こんにちは。モモノマイです。

最近、あちこちの会社がタブレット学習教材を出していますよね。バンバンCMも流れています。


でもぶっちゃけ「いろいろな会社が出してるから、何が違ってどれがいいのかよくわからない」と思っていました(笑)


我が家の小学生は根っからの勉強嫌いです。声をかけないと宿題すらやろうとしません。

モモ 焦り

勉強は宿題だけでいいから!!お願いだから宿題やって!!

というスタンスで付き合ってきましたが、だんだんと進級していくうちに、

  • 「中学受験する」
  • 「塾に入った」

なんて声が聞こえ始め、このまま何もやらせないのもな~と思ってたどり着いたのがタブレット学習教材です。


でもタブレット学習教材って本当にいっぱいあるんですよ。どんな教材があるのか調べただけでも疲れてしまうくらいありました。

これじゃ、調べる段階で断念する人も多いと思います。


我が家は最終的にタブレット学習の中で人気のある2つを比較して、悩みに悩んだ挙句、スマイルゼミに決めました。


今回は、我が家がタブレット教材にした決め手と、メリットデメリット、どの教材にどんな特徴があるのかを比較しながらご説明しますね。

POINT
  • 受講料やタブレットが安いのはチャレンジタッチ
  • 添削問題があるのはチャレンジタッチだけ
  • スマイルゼミのほうが内容が充実している
  • 専用タブレットはスマイルゼミのほうが使いやすい

実際にスマイルゼミを始めて分かったこと

  • タブレットの保証はつけたほうが良い
  • 毎日の課題を自動で組んでくれるから偏らない
  • ごほうびのゲームは勉強した分だけできる
  • 勉強もゲームも何をどれだけやったか細かくわかる
  • アプリでLINEのようにやり取りできる
  • 漢検・英検が無料で受けられる
  • 資料請求してから申し込んだ方がお得だった



タブレット学習教材に決めた理由

勉強させるなら、塾もあるし紙の教材もありますが、我が家はタブレット学習に決めました。


まず塾は、送迎の時間に間に合わないので却下。

紙の教材は、幼稚園の頃にやっていたこどもちゃれんじのワークを全然やろうとしなかったので却下。


その癖にうちの子、紙の教材と同じようなものをスマホのアプリでとると、なぜだか喜んでやるんですよね( ;^ω^)

これを見て

モモ 真顔

タブレット学習ならやるんじゃないだろうか

と思ったのがきっかけです。


本人にやる気がないとはじめても意味がないので「タブレット学習、やる?」と控えめに聞いてみたところ

女の子

やる!やる!やりたい!!

と食いついてきたのでやらせてみることにしました。

結果、タブレット学習を始めて、大成功でした!

毎日何も言わなくても自分でタブレットを出してきて勉強しています。勉強の習慣がついてきていますよ~(*´∀`*)

タブレット学習のメリット・デメリット

タブレット学習のメリット

ごみが出ない・かさばらない

タブレット学習はタブレット一つあれば勉強ができるので、ごみが出ないし持ち運びも楽です。紙の教材だとどんどんたまっていってしまいますからね~


ちょっと外出するときも、タブレットであれば簡単に持っていくことができます。

先日、電車で外出した時にスマイルゼミを持っていかせたのですが、目的地に着くまでの間、電車の中でやってくれたので時間つぶしにもなるし、勉強にもなるしとても助かりました。


過去の問題や解説を見直したい時も、タブレット一つで完結するのもとても便利です。紙だと、いちいち過去の教材を引っ張り出して、その中から探さないといけないですし、捨ててしまっていることもあるので…( ;^ω^)

我が家はできるだけ物を少なくしておきたいと思っているので、かさばらないのは本当に助かります。

答え合わせが自動で出来る

タブレット学習の場合、答えを入力するとその場で答え合わせができます。そのため問題を解きっぱなしで答え合わせしないとか、間違えて答え合わせをすることがなくなるんです。


子どもって、結構答え合わせをしなかったりするので、親が代わりにやるっていうご家庭も多いと思います。一人だけならまだしも、子供が二人、三人といて、仕事をしているとそこまで手をかけられません。

子どももその場で正解か間違えたかが分かりますし、親の手間も省けるので、とても良いシステムだと思います(*´∀`*)

