イクメン弁護士若井亮先生select使ってよかった育児グッズ
弁護士法人若井綜合法律事務所の代表弁護士である若井亮先生。

普段は依頼人のためにかけまわっている敏腕弁護士ですが、家庭では子煩悩なパパとして奥様のサポートをできればと考えているそうです。

弁護士若井先生弁護士若井先生

ママが育児をする割合がどうしても増えてしまいがちなので、ママの負担をいかに減らすかを考えています。
実際あまり出来ていないんですがね…(笑)

やはり、嫁は子どもたちにとってもパパにとっても偉大な存在です。

それとともに、子どもたちに忘れ去られないよう休みの日などにパパの存在をいかにアピールするかという点も考えているんですよ。

なるほど、ママの偉大さが伝わります。

お子さんにも愛されるパパとして過ごしているんですね…!

そこで、イクメン弁護士である若井先生から、パパ視点で役にたった育児グッズを紹介してもらいました!

ママだけでなくパパの視点で、便利で役立つ育児グッズは、どういったものがあるのでしょうか。

1:【ベビーカー】SmartAngel ベビーバギー バギーfanネオD

西松屋 SmartAngel)バギーFANネオD【ベビーバギー】

弁護士若井先生弁護士若井先生

とにかく安い
そして折りたたむとコンパクト

子連れで海外に行くこともあったのですが、大きな荷物と一緒に移動する場合でも邪魔になりません。

安いと強度が…という方もいらっしゃるかもしれませんが、二人の子どもがベビーカーを卒業するまでの数年間全く問題なく使えました。
頑丈です。

最低限の機能とコンパクトさ、安さを売りにしたベビーカーなので、収納力は期待できません。

ちょっとした収納スペースがあると助かりますね。

ベビ―カーフックなどで、収納は工夫する必要があるかもしれませんが、邪魔にならないというのは大きなメリットですね。

ちなみに奥様からは、大絶賛のようです。

先輩ママA

ベビーカーをたたまないといけないシーンって育児をしていたらあるんだけど、畳んだら最後、子どもを抱っこなんてできないんですよね。

西松屋のはできるの(笑)

丈夫だし軽いし小回りもきいて、コスパサイコーです。

コスパがいい…というのは、なんとも魅力的な響きですね。

西松屋のバギーは、丈夫で軽くて取り扱いやすいのが特徴。

毎日の近所へのお出かけはもちろんですが、コンパクトになるので海外旅行にもオススメです。

西松屋 SmartAngel)バギーFANネオD【ベビーバギー】

西松屋 SmartAngel)バギーFANネオD【ベビーバギー】

3,199円(10/21 18:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

2:【抱っこ紐】エルゴベビー ベビーキャリア オリジナル

エルゴベビー (Ergobaby) 抱っこひも おんぶ可 [日本正規品保証付] (日本限定ベビーウエストベルト付) (洗...

弁護士若井先生弁護士若井先生

ベビーカーより抱っこ紐のほうが安心する子だったので、抱っこ紐を利用する頻度は多かったかと思います。

もっぱら嫁に任せっきりでしたが…(苦笑)

そのため、長時間使用しても疲れにくい、肩の部分の作りがしっかりとしたエルゴは役に立ちました。

腰の部分のベルトとあわせて、女性への安定感は抜群だと思います。

抱っこ紐の本来の用途ではありませんが、玩具やウエットティッシュなど、ちょっとしたものを収納できるスペースがもう少しあると良いかもしれませんね。

安定感抜群のエルゴは、若井先生もイチオシ!

疲れにくいのは、育児には大事な機能ですよね。

3:【ローチェア】バンボ ベビーソファ

[ バンボ ] BUMBO ベビーソファ Baby Sitter トレーなし ベビーチェア Baby Seat ブルー Blue 赤ちゃん ベ...

弁護士若井先生弁護士若井先生

バンボは安定感があり、横に倒れるということがありません。

また、素材は柔らかいので、床に置いておいて足の指をぶつけて痛い思いをするということもありません。

そして、とにかく座っている姿が可愛い

トレーをつければ食事に利用できるので便利です。

バンボはカラーバリエーションも豊富で、食事用にもお風呂場でも使える便利なベビーチェアです。

インテリアの指し色にもなる便利な育児グッズといえるでしょう。

今回は、若井先生のお役立ちグッズを紹介させていただきました…!

笑顔が素敵な若井先生は、奥様想いの優しいイクメンパパでした。

弁護士さんならではの理論的な育児グッズ選びで、積極的に育児を楽しんでいらっしゃるそうです。

よかったら参考にしてくださいね。

この記事に携わったクリエイター

弁護士法人若井綜合法律事務所代表弁護士 2児の父(娘8歳・息子2歳)
格闘技観戦とラーメン屋巡りをこよなく愛する40歳。
最近は担々麺にハマっています。3人兄弟の末っ子。

ユルマム公式マークアップエンジニア

一児のママという育児の経験を生かして、ユルマムの一員へ。
丁寧なサイト作りを手掛けています。
ちなみに画像は子供が描いてくれた似顔絵です。

ユルマム編集部
働くママ中心のプロの編集チームです。

子育て中だからこそ、悩んだり大変だったことを身に染みて感じています。
読者のみなさんと同じ視点で、「選ぶをちょっとラクにする」ために情報を発信中。

アイコンの「ゆるまろ」は雨の日に、編集部の前にいた「アイツ」
関西弁でしゃべる「ゆるまろ」は、いつしか編集部のご意見番に…。