された道を移動する分には問題ないでしょう。

収納が大きいため、荷物が多いママにおすすめですよ。

4位:Pigeon(ピジョン)パタン

Pigeon(ピジョン)パタンの基本情報
重さ 4.7kg
対象月齢 生後1~36ヶ月(体重15kg以下)
サイズ(開いているとき) W48.2×D75×H103cm
サイズ(畳んでいるとき) W48.2×D39~40×H66.7~79cm
自立
安全基準 SG規格
熱中症対策
  • ハイシート
  • 大きな幌
走行性
  • 4キャス
片手で開閉

第4位は、ピジョン パタンです。

折りたたんだ時の高さが79cmと、他のベビーカーと比べてもかなりコンパクトになります。

A型ベビーカーのほどんどが両対面式であるのに対し、パタンは背面式のみになっているので注意してください。
ただし、日よけに窓がついているため、背面式でもあかちゃんの様子は確認できます。

コンパクトに折りたためるので、ベビーカーを車に積んだり、収納場所に困っているママにおすすめですよ。

3位:コンビ メチャカル ハンディ オート4キャス エッグショック HG

コンビ メチャカル ハンディ オート4キャス エッグショック HGの基本情報
重さ 4.6kg
対象月齢 生後1~36ヶ月(体重15kg以下)
サイズ(開いているとき) 49.7×74.5~88×105~105cm
サイズ(畳んでいるとき) 49.7×48×102cm
自立
安全基準 SG規格
熱中症対策
  • マルチサンシェード
  • UVカット
  • エアスルーシステム
走行性
  • オート4キャス
片手で開閉

第3位は、コンビ メチャカル ハンディ オート4キャス エッグショック HGです。

両対面式かつオート4キャスなので、対面式にしても小回りが利く走光性の高さが魅力的。

ただし、タイヤが小さく、段差につまずくこともあるため、小さな段差が多い地域だと少し不便かもしれません。

軽い、オート4キャス、熱中症対策もばっちりと、嬉しい機能が盛りだくさんなベビーカーですよ。

2位:スゴカル ハンディ エッグショック MK

スゴカル ハンディ エッグショック MKの基本情報
重さ 4.1kg
対象月齢 生後1~36ヶ月(体重15kg以下)
サイズ(開いているとき) W48.3×74~D88×H99.5~104cm
サイズ(畳んでいるとき) W48.3×D36.5×H97.5cm
自立
安全基準 SG規格
熱中症対策
  • マルチサンシェード
  • ハイシート
走行性
  • 4輪ソフトサスペンション
片手で開閉

第2位は、スゴカル ハンディ エッグショック MKです。

コンビの人気シリーズ、スゴカルの最新モデルなだけあって、重さは驚きの4.1kg!
ただ軽いだけでなく、安全性や熱中症対策もばっちりです。

ただし、第3位のメチャカルと違って4キャスではないため、走行性はショップで確認してください。

軽くてシンプル、値段もお手頃なベビーカーですよ。

1位:Aprica(アップリカ)カルーンエアー AB

Aprica(アップリカ)カルーンエアー ABの基本情報
重さ 3.9kg
対象月齢 生後1~36ヶ月(体重15kg以下)
サイズ(開いているとき) W45.5×D81.5~98.5×H100~103.5cm
サイズ(畳んでいるとき) W45.5×D30.5×H96.2cm
自立
安全基準 SG規格
熱中症対策
  • ハイシート
  • Wサーモメディカルシステム
走行性
  • ゆれぐらガード
片手で開閉