解説や書き順を動画で見られて分かりやすい

これは紙の教材では絶対にできない良い所ですね。解説や漢字の書き順を動画で見ることができます。特に理科の実験の説明などは、動画のほうがうんとわかりやすいです。


タブレット学習を進めていると、学校の授業の進み具合よりもタブレット学習のほうが進んでしまうこともよくあります。たとえ解説がついていても、学校の授業を聞いていない状態で問題を解くのは嫌がる子も多いです。

そんな時に、動画の解説があると子供も理解しやすいですし、学校の授業がよくわからなかった場合の復習にも動画はとても役に立ちます。うちの子も動画の説明は気に入っているようです。

タブレット学習のデメリット

タブレットが壊れるとできなくなる・つながりにくいことがある

タブレットは機械ですので、当然壊れる可能性があります。タブレットが壊れてしまったら、新しいものと交換しなければいけません。壊れてから新しいタブレットが到着するまでは、勉強ができなくなってしまいます


それと、インターネットの通信をしているので仕方ないのですが、アクセスが集中する時間はなかなかつながらなくて『処理中です』と表示されたまま、なかなか勉強が始められないこともあります。

せっかくやる気になって勉強しようとしているのに、なかなか始められないのはイライラしてしまいそうです。

退会するとデータが消えてしまう

タブレット学習の一番のデメリットは退会するとすべてのデータが消えてしまうことです。今まで受講した月のドリルなどもすべて消えてしまいます

紙の教材であれば、退会しても今まで受講した分の教材は残ります。だから後から見直すこともできますが、タブレットだとそれができません。


タブレットは手元に残るので、今までのデータはタブレット本体に記録するなどして改善すべきだと思います。

せっかくお金を払い続けてきたのに、退会した瞬間全部なくなるのはちょっとひどいですよね。これは各社に改善を求めます。

スマイルゼミ、チャレンジタッチの比較

今、小学生のタブレット学習で人気があるのはスマイルゼミ チャレンジタッチ です。両方とも専用タブレットがあります。


他には学研ゼミやZ会なども人気がありますが、iPadにアプリという形で入れる必要があるため、勉強をせずに他のゲームなどで遊んでしまいそうで、我が家は候補から外しました。

専用タブレットがあって受講者も多い2つを比較しました。


☟スマホの方は画面を横向きにすると見やすいですよ(^∀^)

スマイルゼミチャレンジタッチ
受講できる学年小1~小6小1~小6
対応科目小1~小2国語・算数・英語小1国語・算数+知的好奇心/英語
小2国語・算数+英語
小3~小6国語・算数・理科・社会・英語小3~小6国語・算数・理科・社会+英語
タブレット代(税込)1年継続すると10,778円
※半年以内にやめると42,984円
半年以上1年未満で18,316円
半年継続すると無料
※半年以内にやめると14,800円
返金保証あり(2週間)なし
教材のボリューム多め少ない
添削問題なしあり(年3回)
受講料(税込)1年生3,218円1年生2,705円
2年生3,348円2年生2,705円
3年生3,888円3年生3,425円
4年生4,428円4年生4,094円
5年生4,968円5年生4,885円
6年生5,508円6年生4,984円

スマイルゼミには標準クラス発展クラスがあり、表に書いてある料金は標準クラスの価格です。ひと月プラス1,100円すると、応用問題や中学受験問題がついた発展クラスが選べます。

他にもスマイルゼミには、『英語プレミアム』という英語の学習量が2倍になるコースがあります。ひと月680円です。

安いのはチャレンジタッチ

月ごとの受講料やタブレット代が安いのはチャレンジタッチです。特にタブレット代の差は大きいですね。


スマイルゼミは1年受講しても1万以上かかるのに、チャレンジタッチは半年受講すればタダ。ここが大きくて、はじめはかなり迷いました。うちの子、はじめは張り切ってやるのに、数か月すると飽きてしまってやらなくなることが多いので…

チャレンジタッチだったら半年はやらせて後は解約、っていうこともできますが、スマイルゼミでそれをやられたらもったいなすぎますからね~


スマイルゼミには2週間以内にタブレットなどをすべて返却すれば全額返金、という保証制度があります。期間が短いので「成績が上がらなかったから返却!」っていうのはできませんが、タブレットの使い心地など気に入らなかったら返せるのはいいなぁと思いました。

チャレンジタッチは添削問題がある


進研ゼミと言えば赤ペン先生です!赤ペンでコメントなどが書かれてテストが返ってくる広告、見たことがありますよね?

チャレンジタッチはタブレット学習ですが、赤ペン先生の添削問題があります


ただし添削問題は、毎月ではなく年3回です。もう少し多いと嬉しいかな~?という所ですね。

私も中学生の時に進研ゼミをやっていて、赤ペン先生の問題が返ってくるのを毎月楽しみにしていました。テストの結果はもちろんですが、私が書いたコメントへの返事とか、出来に対してどんなコメントがついてくるかとか。


チャレンジタッチだと、赤ペン先生の問題が進研ゼミに到着してから3日ほどでタブレットに結果が送られてくるみたいです。

どんな問題でどんな答えを書いたのか覚えているうちに結果が送られてくるので、知識が定着しそうですね!

内容が充実しているのはスマイルゼミ

これは口コミを調べまくって分かったことですが、内容が充実しているのはスマイルゼミです。

↑でも少し説明したように、スマイルゼミでは料金をプラスすることで、発展クラスにできたり、英語の学習量を2倍にできたりしますし、標準クラスでもそこそこの学習量があります。


それに対し、チャレンジタッチは問題の量が少なすぎて、途中からやることがなくなる、という口コミが多くみられました。早い子なんかは1週間もしないうちに終わってしまうみたいです。

繰り返しやるにしても、ほとんどが選択問題なので、選択肢を覚えてしまってあまり意味がない、という意見が多かったです。


安くはないお金を払うんだから、量が少なかったらあまり意味がないな~と思い、スマイルゼミに傾きました。

タブレットはスマイルゼミが使いやすい

これも口コミを調べまくって分かったことです。数年前は「スマイルゼミのタブレットは安っぽすぎてクソ」と言われているくらいひどかったみたいですが、2016年に性能が良くなったタブレットに切り替わりました

これがノートのように使えるタブレットで、画面に手をついて字を書いても、ペン先の部分のみ読み取ってくれる優れものです。


チャレンジタッチは手をついて書くと、手の部分までタッチパネルが反応してしまうので、字が書けなくなってしまうんだとか。画面に手をつかないように気を付けて書く必要があるので、ちょっと神経を使いそうです。


私としてはできるだけ普段の勉強と同じように、タブレット学習をしてほしいと思ったので、私の中ではスマイルゼミ一択になりました。

子どももスマイルゼミを希望

色々調べて私の中ではスマイルゼミ一択になりましたが、勉強するのは子供なので、最終的には子供の意見が一番大切です。

モモ 真顔

スマイルゼミとチャレンジタッチ、どっちがやりたい?

と子供に聞いてみたら

女の子

スマイルゼミ!

と即答でした。


子どもと意見が一致して、私としてはうれしかったんですが、理由を聞いてみたら「進研ゼミから送られてくる漫画(DM)がわざとらしすぎて嫌いだから」だそうです…( ;^ω^)私は昔あのマンガを読んで「お母さん、これやりたい!」とか言ってたんですけどね~

スマイルゼミに申し込みをしました

思い立ったら吉日!ということでさっそく、スマイルゼミに申し込みをしました。

せっかくなので発展クラスにして、英語プレミアムも申し込みました。英語プレミアムは難しさがHOP、STEP、JUMPから選べます。HOPは低学年向け、STEPは3年生から、JUMPは英語の勉強をしたことがある子向けです。

おすすめの子供向けオンライン英会話スクール4つ!英語が得意なママが厳選!

上の子は英会話もやっているので、JUMPにしようかと思ったんですが、難しすぎて自信を無くすといけないので、まずはSTEPにしました。(ただし簡単すぎて1ヶ月でJUMPに切り替えました)

タブレットあんしんサポートはつけるべし!

入会するときに、タブレットの保証をする「あんしんサポート」というものをつけるかどうか選べますが、これはつけたほうが良いですよ。

1年3,600円払えば、タブレットが壊れたときに6,000円で新品を購入することができます。サポートなしだと、39800円(税抜)ですから、大きな違いです。そんなにかかるならやめよ~ってなっちゃいますよね( ;^ω^)

子どもは雑に物を扱います。上からジュースをこぼしたとか、床に置きっぱなしで踏んでしまったとか、兄弟で取り合いをして壊してしまったとか、壊す要素がいっぱいあります。