第1位は、アップリカ カルーンエアー ABです。

A型ベビーカーで重さが4kgをきっているのは驚きですね。
機能面も充実しており、特に、収納が大きいのが嬉しいポイント。

ただし、4キャスではなく、対面式にすると後輪で操作することになるため、難しいかもしれません。

3.9kgという軽さで、A型ベビーカーにしてはお手ごろな価格のベビーカーですよ。

【A型】おすすめ軽量ベビーカーの比較一覧表

商品名 1位:Aprica(アップリカ)カルーンエアー AB 2位:スゴカル ハンディ エッグショック MK 3位:コンビ メチャカル ハンディ オート4キャス エッグショック HG 4位:Pigeon(ピジョン)パタン 5位:Graco(グレコ)シティライトRアップ
重さ 3.9kg 4.1kg 4.6kg 4.7kg 4.8kg
対象月齢 生後1ヶ月~36ヶ月(体重15kg以下) 生後1ヶ月~36ヶ月(体重15kg以下) 生後1ヶ月~36ヶ月(体重15kg以下) 生後1ヶ月~36ヶ月(体重15kg以下) 生後1ヶ月~36ヶ月(体重15kg以下)
サイズ(開いているとき) W45.5×D81.5~98.5×H100~103.5cm W48.3×D74~88×H99.5~104cm W49.7×D74.5~88×H105~105cm W48.2×D75×H103cm W46×D82~89×H95~99.5cm
サイズ(畳んでいるとき) W45.5×D30.5H×96.2cm W48.3×D36.5×H97.5cm W49.7×D48×H102cm W48.2×D39~40×H66.7~79cm W46×D35.5×H96.5cm
自立
安全基準 SG規格 SG規格 SG規格 SG規格 ASTM基準
熱中症対策 ハイシート
Wサーモメディカルシステム
マルチサンシェード
ハイシート
マルチサンシェード
UVカット
エアスルーシステム
ハイシート
大きな幌
ハイシート
フルカバー日よけ
走行性 ゆれぐらガード 4輪ソフトサスペンション オート4キャス 4キャス 高機能サスペンション
タイヤ径12.5cm
片手で開閉

【B型】おすすめの軽量ベビーカーランキング5選

続いて、おすすめの軽量A型ベビーカーランキング5選を紹介します。

それぞれの商品についてくわしくみていきましょう。

5位:Jeep(ジープ ) J is for Jeep スポーツ リミテッド

Jeep(ジープ ) J is for Jeep スポーツ リミテッドの基本情報
重さ 5kg
対象月齢 生後7~36ヶ月(体重15kg以下)
サイズ(開いているとき) W45×D85.5×H95.5cm
サイズ(畳んでいるとき) W23×D30×H107cm
自立
安全基準 生産物賠償責任保険
ASTM基準
熱中症対策
  • ハイシート
  • 幌が大きい
走行性 3Dソフトサスペンション
片手で開閉

第5位は、ジープ J is for Jeep スポーツ リミテッドです。

大きなタイヤによって、圧倒的な走行性と安定感を実現しています。
見た目もシンプルでかっこいいので、パパも気に入ってくれそうですね。

5kgは十分軽い方ですが、他の軽量B型ベビーカーに比べると少し重く感じるかもしれません。
しかし、軽すぎないからこそ安定して走りやすいともいえます。

軽さ・走行性・安定感のバランスを重視するママにおすすめですよ。

4位:コンビ F2 Limited AF

コンビ ベビーカー F2 AF フレイムレッド(RD) 7か月~

コンビ ベビーカー F2 AF フレイムレッド(RD) 7か月~

24,800円(08/25 19:55時点)
Amazonの情報を掲載しています
コンビ F2 Limited AFの基本情報
重さ 3.7kg
対象月齢 生後7~36ヶ月(体重15kg以下)
サイズ(開いているとき) W49.5×D71.5~77.5×H10.40cm
サイズ(畳んでいるとき) W49.5×D30~37×H89cm
自立
安全基準 SG規格
熱中症対策
  • ハイシート
  • メッシュシート
  • ビッグサンシェード
走行性
  • ソフトサスペンション
  • 左右連動ブレーキ
片手で開閉

第4位は、コンビ F2 Limited AFです。

ワンハンドグリップで片手でも軽々押せるため、上の子と手をつないだり、荷物で片手がふさがったりしても楽に操作できます。

収納の容量が8Lしかないため、荷物入りきらないかもしれません。
マザーバッグを使うなどして対応しましょう。

片手がふさがりがちなママにおすすめですよ。

3位:Pigeon(ピジョン)ビングル BA9

Pigeon(ピジョン)ビングルの基本情報
重さ 3.7kg
対象月齢 生後7~36ヶ月(体重15kg以下)
サイズ(開いているとき) W49.5×D77.5×H10.15cm
サイズ(畳んでいるとき) W49.5×D31×H92cm
自立
安全基準 SG規格
熱中症対策
  • メッシュシート
走行性
  • シングルタイヤ
  • ボールベアリング搭載
片手で開閉

第3位は、ピジョン ビングルです。

小回りの利くシングルタイヤと、タイヤの回転がなめらかになるボールベアリングが使われており、高い走光性が魅力的。

ただし、日よけが小さめなので、赤ちゃんに直射日光が当たる心配があります。
サンシェードを付け足したり、赤ちゃんに帽子をかぶせることで熱中症対策をしましょう。

走行性がよく軽いため、人の多い都市部や公共交通機関を利用するママにおすすめですよ。

2位:Aprica(アップリカ) マジカルエアー AE

Aprica(アップリカ) マジカルエアー AEの基本情報
重さ 3.2kg
対象月齢 生後7~36ヶ月(体重15kg以下)
サイズ(開いているとき) W44.5×D76.5×H105~115cm
サイズ(畳んでいるとき) W44.5×D31×H93.2cm
自立
安全基準 SG規格
熱中症対策
  • ハイシート
  • サンシェードメッシュ
走行性 4キャス
片手で開閉