安心料として入っておくのがおすすめです。

スマイルゼミが届きました

申し込んでから4日で届きました。佐川急便さんが持ってきてくださいましたよ~

タブレットはいつも使っているB5のノートより一回り大きいサイズで、大きすぎず小さすぎず、小学生にちょうどいいサイズです。専用のタッチペンもあります。


入力の仕方は、一文字書いて→入力ボタン。また一文字書いて→入力ボタン。というように行います。ひらがな、漢字、数字、アルファベット、すべてこの入力方法です。慣れるまではちょっと戸惑うかもしれません。

使い心地は良いみたいで、サラサラかけると上機嫌で使っていました。


横から覗いた程度ですが、一つ一つの単元の問題量もそこそこあって、毎日やっていればしっかりと力がつきそうな量でした。多すぎず少なすぎず、いやにならずに続けられるくらいのボリュームです。

スマイルゼミを実際に使ってみて良いと思ったところ

自動で勉強プログラムを組んでくれる。カスタマイズ可能。

スマイルゼミを起動すると、1日ごとに『今日のミッション』というものが自動で組まれます。今までの学習状況を見て、スマイルゼミがその日にやる分の課題を決めてくれるのです。

自分で決めないといけない場合だと、苦手なところはわざとやらなかったり、好きな教科ばかりやってしまったりする可能性がありますが、自動的にミッションが組まれるのでまんべんなく勉強できます。


もし「これを重点的にやらせたい!」というものがあったら、ミッションをカスタマイズすることも可能です。

スマイルゼミ受講者専用のみまもるトークで『ミッションを作成する』を選択して、やらせたい項目を選ぶだけです。

次の日のミッションは、その項目を優先して作成されます。

ゲームは勉強をした分だけ!上限設定もできる。

受講する前は、ゲームは勉強をした後にしかできないということは知っていましたが、勉強した後は制限時間内ならどれだけでもゲームができるのかと思っていました。

ですが、ゲームは勉強した分しかできません!子供は嫌かもしれませんが、親としては良いと思いました。


スマイルゼミでは、一つの単元を勉強するごとに「スター」がもらえます。スターは、スマイルゼミ内のお金のようなもので、スターとアイテムを交換したり、ゲームするのに使うものです。

1つのスターでゲームは○分まで、と決まっていて、少ししか勉強しなかったらゲームも少ししかできませんし、たくさん勉強すればたくさんゲームができます。(ただし最長で1時間です)


ゲームをたくさんやりたければ、たくさん勉強する必要があります。うちの子は勉強から逃げてばかりいるタイプなので、ゲームのためであれ勉強してくれればうれしいです。この制度はとてもいいと思いました。

ゲームの最長の制限時間は、親が設定できます。60分が最長で、15分、20分などと設定することができますよ。我が家は縛りすぎるとやらなくなるので、60分に設定しました。

何をどれだけやったのか細かくわかる

↑でもちらっとお話ししましたが、スマイルゼミには受講者専用の『みまもるねっと』というものがあります。これはお子さんが、どんな単元の勉強を何分やって、何点取ったかが分かるものです。

こんな感じで、どれだけ何の勉強をしたかが分かります。

毎日どれだけ何を勉強しているのか、グラフなどで見ることもできます。

教科ごとに細かく見ることもできます。

勉強だけではなく、どんなゲームで何分遊んだかまで分かります(笑)

いろいろと細かく、痒い所に手が届く感じです。

タブレットを通じてコミュニケーションが取れる

スマイルゼミのアプリ『みまもるトーク』をインストールすると、LINEのように使えて、子どもとコミュニケーションが取れます

こちらからメッセージを送ることもできるし、子供から送ってくることもできます。かわいいスタンプもありますよ。

みまもるトークをインストールしておくと、子供が勉強を始めたときに「学習をはじめました」終わった時に「学習を終了しました」と、プッシュ通知でお知らせが来ます。

あ、今勉強しているんだな、と仕事中でも分かりますよ。やってないのに「やった!」と言って嘘をつくこともできなくなります(笑)

スマイルゼミなら英検・漢検が無料で受けられる

スマイルゼミに入っていると、年に2回、英検と漢検を無料で受けることができます

受けるには指定の課題をクリアする必要があるのですが、そんなに難しい課題ではないので、毎日まじめに勉強していれば受験資格は簡単に取れますよ(^∀^)

無料で受けられるんですから、どうせなら受けないと損ですし、子供の身についているかチェックする良い機会でもあります。うちはさっそく夏の漢検を受けさせることにしました!

2017年6月。スマイルゼミ経由で漢検を受験しました。

受験するまでの手順と、合格発表までの期間は↓の記事を参考にしてください。

スマイルゼミで無料で漢検を受けられる!条件や手続きなど。


漢検や英検に合格すると、特別なアイテムがもらえるので、子供のやる気にもつながりますね♪

スマイルゼミの改善を希望するところ

やり直しの時に、前に選んだ答えが見えないようにしてほしい

スマイルゼミでは間違えた問題だけ解き直すことができます。これはとてもいいと思うのですが、間違い直しの時に、前に間違えた答えや選択肢が出てきてしまうんです。

「前はこれで間違えたんだな」と分かる反面、2択の問題だと、問題の内容を理解していなくても、もう一つが正解だと分かってしまい、それで間違い直しが完了したことになってしまいます。

間違え直しの時は、はじめから解くのと同じまっさらの状態で解けたほうが、力がつくと思います。

本を読み放題にしてほしい

勉強が終わった後に遊べる『スターアプリ』の中に、電子書籍があります。子供が好きな漫画などが入っていますが、この中に歴史漫画があるんですよね。

歴史漫画も、スターがないと読めません。ゲームと一緒で1つのスターにつき読める時間が決まっています。

勉強せずに漫画ばっかり読まれても困るので、勉強の後にしか読めないのはいいと思いますが、歴史漫画って勉強になりますよね。そういうものまでスター消費の対象にするのはちょっとな~と思いました。ビリギャルでもまずは歴史漫画で歴史を勉強するように言ってたくらいですし。

勉強になる漫画を増やしたり、世界の名作なんかも入れて、本は読み放題!っていうようにすればもっといいのになぁと思いました。

小学生向けタブレット学習のまとめ

タブレット学習のメリット

  • ごみが出なくてかさばらないこと
  • 解いたその場で答え合わせができること
  • 動画の解説が分かりやすいこと



タブレット学習のデメリット

  • タブレットが壊れると勉強できなくなること
  • 時間帯によってつながりにくいことがあること
  • 退会するとすべてのデータが消えてしまうこと



チャレンジタッチとスマイルゼミを比較した結果

  • 受講料やタブレットが安いのはチャレンジタッチ
  • 添削問題があるのはチャレンジタッチだけ
  • スマイルゼミのほうが内容が充実している
  • 専用タブレットはスマイルゼミのほうが使いやすい



スマイルゼミを実際に使ってみて分かったのは

  • タブレットの保証はつけたほうが良い
  • 毎日の課題を自動で組んでくれるから偏らない
  • ごほうびのゲームは勉強した分だけできる
  • 勉強もゲームも何をどれだけやったか細かくわかる
  • アプリでLINEのようにやり取りできる
  • 漢検・英検が無料で受けられる

ということです。

タブレット学習はそれぞれメリット・デメリットがありますので、お子さんに合うものを選んでやらせるのが良いですよ。我が家は子供の希望もあり、スマイルゼミに決めましたが、チャレンジタッチもとても良い学習教材だと思います(^∀^)

スマイルゼミの申し込みは資料請求してからのほうがお得

我が家は何も知らずに「思い立ったが吉日!」といきなり申し込みをしてしまいましたが、資料請求してから届くDMには、キャンペーンコードがついているようです


キャンペーンコードを入力して入会すると、プレゼントがもらえるとか、料金がちょっとお安くなるとか、お得な特典が付いてくるみたいです。

私が知ったのはタブレットが届いた後…それなら焦らず資料請求しておけばよかったです(´;ω;`)


もちろん資料請求せずに入会しても特典はありますが、抽選で○名にプレゼント!っていうやつなので(プレゼントされるものはその時によって違います)確実に特典がもらえる資料請求後のほうが断然お得ですよ。

もちろん資料請求は無料です!

タブレット学習はあくまで勉強の一つの方法です!

お子さんに合わせた良い学習方法を見つけてあげてくださいね!

では今回はこの辺で(*´∀`*)ノ

この記事に携わったクリエイター

ユルマム公式ライター

アラサーのワーママ。
子供は小学生と幼稚園児。平日ワンオペ。
ずぼらなので楽な家事を常に模索しています。元家電販売員で家電好き。元家庭教師。TOEIC800点。ディズニーとゲーム(RPG)をこよなく愛す。