第2位は、アップリカ マジカルエアー AEです。

3.2kgの軽さで、機能性も充実しています。
4キャスなので走光性も高いのが嬉しいですね。

ただしリクライニングが浅く、座面も浅めなので、赤ちゃんの座り心地や寝心地はいまいちかもしれません。

軽さ・コンパクトさ・機能性の3要素を重視するママにおすすめですよ。

1位:エンドー COOL KIDS CKバギー

エンドー COOL KIDS CKバギーの基本情報
重さ 2.8kg
対象月齢 生後7~24ヶ月(体重15kg以下)
サイズ(開いているとき) W44×D63×H92cm
サイズ(畳んでいるとき) W24×D22×H104cm
自立
安全基準
熱中症対策
  • ハイシート
  • 幌が大きい
走行性
  • 360°回転キャスター
  • 前輪サスペンション
  • 後輪ストッパー
片手で開閉

第1位は、エンドー COOL KIDS CKバギーです。

魅力はなんといっても、2.8kgという圧倒的な軽さ。
価格もお手頃なので、コスパも高いです。

ただし、リクライニング機能がなかったり、クシッション性がよくなかったりと、振動が赤ちゃんに伝わりやすいため、乗り心地重視ではありません。
赤ちゃんがある程度成長してから使いましょう。

なによりも軽さとコスパを追求したいママにおすすめですよ。

【B型】おすすめ軽量ベビーカーの比較一覧表

商品名 1位:エンドー COOL KIDS CKバギー 2位:Aprica(アップリカ) マジカルエアー AE 3位:Pigeon(ピジョン)ビングル BA9 4位:コンビ F2 Limited AF 5位:Jeep(ジープ ) J is for Jeep スポーツ リミテッド
重さ 2.8kg 3.2kg 3.7kg 3.7kg 5kg
対象月齢 生後7ヶ月~24ヶ月(体重15kg以下) 生後7ヶ月~36ヶ月(体重15kg以下) 生後7ヶ月~36ヶ月(体重15kg以下) 生後7ヶ月~36ヶ月(体重15kg以下) 生後7ヶ月~36ヶ月(体重15kg以下)
サイズ(開いているとき) W44×D63×H92cm W44.5×D76.5×H105~115cm W49.5×D77.5×H10.15cm W49.5×D71.5~77.5×H10.40cm W45×D85.5×H95.5cm
サイズ(畳んでいるとき) W24×D22×H104cm W44.5×D31×H93.2cm W49.5×D31×H92cm W49.5×D30~37×H89cm W23×D30×H107cm
自立
安全基準 SG規格 SG規格 SG規格 生産物賠償責任保険
ASTM基準
熱中症対策 ハイシート
幌が大きい
ハイシート
サンシェードメッシュ
メッシュシート ハイシート
メッシュシート
ビッグサンシェード
ハイシート
幌が大きい
走行性 360°回転キャスター
前輪サスペンション
後輪ストッパー
4キャス シングルタイヤ
ボールベアリング搭載
ソフトサスペンション
左右連動ブレーキ
3Dソフトサスペンション
片手で開閉

まとめ:軽さだけにとらわれず、自分に合ったベビーカーを見つけよう

お気に入りのベビーカー
ベビーカーは自分にあったものを選びましょう。
軽さはもちろんですが、使いやすいことが重要です。

最後に、軽量ベビーカーの選び方をおさらいしておきましょう。

軽量ベビーカーの選び方

  • 重さは5kg以下を目安に
  • コンパクトに折りたたみ可能
  • 走行性がスムーズ
  • 片手で簡単に使える
  • 熱中症対策が施されている
  • 安全性がばっちり

編集部が選んだ軽量ベビーカーランキングの第1位は、以下の通りです。

編集部のおすすめ

  • 【A型】1位:Aprica(アップリカ)カルーンエアー AB
  • 【B型】1位:エンドー COOL KIDS CKバギー

今回紹介した選び方やおすすめ商品を参考にして、自分にぴったりの軽量ベビーカーを見つけてくださいね。

ユルマム編集部は、働くママ中心の編集チームです。
子育て中だからこそ、悩んだり大変だったことを身に染みて感じています。
読者のみなさんと同じ視点で、「選ぶをちょっとラクにする」ために情報を発信中。